ニケとつよしの1日

ffxiv_20151124_233032.jpg

つよし「はい、どうもころころぽっくる~!つよしです~!」

ニケ「ニケです~」

つよし「いや~それにしてもやね、僕を呼ぶなんて今日はどないしたんですか?」

ニケ「え?あ……あぁ~……今日な…」

つよし「うん」

ネタなし

つよし「うっわぁ~……」

つよし「うっわぁ~」

ニケ「2回も言わんでええよww」

つよし「や、だってな?僕を記事のネタにするんやろなと思って今日はここに来る訳やん?」

ニケ「うん」

つよし「そしたら『ネタないねん』やで?」

ニケ「wwwwww」

つよし「笑いごとちゃうわ!ほんまに~w」

ffxiv_20151115_024243.jpg

ニケ「いやぁ迂闊やったわw」

つよし「一体何があったんよ?後SS他のなかったん?w」

ニケ「何かネタがあったはずやなぁって思ってSSのフォルダ開いたらな、何もなかってんww後このSSはな……適当やw」

つよし「うわぁ…やらかしよったな…」

ニケ「ぶっちゃけな、このブログ毎日更新してるけど実は不定期更新のブログやねん」

つよし「え、じゃあ今日はお休みすればいいんとちゃうの?」

ニケ「そうなんやけどな、なんかほら……悔しいやん?」

つよし「出た~!wニケちゃんの負けず嫌いww」

ffxiv_20151125_001811.jpg

ニケ「だってやで?もう結構続けてるんやで?それがネタありませんでした~で途切れるのは嫌やん!」

つよし「まぁなぁ……。あ、じゃあおじいちゃんは?おじいちゃんの話し書けばいいやん」

ニケ「お、おじいちゃんは……」











ffxiv_20151103_222846.jpg

ニケ「ぎっくり腰で…」

つよし「え?めっちゃ嘘つくやん」

ニケ「しゃあないやん!おじいちゃんの話は書くのにそこそこ時間かかるねんから!!」

つよし「初めからそう言いーやwじゃあテトラ姉さんは?ニケちゃんの好きな褐色記事も書けて一石二鳥やん?」

ニケ「て、テトラ姉は……」









ffxiv_20151102_020007.jpg

つよし「人望www人望なさ過ぎwwww」

ニケ「ちなみに名前だけ手書きらしいです」

つよし「字www字wwwwwww」

ニケ「字汚いよねww」

つよし「笑いごとちゃうで?」

ニケ「ハイ」

ffxiv_20151125_003307_201512091906139e7.jpg

つよし「ロマンティッシュで遊べばいいやん。バハ子待ってるんやろ?」

ニケ「せやけども…。ネタない時にバハ子の記事書いたらまるでバハ子がその場しのぎの為のネタみたいになるやん」

つよし「あ、違ったんや?」

ニケ「いや、その通りやで?」

つよし「おいwwwww」

ニケ「あ、ちょっと待って。今回の記事を締めるのにいいSS見つけたわ!」

つよし「おぉ、良かったやん」

ニケ「のせるで?」











ffxiv_20151209_012329.jpg

つよし「うっわ……」

ニケ「にくフェルやで」

つよし「や、そう言う事やなくてな…?」

ニケ「にくフェルやで」

つよし「分かったわwww」

ffxiv_20151204_165459.jpg

ニケ「これで今日はなんとかなったなぁ」

つよし「なったんか?w」

ニケ「まぁたまにはこういう日もええやん。ゲームもまったりやってるんやし、ブログもまったりいう事でw」

つよし「そうやねw」

ニケ「あ!!」











ffxiv_20150911_194422_2015120919202811f.jpg

ニケ「ネタあったわ……」

つよし「おいwww」

ニケ「しかも何個かあったわww」

つよし「おいwwwww」

ffxiv_20150912_024100.jpg

ニケ「まぁこういう日もあるけどね、ネタが続く限り『だってにけだもん』は頑張っていくんで今後ともよろしくお願いします!って事で1つね!」

つよし「そのネタが今日はなかったんやけどなw」

ニケ「^^」

つよし「^^」



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する