裁縫クエから学んだこと

ffxiv_20151106_015659.jpg

今回の記事は裁縫クエのネタバレを含むと同時に僕の個人的な意見が多分に含まれています。

あくまで僕個人の考え方ですが、気分を害する方がいるかもしれないので先に注意事項としてお伝えしときますね!


ありがたい事ですが僕はFF14を楽しく遊ばさせてもらっています。

オンラインで誰かと繋がり友達になって一緒にコンテンツや自ら何かしらを企画して楽しむ。

オンラインゲームの醍醐味であり楽しい所です。

そんな楽しいオンラインゲームですが勿論楽しい、嬉しい事ばかりではありません。

昨日の記事でも取り上げましたがパッチ3.1ではついに雲海探索が始まります。

その内容から楽しみにされている方もたくさんいますが、一方で「荒れそうだ」と言う声を聞くこともあります。

ffxiv_20151106_031707.jpg

話しがお散歩に行く前に元の話題に戻します。

この人は裁縫師クエに出てくるアヴェリルという女性のお母さんです。

どうやら自分の娘の事を想って将来の道を示している様子。

ただこのお母さんの物の言い方にはトゲがあったり自分本位な所が多数見受けられます。

「治療師になるなんていう変な考えを忘れてほしいのに」

これは本当に変な考えなんだろうか…?

僕にはどうしても我がままを言っているようにしか聞こえません。

これはFF14やそれ以外でも言える事ですが、FF14で表すとこんなところでしょうか。

「FF14は敵と戦うゲームなんだからお喋りで時間を使うなんて変な考えはして欲しくないのに…」

「その装備で戦うよりこっちの装備で戦う方が○○さんが楽になるんだからこっちにして欲しいのに…」

○○より○○の方がいいからこっちにしてよ。

そう言う事いっぱいあると思います。

ただ1度自分の発言を見つめ直して欲しい。

それは自分本位になっていないだろうか、相手の意思を尊重しているだろうか?

むしろ何故だか自分から人が離れてしまう、最初は仲良くやれてたのになんで…?

そういう経験をした事がある人は何度も自分の発言を見直してほしい。

勿論何をどう考えても相手が悪いこともありますよ!


後赤線を引きましたが「あなたにはわからないでしょうが」と言うのは完全に必要のない言葉ですね。

売り言葉に買い言葉なら起こりうるかもしれませんが、相手が煽ってくるような事や嫌な事を言ってきてないのにこんな事を言ってしまって話すも何もあったもんじゃありません。

ffxiv_20151106_031719.jpg

あの人のお陰で自分は今の自分でいられるんだ!

すごく素敵な事ですね。

だけどその恩を返したいからあの人には私が思う最善の道を提示して進ませてあげよう、あの人には幸せになって欲しいから!

こうなってはいけません。

「…そもそも、女は戦場で足手まといになるだけですから」

何やら含みのある言い方。

今までの自分の人生経験を元に語っているのかもしれませんね。

もしそうであるならここではその自分の経験を語って上げた方がいいですね。

何も教えてもらえずに「経験上それは駄目だから、無理だから、無駄だからこっちにしなさい」と言われても素直にそのいう事を聞けるとは思えないです。

もし聞いたとしてもそれが渋々だった場合は結局その人との溝は深まり最終的には繋がりは途切れてしまうと思います。

だってさ、誰しも心の中にあると思うんですよ。

やってみなけりゃ分からない、って言う強い気持ちが。

ffxiv_20151106_031724.jpg

ここまで話が飛んでしまったらもうどうしようもありません。

ここもFF14で例を出してみましょう。

あくまで例です、クラス、ジョブ批判をしている訳ではありませんよ。


例ですからね!


初めはすごく口が悪いフレンドの話しを愚痴ってたとしますね。

1、「○○って○○なんだよね~。そもそもDPSやってる人って○○の人多くない?」

2、「あーでもよく考えたら口が悪いのタンクかヒラやってる人かぁ…。全部が全部って訳じゃないけどタンクヒラは残念なやつ多すぎるわw」

こんな事は出来れば言って欲しくないですね…。

怒りが収まらずヒートアップしてるのは分かりますが関係のない人達まで巻き込んで○○さんはこうだから他の○○やってるやつもこうだろ。

なんて言い方してしまったらそれに当てはまる人全員が気分良くないです。

ffxiv_20151106_031826.jpg

この時のお話しの内容をざっくり説明すると「昔の友達に会えるパーティが開催されるんだけどお母さんが私のドレスを隠してしまったの!だから私がドレスを探してる間お母さんと井戸端会議でもして時間を稼いでくれませんか!」という物なんです。

でね、SSで赤線も引いてある通りそのドレスは「お母さんに買ってもらった"大事な"一張羅」なんですって。

あんなに自分の将来を勝手に決めようとする事にうんざりしてたとしても"大事"なんです。

僕が知らない強い絆や愛情が2人の間にはあるんでしょうね。


ネガティブな言葉、ネガティブな思考は周りにも伝染して場の空気を悪くしてしまいます。

言うな、とは言いません。むしろ言えません。

時にはそう言う事を言っちゃうこともあるからね。

ただそれをずっと続けて楽しくなくなったり辛くなるのはそのネガティブに触れる周りと自分自身なんです。

自分は大丈夫、そう思ってる人も1度でもいいです。ちょこっとだけ見直してみませんか?

そうやってみんなが少しだけでも見直すことで場の空気が和らいだり、楽しく遊べる様になったりするものです。

前の記事にも書きましたが、パッチ3.1はもうすぐそこです。

色々なコンテンツが追加されます。

遊びが、世界が広がります。

どうかそんな素敵な日を素敵な気持ちで過ごしてください。

何か難しい事を考えよう みんなで一緒に。

難しく考えるのではなく、難しい事をみんなで考えて解決していくのです。

マンドラ鯖でお会いした時は一緒に楽しく遊びましょう!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する