びっくりエオルゼア!

ffxiv_20150929_180434.jpg

これ…実写じゃないんだぜ…。


エオルゼアの景色には毎日のように驚かさせる。

SSだけを切り抜いていると「え、これ実写では?」と思う事もある程だ。

今日はエオルゼアでびっくりしたお話し。

ffxiv_20150930_223942.jpg

我がFCの1級ギャザクラ士、たるさん。

GC納品をする為にリムサに来ていたらすーっとたるさんがログインしてきたのだ。

たるさんがログインしました。

システムがそう教えてくれる。

しかし目の前に現れたたるさんに僕はすぐ声を掛けない。

なぜなら床とお友達中だからだ。

どうやらたるさんのゲーム環境ではログインしてすぐは視点操作が効かず、しばらく床を見る事になるらしい。

しばらくして床から解放されたたるさんと僕は法典&禁書装備について話していた。

ffxiv_20150930_224554.jpg

たるさん「法典装備もいいよねーw」

にけ「うんうん!実はこの装備染めてるんだよ!」

たるさん「ほう」

最近ダンディな見た目になっているたるさんは興味深そうに僕が染めた胴装備を見つめている。

にけ「元々黒い装備を黒く染めただけだから言わないと分からないと思うw腰回りの装備の光沢がちょっと違うね」

たるさん「いいなー、それw」

この時ちょうど黒色のカララントをいくつか持っていた僕はたるさんに「染色したいなら上げるよー!」と言って染色剤をトレードで渡してあげた。

染色するの初めてだーwと笑うたるさんが微笑ましかった。

染色の仕方を知らないとの事だったので僕はどうすれば染色出来るかを一通り説明してあげた。

にけ「染色したい装備をチェックしたら【染色する】って出てくるよね?そこを選択したら色を変えられる画面が出るよ!」







たるさん「ない」








にけ「え?」








たるさん「ない;;」

ffxiv_20150928_222334.jpg

なん…だと…。

まさかレベル60になりイシュガルドのメインを終え、今や禁書装備を目指しているたるさんが染色クエを終わらせてない?

そんな馬鹿な…。

にけ「たるさん、染色のクエ確かレベル15で受けれたはずやで…」

たるさん「あーミラプリのクエと勘違いしてたかもーw」

そういう事なら仕方がない。

染色クエの場所と必要なアイテムを教えて上げるとたるさんは「話してる途中で半分忘れかけてたけどいってくるーw」と言ってテレポで飛んで行った。

ffxiv_20150930_230036.jpg

帰ってきたたるさんの装備はちゃんと染まっていた。

良かった、間違って頭装備とか染めてなかった…。

落ち着いた大人の黒に染まった法典胴がとてもいい感じ!

たるさん「やっぱりこの色いいなーw」

にけ「ねーw大人の黒!!」

たるさん「後は武器の表示も消せたら良かったのにーw」








にけ「え?」








たるさん「え?」













ffxiv_20150928_222334.jpg

え?

これはクエストとかそう言う問題じゃない。

頭装備を非表示にするボタンの横に武器を非表示にするボタンもあるからだ。

にけ「たるさん…武器も非表示に出来るで…」

たるさん「あった。前にモンクの人が武器非表示に出来ないー、って言ってたからまだ出来ないものだと思ってたw」

そう言う事なら仕方がない。

ちなみにこの記事を読んで武器の非表示に気が付いた人にお伝えしたいのですが、あくまで非表示に出来るのは非戦闘中だけです!

戦闘中も武器が消えたままで「え、エア戦闘してるけど大丈夫?」とはなりません。

ちなみに11月上旬に予定されているパッチ3.1ではモンクのみ武器が戦闘中でも非表示に出来るようになるミラプリが実装されるらしい!

拳で語り合いたかったモンクさん待望の情報ですね!

ffxiv_20150930_230749.jpg

パンスネが似合うたるさんから予想外の言葉が飛び出すことは多々ある。

しかしそれもたるさんらしさの一つ、むしろ今日は何か言ってくれるかな?と楽しみにしているところもあるw

という事で今日の記事はここまでー!







ではない。

我がFCにはダークホースがいる。

普段はそんなにお喋りな方ではなく、FCでは癒し系キャラ&影の王のような存在になりつつある人物。

ffxiv_20150922_000130_2015100118322031d.jpg

すずちゃん。

彼女の天然力はすさまじく、バドミントンをしていてシャトルを打ち返したら当然の様にシャトルがラケットに突き刺さる位の天然力を持ち合わせている。

そんなすずちゃんにギルドリーヴを手伝ってもらっていた時の事だ。

僕は白のレベリング、すずちゃんはそのお手伝いで詩人で来ていた。

戦闘が始まり敵の範囲攻撃がすずちゃんに向かって飛んで行く。

しかし詩人は動き回りながら戦えるジョブ、天然力の高いすずちゃんでもそう簡単に被弾する事はない。





と、思っていたらHPがごりっと減った。

少し焦りながら回復をいれつつ何があったのか聞いた時にそれは起こった。

ffxiv_20150924_002449.jpg

吉田切ってなかったわ。










吉田を切る。

恐らく思考段階で常人が通るところをいくつか飛ばしているに違いない。

今の状況から考えると「吉田を切り忘れたから被弾した」そういう意味になる。

という事は恐らく吉田はON・OFFが出来るスキルなのだろう。

そして「吉田が入っている事で動くことが出来なかった」という事だとすると答えは1つしかない。

ffxiv_20150918_232803.jpg


「旅神のメヌエット」


「旅神のメヌエット」中はチャージして弓を打つことで高いダメージを与えられる。

しかし、「旅神のメヌエット」の効果中はアクションにキャストタイムが発生するほか、オートアタックが発生しなくなるという特徴もある、なので従来の様に動き回りながら撃つという事が出来なくなるのだ。

その「旅神のメヌエット」がなぜ「吉田」になったかは恐らくニコニコ動画でPLLを見ていたのが原因だろう。

「旅神のメヌエット」が紹介された時にコメント欄に流れた「吉田のメヌエット」って言葉に大笑いしてたもんね。

きっとツボに入って気にいったんだねw

すずちゃんネタは思い出せばまだまだあるはずだけど次で最後にしよう…。

それは僕が白のレベリングでモブハントをしている時だった。

ffxiv_20150703_025527.jpg

「スクオンクがいたー!!」

余りの大きさに興奮する僕。

すずちゃんもスクオンクの名前には聞き覚えがあったらしく「あ~」と思考を巡らせ始めた。

そして少しするとぼそっと言い放った。



「パイッシュの大きいやつか…」



違うよ?パイッサだよ?

パイッシュって呼ばれてたのはブログ「ヒマワリのタネ」のイシュさんの方だよ?


こんな個性豊かな人達が集まるFCさまほり。

次はどんな発言が飛び出すのか毎日が楽しみですw



つづく
関連記事
スポンサーサイト

コメント

パイッシュは基本的にパイッサより一回り小さいですが、ごく稀に巨大化したグランドパイッサとい個体が現れます(•⚗ั౪⚗ั•)

2015/10/04 (Sun) 23:17 | イシュ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

どんどんと明らかにされていくパイッシュの生態、パイッサに混ざってパイッシュがフィールドに現れる日もそう遠くはないでしょう。

そしてコメントの「グランドパイッサ」が「グランドパイッシュ」の間違いなのかも気になります。
あぁ、パイッサがゲシュタルト崩壊してきました…w

2015/10/04 (Sun) 23:27 | にけ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する