その想い覚えている

追想:過去を思い出してしのぶこと。しのぶ:過去や遠くの人・所を恋い慕う。これは今は閉じたエミルクロニクルオンラインを恋い慕う物語である。エミル・クロニクル・オンライン、略してECO。僕がこの世界に訪れたのは夏真っ盛りの7月終わり。この世界が閉じるおよそひと月前のことだった。前々から遊びたいけど同時に複数のオンラインゲームで遊ぶのは無理があるよなぁと思っていた時に発表されたECOサービス終了。この時はECOで...

帰り道

僕がまだ中学生になりたてだった頃、僕は楽しかった小学生の頃のことを毎日思い出していた。優しい先生達、クラスの友達、ちょうどいい大きさのグラウンド。6年も生活してきた場所だ、もうそこは自分にとって第2の故郷と言えるものだった。そんな場所を離れての進学。大好きだったあの場所とは全然違う場所。学年全体がそんな感じで中学校に馴染んでいなかったからか、それともそれがその先生の口癖だったのかは分からない。だけど...

つなぐ想い

奇跡とも言える運を手繰り寄せ武器を完成させたニケは遂に最終決戦へと臨む。メインストーリーラストとは言えやはり物語の途中で入る戦闘は特別難しいわけでもなくサクサクと物語を楽しみながら突き進んでいく。その道中今まで共に旅をしたアルマ、ロア、御魂、神魔達が協力してくれる形で大集合。イベントの途中から最終決戦直前まで感動しっぱなしで物語は進んだ。そして遂にクトゥルフの下へとたどり着いた。本来であればネタバ...

神断刃・アトランティス

サービス終了までにECOのメインストーリーを最後まで終わらせたい。そんな気持ちでこの世界を駆け回るニケ。新たな力を手にし、絶大な力を持つ装備をも途中まで作成。あと1歩…あと少し…。しかしここから先はどうしても1人の力じゃ間に合いそうにない。もう無理か?諦めるか?いや、ここで終わったら絶対後悔するだろう!!消えかけた心の灯火が再び熱く燃え盛り、最後の武器を完成させるために時間ギリギリまで粘ることを決意した...

力を求めて

前回のイリスと記憶の書架以降ECOのサイドストーリーにハマったニケマーチ。それからというもの来る日も来る日も数多のサイドストーリー達を遊び進めることに時間を割いた。1つの物語を完結させる度に感動し、もっとこの世界の事を知りたい、もっと他のストーリーで遊んでみたいと思うようになった。そんな風にECOのサイドストーリー達を追っている時にあることを思い出す。あ、やばい。メインストーリー進めるの忘れてる。あまり...

イリスと記憶の書架

ECOで遊ぶのであれば自分なりに遊び尽くしてやろうと思い立って数日。メインストーリーを奔走する時にふと思った。もっとたくさんパートナーが欲しい。パートナーとはこの世界で冒険するにあたってかかせない存在。昔はペットって呼ばれていたらしいけど、「アルマ」というモンスターが想いの力で人に姿を変えるようになってからペット改め、パートナーと呼ばれるようになったらしい。FF14で遊んでいる人達にも分かりやすく説明す...