たまには立ち止まるのも良いのです

ffxiv_20151203_000544.jpg

フレンドのエタバンに誘って貰いました。

最近は色々なところで動き回ってフレンドと街中で会う事も減ってきたこんな時にも関わらずレターを送ってくれたのです。

このレターを送るという行動は本当に大変な事です。

まずレターモーグリのところに行きます。

次にレターを送る相手を選びます。

そしてレターの内容を考える訳です。

僕がもらったレターにはアイテムまでついていました。

もう本当に嬉しい。


ただ…


僕はこのエタバンに参加することが出来ません。


ちょうどその日は僕も用事が入ってしまっていてどうしてもその時間にINする事が叶わないのです。

本当に残念で仕方がない…。

だけど落ち込んでいても何も変わりません。

僕はプレゼントを作る事にしました。

ffxiv_20151203_001726.jpg

スチャッ。

採取場所に付いた僕は1人採掘道具を構えます。

ffxiv_20151203_001751.jpg

カキーン!!

3.0が始まって以降ギャザラーの装備も新しいものが増えて2.X時代に比べると採取も格段に楽になりました。

昔はレベルも低く装備もクエストでもらえる程度の物しかつけていなかったのでここの素材を採るのも一苦労だったなぁ、なんて考えているとふと昔ロドストに上げた日記を思い出しました。

◇一つのページが集まり、やがて本になる

そう言えばあの時はお金なかったなぁ(今も)、あの時はレベル上げゆっくりだったなぁ(今も)。

ffxiv_20151203_001840.jpg

あの時一緒に採掘をしてくれた仲間は今はほとんど来ることはない。

恐らくリアルが忙しい。

もう年の瀬ですからねー!みんな忙しいです!

ffxiv_20151203_001900.jpg

少し散歩しよう。

僕はどんな事に対しても深く長く考え込んでしまうタイプだ。

そしてその事を1人で解決しようとするタイプ。

人を頼るのが下手な人間という事ですねw

ffxiv_20151203_002104.jpg

そんな時キラキラ光る水に心奪われる。

うわ、DirectX11の水の表現半端ないな。という事ではない。

システム的にはそうだけどそう言う事ではない。










…ちょっとそうです。

ffxiv_20151203_002300.jpg

あの頃は必死だったなぁ…。

FCもまだ出来たばかりでやっとこみんなと馴染んできた頃でした。

まだまだ敬語もとれないし、今以上に恥ずかしがりやで誰かに声をかけるだけでも心臓がバクバクいってたw

それを思うと今は少し図太くなったなw

ffxiv_20151203_002243.jpg

「散歩に行って綺麗な景色を見つけて一息つく」と言う行動が実際でも取りそうな行動過ぎてつい笑ってしまう僕。

それだけこの世界が綺麗だって事ですね!

ffxiv_20150304_011415.jpg

今日この日までがむしゃらに目いっぱい走ってきた日々。

FCを結成し、家を建て、飛空艇まで持った今、少し進むペースを落としてもいいのかもしれない。

ffxiv_20150601_193542.jpg

特に今は初の拡張パックに3.1と言うパッチまで当たってやる事だらけで走ってしまいやすい。

これは僕的には危険な状態だと思う。

何故なら走ると早くゴールには着くけどその分息切れしやすく、また頑張って走ったのにゴールしたのが遅いと今までやってきたことが「くだらない事」に思える事があるからだ。

そして走っている時に自分の歩を阻むものは全て敵になってしまうのだ。

例えそれが大切な仲間であっても…。

ffxiv_20150601_194414.jpg

たまには立ち止まるのもいいんじゃないだろうか。

自分は今何のために走っているのか、本当に走りたくて走っているのか、それ見つめ直す時間は無駄ではないと思う。

僕がたまに自分が作ったイケメン君を眺めてる事くらい有意義だと思う。

ffxiv_20151203_002751.jpg

そんな事を考えていたらエタバンのお祝いのプレゼントは完成していた。

ささやかだけど気持ちを込めたプレゼント。

でも装備品なのでかさばるようならマテリアにするなり売ってもらった方が助かるプレゼント。

もらった方は売ったり捨てたりしにくいんですけどねw

ffxiv_20151203_004804.jpg

走ったら休憩。

これからはこれを実践していこう。

ffxiv_20151203_003850.jpg

そしてパンチラさせずにいい感じのSSを撮る技術。

これからはこれにも力を入れていこう。



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する