あなたのジョブはなんですか?

ffxiv_20150705_040749_.png

僕は学者です。

たまに召喚でDPS枠になることもありますが、最近はFCで行くIDではクルセードスタンスを使って無理やりDPS枠になろうとするほどの学者です。

今回はジョブと自分との密接な関係のお話し。

※あくまで個人的な考えなので、そういう考え方もあるのねという気持ちで見守って下さいませ!



ffxiv_20150328_011407_R.png

ffxiv_20150328_011541_R.png


タンク

それは強靭な体力と防御力で敵の攻撃から仲間を守るジョブ。

このジョブをメインでやっている人は現実でも何か大きな問題に直面した時、持ち前の体力や防御力できっとみんなを守ってくれる人。

相手の敵視を稼いで「うおおおおおお!!!仲間を傷つけさせはしないぞおおお!!!!」

って戦ってくれる人。

ffxiv_20150406_233201_R.png

ffxiv_20150501_224259_R.png

ffxiv_20150405_003745_R.png

DPS

その凄まじい攻撃力で目の前の敵を打ち倒すジョブ。

このジョブをメインでやっている人は現実でも何か大きな問題に直面した時、その敵を倒し、道を切り開く事でみんなを前へと進ませてくれる人。

相手が何であろうと「くらえええええ!!!先に進むんだあああああ!!!」

って戦ってくれる人。

ffxiv_20150403_001558_R.png

ffxiv_20150213_003322_R.png

ヒーラー

その力は癒しの為に、敵の攻撃で傷付いた仲間を癒すジョブ。

このジョブをメインでやっている人は現実でも何か大きな問題に直面した時、相手を癒して元気や勇気を与えてくれる人。

相手が大ダメージの攻撃を使ってこようとも「回復したよ!!!まだいけるーーー!!!」

って戦ってくれる人。


そんな心強い人達も一人じゃ前には進めない。

敵の攻撃を防ぎ、その敵を倒し、傷付いた仲間を回復する。

その全てが合わさった時に、その力は何倍にもなる。

もちろんギャザラー、クラフターもそうだ。

その人達がいるお陰でマーケットが潤い、市場に活気が生まれる。

作る人がいるからこそ、それを装備する事が出来る。

僕は学者。

「信じようが信じまいが、私はヒーラー。助けが必要か?」
マザー2 ヒーラーの台詞より引用

いつもこの精神で旅をしている。

現実でも誰かに元気や勇気を与えられているかは自分では自覚できない事も多いが、それが出来る人になれれば素敵ですね。

あなたのジョブはなんですか?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する