雨のち晴れのち虹

ffxiv_20151204_174416.jpg

今日はすずちゃんに付き合ってもらって久々に冒険の旅に出ています。

片足で自分の全体重のバランスを保ちながら空を見上げてるのがすずちゃんですね、かっこよいです。

今回冒険に来たのは実は前々から行ってみたいところがありまして!

1人で行こうかなーと思ってたんですが、シーズナルイベントをお手伝いしてもらった流れから一緒に行ってきました!

ffxiv_20151204_172302.jpg

東ザナラーンのドライボーンから更に東の地。

グゥーブーの亡骸があるのはご存知でしょうか?

体中に植物を付着させた亡骸ですね。

本来グゥーブーは植物とは共生関係にあります、それがなぜ植物に飲み込まれてしまったのか?

その理由は近くにいるNPCから推測ではありますが聞く事が出来ます。

ffxiv_20151204_174309.jpg

第七霊災。

月の衛星ダラガブから解放された蛮神バハムートが起こした大災厄。

ストーリーを紐解いていけば分かる事だがこの霊災はいくつもの思惑が絡み合った結果生み出されたものだ。

現実世界での第七霊災は失敗したと言われているFF14を新生させるための布石として起こった事であるのだが……この話は長いので今は割愛しよう。

とりあえずすっごい災害があったんだなって思えればそれで充分である。

このグゥーブーはそのすごい災害から逃げる為に自分の故郷からダッシュで逃げてきて、その途中でなんかよく分からない種を体中に付着させ霊災に飲み込まれたのだ。

ffxiv_20151204_172302.jpg

それがこの姿。

たしかにいつものグゥーブーが共生してる植物とは違う種類の植物がグゥーブーを囲っている。

ちなみに僕がこのグゥーブーの存在を知ったのはスクエニから発売されている「えんじょい!ファイナルファンタジーⅩⅣ」のエオルゼア再発見紀行というコーナーのお陰だ。

ffxiv_20151204_173223.jpg

しかし雨だ。

意気揚々と来たは良いものの雨だ。

僕はエオルゼアでもリアルゼアでも雨の神様に愛されている。

僕が外出しようと計画すると6割くらいの確率で雨が降り、もう今日はいいやと思うと大体晴れる。

それ位雨の神様に愛されているのだ。

ffxiv_20151204_174914.jpg

でもどうしても晴れてる時にあのグゥーブーを見てみたい!

そう思った僕はすずちゃんと明け方まで時間をつぶすことにした。

SSの子はベヒベロスちゃんです。今決めました。

そして遂にその時は訪れます。

ffxiv_20151204_180304.jpg

「うおらー晴れたぞ野郎ども!現地までダッシュだダッシュ!遅れたやつは罰金100万ギルな!!」

ffxiv_20151204a_180304.jpg

「まって~!」

直立しながらジャンプするベヒーモスが面白かったですw





そして現地―








※ここからは雰囲気も楽しんで欲しいのでこちらの曲を聞きながら読み進めてみて下さい。






ffxiv_20151204_180345.jpg

ffxiv_20151204_180352.jpg

なんて神秘的なんだろう…。

この雰囲気はなんとなくだけど天空の城ラピュタのロボット兵を彷彿とさせる。

朽ちた体は時の流れに置き去りにされ、しかしそれでも次の命を芽吹かせる役割を担っている。

それがこのグゥーブーの意志によるものなのか自然の力強さなのか、はたまたどちらとも言えるのか…。

僕達には理解できない大自然の現象を目の当たりにしているようでしばし放心した。

ffxiv_20151204_180401.jpg

ん?

ffxiv_20151204_180422.jpg

ffxiv_20151204_180446.jpg

ffxiv_20151204_180436.jpg

僕は雨の神様に愛されている。

雨そんなに好きじゃないけど愛されてる。

せめてこの世界に傘やレインコートがあれば…。

ffxiv_20151204_181436.jpg

仕方がないのでグゥーブーの足元の葉っぱで雨宿りする事にした。

小さいララフェルだからこそ出来る技である。

やっぱ小さいのもええやん、小さいの可愛いやん。

ララフェルのキャラメイクに備え付けられた胸スライダーには納得いかないけどね。

ffxiv_20151204_181458.jpg

雨も止み始めたのでふと上を見上げてみた。

ffxiv_20151204_181521.jpg

うわ、めっちゃもずく食べてるやん。しかもこぼれてんで!

こんな事を思うのはきっとプレイヤーズミーティングでもずくさんが「能登もずくは食べにくいにゃ」みたいな事を言っていたからだろう。

調べてみたところ僕が食べた事のあるもずくと能登もずくはもう全くと言っていいほどの別の食べ物だった。

僕も能登もずくを食べる時は口の奥で引っかかって「うぇ」ってならないように食べよう…。

ffxiv_20151204_181724.jpg

そんな事を考えながら時間が過ぎるのを待っていた。

雨上がるかな…。この後晴れなかったらまた夜になっちゃうな…。

ffxiv_20151204_182740.jpg

晴れた。

晴れた瞬間のグゥーブーは一瞬しか見れてなかったのですごい嬉しかった。

ffxiv_20151204_182812.jpg

SSいっぱい撮るぞー!あ、すずちゃんちょっと後ろで待機してて!

もうウキウキワクワクytv!って感じでSSを撮った。

そして引きのSSも!と思ってカメラを引いた時に僕は歓声を上げた。











ffxiv_20151204_182824.jpg

「虹だー!!!」

見に行きかった景色に更に虹の演出。

「虹だ!虹虹!すずちゃん虹出てる!!あ、虹消える!虹綺麗!でかいなー虹!!」

今思えば尋常じゃないくらい虹という言葉を連発していた気がする。

この時の時刻は「ろくじ」

ffxiv_20151204_183319.jpg

行きたいところに行ってみる。

たまにはコンテンツを忘れて冒険にでかけるのもいいですね。

雨の神様に愛されている僕ですが、虹が見れるのならそれも悪くないのかもしれない。



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する