FC2ブログ

No.29 ガルーダ

ガルーダ。今となってはなんてことない相手だけど、この頃のガルーダはめちゃめちゃ強かった。ギリギリの装備で相手の行動パターンなど把握していない状態。ここにくるまでギミックらしいギミックもそんなになかったもんだからガルーダ戦では驚くほど死ぬことになった。1つ行動を覚えては1つ行動を忘れ、気がつけばガルーダの激しい攻撃が自分や味方を襲う。たくさんの高難易度コンテンツに挑んだ今となってはガルーダはつまずく相...

少しずつ色づいて

家を出て朝一番にすれ違った人の顔を僕たちは覚えていない。お昼ご飯を買う為に寄ったコンビニで同じ列に並んでいた人のことを覚えていない。夜帰る時に乗っていた電車の隣の席の人の事を考えたりはしない。同じ花火を見ていた名前も知らないたくさんの人のことを気にかけはしない。最初は誰もが灰色で、自分とは関係がない。同じ花火を見て同じように笑ったり、感動したとしてもそんなことは気にもとめない。だけど何の偶然か、今...

近況報告

凄まじい勢いの台風が通過しました。僕は関西住みなのでほぼ台風が直撃し、家の周りにある木がねじ切れて落下したり飛んでいったりしておりました。ただ、停電や断水、ガスが止まるなどはなくそのあたりに関して不便はしませんでしたが、連絡を取り合っていた友達の中には未だ電気が通わず、心細い夜を過ごしている人もいます。心配です。また、その話とは別になりますが最近仕事が忙しくどうにもFFにログイン出来ない日が続いてい...

No.28 アディショナルスキル

個人的にかわいい!と思ったSSを掘り起こしたのでこれを記事で使おうと思うこと数分。今までずっと学者で冒険をしていたはずなのになんで弓術士になってるんだろう?って思ったんですよね。少し考えてピンときたのがアディショナルスキル。今となっては昔のことだけど、FF14にはアディショナルスキルというシステムがあって他のクラスで習得した技を一部別のクラスやジョブで使用することが出来たのです。今はロール共通アクション...

No.27 開かずの扉

個人的な3大入れない建物の内の1つ、それがレヴナンツトールの外れにあるこの扉だった。当時のパッチは2.0。まだエオルゼアが新生したてで今と比べるとうんとコンテンツが少ない時代だった。そんな当時の世界には「後々入れる予定だけど、今は入れない」なんて場所が多く、いつかこの先に入れる日が来るんだ…!と思うとすごくワクワクしたものだ。ちなみに当時の個人的3大入れない建物は既に記事に書いていて、1.十二神大聖堂2.黙...

No.26 黙約の塔

初めてこの景色を目にした時、一体僕は何を思ったんだろうか。この頃僕に分かっていたことはたった1つだけ。あの塔に入ることは出来ない。それが一度この地を離れている間にいつの間にか入れるようになっていた。この頃、あの頃、その頃。新生からずっと見続けてきたこの塔、いつかこの塔の他の思い出もこの小さな冒険譚に書くとしよう。...