楽しい場所は必ずある

ffxiv_20151221_045058.jpg

昨日たまたまタイミングが重なったFCメンバーで星芒祭イベントを遊んできました。

最初はPvPの装備を試着したり買ったりして装備談義をしていたんですが、僕が「ちょっとハウジングエリアの円庭で動画録ってくる!これ録ったら寝るね!」と言ったのが事の始まり。

円庭に向かいながら僕はFCチャットで「今円庭も星芒祭の飾り付けですごい綺麗だから時間あれば見ておくといいかも!」と言ったのを聞いたそらちゃんが「あ、私まだ見てないんでいきますー!」とダッシュで円庭に走り込んできた。

「見て!そらちゃん!ここにケーキ置いてあるんだよ!」

「! ほんとだ!」

そんな何気ない会話の中でそらちゃんがポツリと一言「そう言えばまだ星芒祭イベントやってないです…」



「あ!」



そらちゃんの言葉を聞いた僕とすぴかさんが声を上げた。

そう、この場にいる誰もが星芒祭イベントをやり忘れていたのだ。

「みんな時間があって暇であればイベントいきませんか!」

「お!」「!!」

そんな僕の一言に2人は快くうなずいて付いて来てくれた。

ffxiv_20151221_045533.jpg

みんなでイベントやるなんて久し振りだなーw

この前みんなで回ったのがハロウィンイベントだから……どれ位前だろ?

そんな事を考えながらイベントを進行していく。

ffxiv_20151221_051531.jpg

おぉー!!

リムサとハウジングエリアの飾り付けはみたけどウルダハもすごい!!

僕がウルダハの飾り付けに感動していると後ろから声を掛けられた。

「こっちに小さい雪だるまがw」

ffxiv_20151221_051557.jpg

ほんとだかわいいw

「この雪だるま部屋に欲しい!」という声が上がる。

うん、僕も欲しい。運営さん頑張ってw

せっかくなので3人がちゃんと入ったSSも撮ろうと思ってカメラを正面に向けてシャッターを切る僕。

カシャッ!

ffxiv_20151221_051629.jpg

にけちゃん半目ww

最近にけちゃんがカメラのフラッシュに弱いですw

ffxiv_20151221_052145.jpg

グリダニアで見つけた雪だるまでも盛り上がる。


「一番左の子が3DS、右の子がWiiU、真ん中がPS4に違いない!」

「wwww」


「この雪だるま達家族かな~?」

「いや、案外兄弟かもしれない」

「そして実は1番左の小さい子がFPSの達人だったりするのか…」

「wwww」

ffxiv_20151221_052736.jpg

実はここ最近FCさまほりは人が少なかった。

みんな忙しくなるこの時期。仕方ないと言えば仕方がない。

ただFCさまほりはメンバーが多い方ではない。

トータルは20人程だが休止した人や最近ログイン出来ていないメンバーを除くと大体10人いくかいかないか。

ましてやこの忙しい時期となるとその全員が同じタイミングにINする事は難しく、少ない時はINしているメンバーが1人2人の時もあった。

ffxiv_20151219_025242.jpg

一時期あまりの人数の少なさから積極的に勧誘していこう!みたいな空気が生まれた事があった。

でもその空気はたちどころに霧散した。

それは何故か?

ffxiv_20151218_230153.jpg

手段が目的になっていたから。

FCに新しい人をいれるという事はその人とこれから一緒に遊んで行きたい、一緒に楽しみたいという気持ちがあればこそ。

だから本来は「一緒に楽しく遊びたいから(目的)」「新人を募集する(手段)」のだ。

それがいつの間にか新しいメンバーをいれないと「寂しい」「カンパニーポイントが貯まらない」「チャットが賑わってない」。

早く新しい人を入れないと…!になっていた時期があったと思う。

でもそれじゃ駄目だ。

そんな理由でFCメンバーを募って入ってもらったらその人は「新しい人に入ってもらいたい!」という気持ちの犠牲になる。

その人が口数が少なかったりカンパニーポイントを稼がなければ「新人」に期待した人には必要のない苛立ちがたまってしまうかもしれない。

そしてその人は去ってしまうだろう。本当はその人もみんなとワイワイしたくて入ってきただけなのに……。

きっとその事が伝わったり分かってる人がいたから率先して新しい人を誘う動きはなくなったのだと思う。

我ながら良いFCメンバーと出会えたなと思うw








「お!床に雪の模様があるよ!あ!天井にも!!」

ffxiv_20151221_052747.jpg

ffxiv_20151221_052837.jpg

本当だー!!

1人で来てたら走り抜けて絶対気が付かなかったなーw

「なんか楽しいね!w」

「はい!w」「だねーw」

ffxiv_20151221_060003.jpg

あなたがもし1人でいて寂しいと思うのなら友達を作ってみて下さい。

当然知らない人に声をかけるのは相当な勇気がいることだと思います。


無視されたら? 心ない事を言われたら? 返事返ってきちゃったけどどうしよう!?


今でこそFCマスターなんてやってますが出発点は僕も同じ、手に汗握って震えながら声を掛けてましたw

声掛けてる以上大体お返事返ってくるんですが「返事来たらどうしよう…」ってw

そんな緊張を抑えて伝えるべきオススメの言葉はこれです!





「一緒に遊びませんか?」





勿論断られることもあると思います。声を掛けるのがどうしても緊張して駄目だ!と言う方はロードストーンの日記を使って「友達募集!」とか「初心者です仲良くしてください!」なんて日記を書くのもいいかもしれない。

そうやって緊張を乗り越えた先には

ffxiv_20151221_053839.jpg

ffxiv_20151221_053838.jpg

ffxiv_20151221_053832.jpg

こんなにも素敵な笑顔が待っている。

ffxiv_20151221_054652.jpg

今は寂しく雪風吹き荒ぶ雪原の中だったとしても、

伸ばした手が届かなくて悲しい気持ちや悔しい気持ちに包まれたとしても、

あなたが誰かと一緒に笑って遊びたいと望む限り、





楽しい場所は必ずある。





きっと見つかる。

ffxiv_20151221_054444.jpg

そう思うことが出来た星芒祭でした!

みんなにも素敵なFF14ライフが訪れるといいなぁ!

でも遊び過ぎて体調崩したりしないようにね!w

それではまた次回ー!



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する