白魔導士がカンストしたんだぜ!

ffxiv_20150928_010805.jpg

いやっふーーーーー!!!

昨日遂に白魔導士のレベルがカンストしましたー!!

レベル上げやコンテンツの進み方が牛の歩みの僕でもサブジョブをカンストさせることが出来るんだなって感動しました。

せっかくカンストしたので今回はレベル50以降で覚える白魔導士のスキルを紹介したいと思います!



【アサイラム】習得lv52
ffxiv_20150928_010848.jpg

グラウンドターゲットで発動位置を設定し展開することが出来る継続回復フィールド。

ffxiv_20150928_010904.jpg

こんな感じで位置を指定して…。

ffxiv_20150928_010907.jpg

しゅわ~っと発動し―――

ffxiv_20150928_010916.jpg

展開する!

場所の指定が出来、継続回復効果もあるのでリジェネと合わせて使うとなかなかの回復力を発揮します。

自分が拘束されて動けなくなる攻撃の直前に、タンクがいるところに展開しておくと安心して拘束されれます。自分が。



【ストンガ】習得lv54
ffxiv_20150928_010927.jpg

素晴らしい破壊力!

これを覚えた辺りで戦いが圧倒的に楽になります。

ヒーラーと言えど高火力技をぶっ放せるのは爽快ですねー!

ffxiv_20150928_010954.jpg

すごい個人的な感想ですが、詠唱してる時のにけちゃんが可愛くて幸せでした。

ffxiv_20150928_011008.jpg

ギュゴゴゴゴゴ…!!

ffxiv_20150928_011014.jpg

ズガァァァァアアアアン!!!

これからは岩の中に閉じ込めて過重圧殺してやります!!



【アサイズ】習得lv56
ffxiv_20150928_011027.jpg

この技はすごい、もうすごい。

なんせ敵を攻撃して仲間を回復しその上MPまで回復できる技だからね!

クルセードスタンスで攻撃力を上げておけば高威力範囲技になり、クルセードスタンスを切れば瞬間的に周りの味方の体力を回復しつつMPを回復し弱攻撃も放つことが出来る。

しかも発動した時がすごいかっこいい!!

1ffxiv_20150928_011038.jpg

きらーん!と輝いて辺りに美しい光のベールを出現させます!

ffxiv_20150928_011040.jpg

出現させます!!(ベールが出てるSSがなかった)

それより見て欲しい、この技を使い終わった後の構えがすごい可愛いんだ。

ffxiv_20150928_011249.jpg

ffxiv_20150928_011420.jpg

ffxiv_20150928_011655.jpg

このポーズをいっぱい撮るためにリキャストの90秒を何度も待ちましたよ、はい。

普通は技の終わりは目を瞑っているんですが、エモの「自信」と「微笑む」を使って表情をつけてみました!

SSを撮っていて一番楽しい技だったなぁ。



【エアロガ】習得lv58
ffxiv_20150928_011106.jpg

ここに来て遂に範囲DoT(Damage over Timeの略で継続ダメージの事)を習得!

タンクが集めた敵の群れに撃っておけばワンボタンでその群れにDoTを付与することが出来ます。

ダメージを与えつつ回復行動を取れるので上手く使えばDPSアップにもなるのです!

ffxiv_20150928_011122.jpg

エアロガ詠唱中はホーリー同様僅かながら空中に浮かんでます。

風のエーテルでふわっふわ。

体重測定の前に使えば完璧ですね!

ffxiv_20150928_011130.jpg

その後は杖をぐるぐると回して…。

ffxiv_20150928_011227.jpg

うおおおりゃああ!!!

畑の野菜の被害が気になります。



【テトラグラマトン】習得lv60
ffxiv_20150928_011316.jpg

とても厨二心をくすぐる名前のこの技。

使った感じだと学者の生命活性法の様な感じ。

ただ白魔導士はディヴァインシールで自分の魔法回復力を底上げ出来たり、そもそもの回復魔法の回復力が高いのでピンチの時はすごい勢いで味方のHPを回復することが出来ます。

やはり詠唱なしリキャスト60秒って言うのは使いやすい!

これからもっと楽しくヒーラー生活を送れそうで満足です!

ffxiv_20150928_023648.jpg

レベル60になって装備できるようになった杖をすぴかさんに自慢するにけ。

すぴかさんは優しい目をして褒めてくれましたw

ちなみにこの後ドレスを着こんでレベル60になった事をちせさんに報告に行ったものの、話し込んでいる内に肝心のカンストの話しをするのを忘れた僕でした。



つづく!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する