FC2ブログ

No.07 お気に入り

SSを撮っていると撮影した自分すら納得するお気に入りの1枚が撮れることがある。光の加減、表情、動作、背景。あらかじめ考えて撮られた訳ではないSS、だからこそ一瞬を切り取れた1枚。僕のジョブは写真家だ!!そう言ってこのゲームを始めた僕の一番初めのお気に入り。それがこの1枚。昔も今も変わらず大切な旅の中の1枚。...

図書館の魔女

あれはいつのことだったか。もう随分前にえうりーさんに1つの小説を勧めてもらったことがある。本のタイトルは「図書館の魔女」。タイトルだけ聞くと図書館に住む魔女が主役でファンタジーなお話が展開されそうに思える。もちろんこの想像は外れてはいなかった。実際に図書館に住む魔女は出てくるし、ファンタジーな要素も含まれている。けれども自分が想像していたファンタジーとは大きく異なっていた。それも面白い方向に。まず...

No.08 初蛮神戦

RPGはストーリーを進めていくと必ずボスとの戦いが待ち受けている。IDで戦うボスも初めの内は脅威だが、召喚獣がボスだと言われるとその恐ろしさは何倍にもなる。しかも初めての蛮神戦は狭い洞窟に閉じ込められて(実は脱出できる)もはや戦うしか選択肢は残されておらず、冷たい洞窟の中で同じく捕らえられた人達の横でそっとCFに申請したのが懐かしい。けれどもエオアルゼアの写真家になろうとしていただけあってしっかりSSを撮...

No.09 魔導アーマー

んなぁあああああああ!!!!!!と叫んだのは既に5年近く前…。僕は初めて遊んだFFシリーズが6だったので街中で魔導アーマーを乗ってる人を見た時に喜びから叫ばずにはいられなかったんですよねw自分もいつかあれに乗れる!やったー!自分もいつかあれに乗れる!!やったー!!!とwだけど僕が魔導アーマーに乗れるのはもう少し後の話。街行く人の魔導アーマーを横目に指を加えながら冒険をする日々がしばらく続いたのでした。...

楽しめること

最近冗談を言える人が減ってしまったように思う。あくまで僕個人の冗談という定義で冗談を言う人、という意味だけど。僕の冗談の定義は「楽しめること」。その冗談を聞いた人が不快にならず、笑えること、これに尽きる。しかしながら最近僕が聞いた冗談で「楽しめた」「笑えた」というものは「それは言い過ぎ」「言い方を考えましょう」というものとの割合でいうと4:6か3:7くらいな気がする。誤解がないように言っておくと、これ...

No.10 あの日見た景色

僕は基本的に目に止まった景色はSSで残している。これはソルトストランドで初めてみた青いトゲトゲ。あの頃はこれが何なのか分からず景色に圧倒されてただただシャッターを切った。実は今も何かははっきりとは分かっていないけど、これは第七霊災の傷跡なんだろうか。あの日見た景色、今日もまだ見れる景色。同じ景色だけどあの頃とは違って見える青いトゲトゲ。...

風火二輪でおねだり天使

なんだかここ最近立て続けで課金しているような気がするが満足しているからOKだ。どうも、ニケです。今回は「風火二輪でおねだり天使」と題しまして最近買ったものたちをズバンと紹介!まずはマウント風火二輪とエンジェルアタイア。風火二輪と言えば封神演義。らしいのですが…ニケ・マーチはゲームはしてもアニメ等はほぼ見ません。(マンガもあまり読んでない…)なので話題がアニメやマンガに至ると手も足も出なくなり結構ぐぬぬ...

The Unending Journey

僕たちが今まで辿ってきた冒険の数々を振り返ることの出来る調度品、それが愛用の紀行録。The Unending Journeyはその調度品の英名である。The Unending Journeyの日本語訳は「終わりなき旅」「果てしない旅」日本のアイテム名と英名の日本語訳では随分意味合いが違うなと思うより先に目が行ったのは日本語訳のかっこよさ。僕たちが今まで辿ってきた冒険の数々を収めた書物、そしてこれからも続いていく冒険の証、果てしない旅。あ...

No.11 ハリストローパー

うぇぇえ!?なんだこいつ!!と思ったのも今は昔。メインクエスト進行中は各地域を回ることがあるので少なくとも新生編までストーリーを終わらせている光の戦士たちはこのモンスターを見かけたことがあるだろう。特大モルボルのハリストローパーだ。僕の記憶ではこいつを倒すのはサブクエストだったと思うけど、実はこいつをクエスト進行の推奨レベルでそのまま倒そうと思うと骨が折れる。というか多分無理である。今でもたま~に...

コンテンツリプレイが楽し過ぎる

パッチ4.2で実装されたコンテンツリプレイ。面白そうだから使ってみたいなーと思いつつパッチ4.3を目前に控えた今の今まで全く使ったことがありませんでした。しかしひょんなことからFCメンバーで極白虎に行こうぜ!ということになり、どうせならコンテンツリプレイを使ってみようとなり初コンテンツリプレイ体験。お陰で遅ればせながらようやくこのシステムの楽しさに気づくことが出来ました。とりあえず先に言っておくと、楽しさ...

ぷちっと!にけだもん!2018.5.21

最近通常の記事とThe Unending Journey記事(以下TUJ)が多くて全然ぷちっとしてなかった…。前回のぷち記事が4月23日だから…およそ1ヶ月ぶりですねwTUJの更新がすごく楽しいのと、今月はあ、この内容の記事が書きたい!!ってなることが多かったのでぷち記事は息を潜めることに。さてさて前置きはこのくらいにして今回のぷち記事に参りましょうか!◆エウレカの楽しみ方ここ2週間ほどエウレカに通い続けております。ただ実装当初は...

パッチ4.3を楽しんでいる

オンラインゲームはすごいと思う。新しいストーリーや装備、家具、マウント、システムにコンテンツなどが一定期間ごとに追加されて世界が広がり続けていく。例えば僕が好きなマザー2とかクロノトリガーはオフラインゲームだからそうはいかない。エンディング後に第2幕が始まることはないし、そのゲーム内に実装されているものが世界の全てだ。どちらがいいとかって話ではない。僕は自分が生きているFF14という世界が前に進み続け...

パッチ4.3を彼らに伝える

ツカツカツカ。ガチャ…。バァァァアン!!「「「「「あ、隊長おかえりなさーい!」」」」」「エスナが欲しいか!言ってみろォッ!!」「エスナが欲しいか!言ってみろォッ!!」「おおなまずのまにまに!!!」「感情に任せてテワワ抱きしめますかぁ!?」「…うっす、隊長テンション高いっすね。なんかあったんですか」「パッチ4.3が始まってることを伝えようと思ってね」「マジっすか、他に用ないんすか。暇なんすか?」「暇ちゃ...

No.12 この広い世界

とあるクエストの途中で立ち寄る場所。僕はそこでこの世界の広さを知った気がする。今までの冒険でも十分過ぎる程広かった世界。広大な海、深く生い茂る森、ギラギラと輝く砂漠。だけどそれはすぐ目の前に見えていた景色に過ぎなかった。この世界はもっと広く、遠く、果てしない。僕がまだ見ぬ世界がずっとずっとこの先に広がっている。眼前に広がる雲海と巨大な建造物に僕の冒険心をくすぐられた最初の風景。...

ぷちっと!にけだもん!2018.5.30

子供の頃の1週間、1ヶ月、1年。大人になった今よりもこれら時間の経過は非常にゆっくりとしたものに感じられた。クリスマス前の1週間なんて1ヶ月位のことに感じられたし、楽しいことが目白押しの夏休み前なんて永遠に夏休み前なんて来ないのではないかと思ったこともあった。子供の頃の時間が長く感じられるのは初めて経験することが多く、毎日が新鮮だからだと聞く。なるほど、だからパッチ4.3からのおよそ1週間はこんなにも長か...