ダンディズム

ffxiv_20150925_194437.jpg

降りしきる雨の中、にけちゃんはある事を考えていた。

ダンディなララフェルを作ることは出来ないか…。

ララフェルはその体の小ささ故に「かっこよさ」よりも「かわいさ」が前面へと押し出されてしまう。

どれだけ厳つい鎧を着こもうとも背の高い種族と並んでしまうと途端におもちゃ感が溢れだしてしまうのだ。

ダンディララフェルは難しい。

だからこそその高い壁に挑もうではないか。

ffxiv_20150925_221641.jpg

まず初めにララフェルの男の子。

そう、男性ではなく「男の子」なのだ。

次にこれを見て欲しい。

ffxiv_20150925_221651.jpg

男性。

圧倒的男性力。

そもそもの種族が違うというつっこみはなしにして欲しい。

要は初期の何も手を加えていない状態でルガディンとララフェルではこうも違うのだ。

恐らくルガディンにダンディズムを与えるのはララフェルより簡単であろう。

何故ならダンディズムの要素の1つである「大人の余裕」が見て取れるからである。

見てたら褐色にしたくなってきた…。

ffxiv_20150925_221725.jpg

これ以上見ているとルガディンクリエイトに内容が変わってしまいそうだったのでそっと画面を戻した。

今回ララフェルの種族はプレーンフォークで作っていく。

ネコ目のララフェルだ。

ffxiv_20150925_221746.jpg

まず初めになんとなく髪型を決めてみる。

もちろんこれは後でもいいのだが、髪型の影響力は底知れないのでまず一通り見ていくのだ。

ffxiv_20150925_221756.jpg

圧倒的パパリモ感。

髪型1つでここまで変わるんだから本当にすごいと思う。

ffxiv_20150925_221920.jpg

ちょっと目も変えたけど一気にやんちゃ坊主感が出ましたね。

ただし今回目指しているのはダンディズム。

髪や表情以外にも必要になるパーツがある。

ffxiv_20150925_222728.jpg

それが髭。

髭はダンディズムには欠かせないパーツの1つだ。

これが付くだけで坊やからダンディに一瞬で変わってしまうほどの代物だ。

さて今回も前の褐色ララフェルの様に、出来上がったララフェルの数値なんかが箇条書きされていくのか?

そう思った方もいるかもしれない。

しかし今回はそう言った事は抜きである。

はよ見せたいねん。

ffxiv_20150925_222747.jpg

でん!

ffxiv_20150925_222706.jpg

でん!

ffxiv_20150925_222717.jpg

でん!


何も言わなくてもいい。

分かっているんだ。

ダンディズムとは髭や髪型だけから生まれるものではない。

声、服装、立ち居振る舞い…。

その全ての要素が合わさった「生き様」から醸し出される物だ。

服装やモーション、撮影地を変えられない時点でダンディズムをいかんなく発揮出来ないのは目に見えていた。

なのでとりあえず服装を変えてみた。

ffxiv_20150925_222809.jpg

老騎士ダダンディ。

与えられた任務を着実にこなしミスを犯すことは絶対にしない。

その鋭い眼光に捉えられた相手は身動き1つ取れないまま地に伏せるだろう。

しかしいくら任務の時間が差し迫ろうともマーケットで母親とはぐれて泣いている子供を見捨てたりは絶対にしない。

それが老騎士ダダンディ。

ffxiv_20150925_222925.jpg

ダダンディさんは戦士も結構似合っていた。

騎士の任から解放され余生を冒険に費やすことにしたダダンディ。

「男なら笑って見せろ」

まだカッコばかり付けたがってしかめっ面をしている若い冒険者にそう言って見せるのだろう。

クールと不愛想なのは違うんだぜ。


ここからはおまけ編!

前回に続いてまた褐色ララフェルを作ってみました。

ffxiv_20150925_223614.jpg

目は少々ジト目気味。

ただ眉毛までキリッとすると表情がきつくなり過ぎるので眉毛は柔らかいカーブの物を選びました。

さらに注目して欲しいのが怒りっぽそうな表情からの笑顔!

ffxiv_20150925_223711.jpg

一撃必殺!!

とりあえず僕の場合この笑顔を見せられるだけでノックアウトします。

ffxiv_20150925_223830.jpg

モンクのAFを着せたらとても似合った。

個人的には構えているところや動いてる所のSSも撮りたい位!

キャラクター作成制限がもう少し多かったり、幻想薬を大量に所持していたら大量の褐色ララフェルが生まれ、そして愛でられることでしょう。

ffxiv_20150925_223842.jpg

おなかーーーーーーーー!!!

ララフェルが竜騎士の装備着てもかっこ良くは無理だろうなぁと思いながら着せた時の大発見。

褐色ララフェルの腹チラはいける。

めっちゃもちもちしてそう。

これ以上書くとなんかいけない気がするから今日のところはここまで!

みんなも興味があればダンディララフェルを目指してみてください!



つづく!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する