明日やろうはバカヤロー

ffxiv_20151203_002243_20151210053411a03.jpg

僕がこの言葉を聞いたのは一体いつだったろうか。

もう随分前だ。

そうそう「プロポーズ大作戦」と言うドラマで聞いたんだ。

あの時聞いたこの言葉を今思い出す……。

ブログを通して皆に伝えてくれと言われてる気がしてなりません。

ffxiv_20151208_022736.jpg

さて!今回ご紹介するのはグループポーズを使ったテクニックです!

3.1で実装されたこの機能、しかし他のコンテンツのインパクトからかついつい忘れられがちです。

かく言う僕もその1人w

ffxiv_20151208_022540.jpg

はい!ちょっと変な所を探せスタート!!





……





見つかりましたか?

よく分からなかった人にヒントです。

にけちゃんの頭の上をよ~く見て下さい。

ffxiv_20151208_022540.jpg

そう!!ヒルディがブランドゥウしてますねっ!


……


言い直すね!

ヒルディが頭の上に乗ってるね!!

ffxiv_20151208_022347.jpg

知ってる人は知っていると思いますが、実はヒルディは本来頭の上に乗るミニオンではありません!

じゃあどうして乗ってるの?

そうです、今日お伝えするのはその方法です!

ffxiv_20151208_022815.jpg

まずエモートの「手まねき」で頭の上に乗ってくれるミニオンを用意します。(ララフェル以外は肩に乗ります)

ffxiv_20151208_022829.jpg

乗ったのを確認したら次はSSを撮る時にしたいエモートや表情をつけましょう。

グループポーズは仕様上直前のエモートと表情を常に繰り返し続けます。

もしもエモートをしたくなかったり表情をつけたくない場合は一旦座って下さい。エモがリセットされます。

ffxiv_20151208_023428.jpg

下準備が済んだら頭に乗せたいミニオンを召喚!!

ミニオンが切り替わる瞬間にグループポーズのコマンドを使います。

この一瞬でコマンドを打ちこむのは難しいと思うので、マクロを組むか予めチャット欄に打ち込んでおいて切り替わる瞬間に発言するとやりやすいです。

ちなみにグループポーズに切り替えるタイミングがよく分からない人は上の画像と同じタイミング位で切り替えると上手くいくかも!

ffxiv_20151208_023553.jpg

成功するとこんな感じで普段頭に乗らないミニオンが乗ります!

ffxiv_20151208_023700.jpg

乗ります!!

ffxiv_20151208_024124.jpg

乗ります!!!

でもなんだか位置がちょっとずれてますよね?

大丈夫。

原因を調べて解決してきましたよ!

その原因はキャラクターの体の軸位置!

口で言うと分かりにくいので画像で説明しましょう。

ffxiv_20151208_024151.jpg

これは全く同じ位置でにけちゃんのポーズだけを変更したものです。

にけちゃんに引いてある赤線は頭の真ん中の位置を大まかに示したものです。

全く同じ位置に立っててもこんなにも差が出るんですねー!

ここまで読んだ方ならもうお気づきかもしれませんが、このテクニックを使ってグループポーズをするとミニオンはグループポーズをとる前のキャラクターの頭上に出現します。

ffxiv_20a151208_024151.jpg

この位置ですね!

しかしエモートを実行するとキャラクターの体の位置は直立した状態の位置に戻される事がほとんです。

ミニオンはグループポーズが始まる前にいた頭上に出現したい、でもエモートによってはキャラの位置がグループポーズ前と異なってしまう…。

そんな時に起こるのが…

ffxiv_20151208_024124.jpg

このズレな訳ですねー!

なのでこの方法を使ってグループポーズでSSを撮る場合は出来るだけ直立してる時と同じポーズで臨みましょう!

そうすることで、

ffxiv_20151208_023912.jpg

ちゃんと頭の上に乗ってくれます!

「へぇ~そんな方法があるんだ、やってみたいけどいつでもいっかー!」と思ったそこのあなた。

ちょっと待って!!

ffxiv_20151209_021746.jpg

このテクニックは恐らく開発の意図したところによるものではありません。

なのでいつ修正されるとも分からない、言わば今だけの限定的な技なのです!

ffxiv_20151104_210911.jpg

「明日やろうはバカヤローだ」

「プロポーズ大作戦」でこの台詞を言ったおじいちゃんは劇中で亡くなります。

このドラマはタイムトラベル要素を含んでいるので主人公がこのおじいちゃんが亡くなる前の時間に飛んでくるのです。

詳しくは動画を探して確認してもらえればと思いますが、この言葉を思い出して行動したお陰で主人公たちの物語はほんの僅かながら変化します。

ffxiv_20151209_013120.jpg

「これ面白そう!でもいつでも出来るし今度でいっか!」

そう思って先延ばしにした結果、気付いたころには出来なくなっていた。なんてことはよくある話。

大したことじゃないのなら、今すぐにでも出来る事なら。

出来る内にやってしまいましょう!

明日やろうはバカヤローです!

ffxiv_20151208_023221.jpg

ちなみにそもそも飛んでるミニオンにこのテクニックを使った場合、いつも以上に高い高度を飛んでくれます。

これを使った遊び方なんていうのもあるかもしれませんね!

皆さんも出来る内にお気に入りのミニオンを頭に乗せてSSを撮ってみてはいかがでしょうか!



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する