レヴナンツトールと子供たち

ffxiv_20150924_022046.jpg

「亡者の晩鐘」を意味する「レヴナンツトール」

そう呼ばれているのは銀泪湖上空戦に起因する。

ガレマール帝国軍の巨大飛空戦艦「アグリウス」と 幻龍「ミドガルズオルム」が戦いの末相打つ形で、銀泪湖に落着。

その際、艦載青燐炉が爆発したことで、モードゥナ一帯はクリスタル化してしまった。

元々、レヴナンツトールが建設された場所に存在していた集落は全滅。

多大な犠牲が出たため、「死者が死者を弔うしかなかった」地として、 今の呼び名になったようだ。(FF14用語辞典より抜粋)

ffxiv_20150924_021902.jpg

そんなレヴナンツトールに2.X時代にはなかったサブクエストが増えているのはご存じだろうか?

中でもこの「廃キャンプに眠る財宝」は少し特殊であり、今でも度々話題になっているのを耳にする。

ffxiv_20150924_022356.jpg

内容としてはドマ冒険者団の子供たちのお手伝いをしてストーリーを進めて行く形になるこのクエスト。

胸躍る冒険がしたくてうずうずしている子供たちを見ると思わず自分の子供時代を思い出したりしました。

秘密基地作ったなぁとか、ちょっと悪い事したり迷惑掛ける事もしたなぁとw

ffxiv_20150924_022546.jpg

レベルキャップが50の時はかわしながら進まないと絡まれていた敵の横も素通り、なんだかついつい少し昔の事に浸ってしまいます。

レヴナンツトール自体発展がすごいからね、きっとそれもあるんだと思う。

皆さんは知ってますか?今と昔ではレヴナンツトールの姿が違う事を。

ここには画像はのせませんが「レヴナンツトール 変化」等でググればすぐ出てきますので興味が湧いた人は是非調べて見て下さい!

そしてこのドマ冒険者団のクエストをクリアするとレヴナンツトールにさらに変化が起こります。

ffxiv_20150924_030426.jpg

ミコッテの子供が現れる。

なんだこれ可愛い。

ぶっちゃけこのキャラクターで遊んでみたいですが、色々な大人の事情に引っかかる為厳しいようです。

ffxiv_20150924_030551.jpg

ララフェルの最大身長がたしか97cm程だったはず、にけちゃんは標準サイズのララフェルなので90cm位かな?

となるとこのミコッテの子供は110~120cm位になるのだろうか…。

ffxiv_20150924_030729.jpg

ffxiv_20150924_030454.jpg

ffxiv_20150924_030502.jpg

ffxiv_20150924_030539.jpg

限りなく怪しい行動を取りながら凝視。

きっと近くに警備の人がいたら捕まっていただろう、危なかった。

しかし捕まるギリギリをいってでもSSを撮りたくなる可愛さ。

この子ミコッテは無理でも、もう少し自分のキャラクターを弄れるようになると嬉しいなぁ。

個人的にはなりきり装備みたいなものを強く所望します!!

ミコッテの耳とか、アウラの角とか!!

ffxiv_20150924_022440.jpg

3.0では実装したばかりという事もあってふわっと終わってしまうドマ冒険者団の物語、これを皮切りに他の種族の子供もどんどん実装されていくそうなのでそちらも楽しみですね!

事件屋クエの様に最後までクリアするとエモートなり装備なりが貰えても面白そうです。

ffxiv_20150924_030224.jpg

そう言えばレヴナンツトールにはカーバンクルがうろついたりもしています。

動きが非常に可愛いので見かけたらSSを撮りまくろう!



つづく!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する