LoVMは奥が深い

ffxiv_20160112_012726.jpg

昨日は久しぶりにLoVMで遊んでいた。

しかし遊び始めた時間が遅いと言うのもあってか人はほとんどおらず、大会が開催されているにも関わらず対戦相手とマッチングしないと言う状態。

ただこれはしょうがないと言えばしょうがないのだ。

ffxiv_20160104_010653.jpg

何故ならLoVMは難しいから!!

難しいように思える、と言ってもいいかもしれない。

ffxiv_20151110_204817_20160112184413ade.jpg

LoVMのルールを分かりやすく説明すると『自軍のミニオンで敵のアルカナストーン(領地)を破壊する』これだけだ。

ではなぜ難しい!と思う人が多いのか?

それは…!

ffxiv_20160104_010638.jpg

覚える事が多いからだ!



ミニオンに設定されている3つのタイプ…モンスター、アニマル、ドール。またその3つのタイプの相性。

そして自分と敵が扱うミニオンのスキル、ミニオンの移動速度、そして施設特攻…。

それら全部を考えながら遊ぼうとすると「あぁぁぁぁああっっ!!!」ってなる。

ましてやLoVMを楽しみにしていたのは『ミニオンを集めるのが好き』な人達。

がっつり戦略を考えて戦って遊んでやるぞ~!!と言う人達が少なかったのだ。

そう言った理由が重なった結果LoVMは過疎ってしまった。

ffxiv_20151110_204316_20160112190021b35.jpg

ではミニオンが好きだけど深く考えて戦うのはちょっと…。

と言う人にLoVMは出来ないのかと言うと実はそうでもない。

なんとなくで遊んでも実は意外と楽しむことが出来るのだ。

ffxiv_20160112_012905.jpg

そ、そんな方法があるの!?

あります!ありますよー!

ただ今回はその内容を書く事が出来ません…。

何故なら…っ!

ffxiv_201601a04_010653.jpg

それを十分に伝えるSSを撮っていないから…です。

なのでSSを撮る事も兼ねてこれからゆっくりペースながらLoVMチャレンジモードを攻略する記事を上げてみようかと思っています。

『おじいちゃんが竜騎士になる話』も進行しないといけないので本当にゆ~っくりやっていきます。

ffxiv_20151110_194235_20160112192819bb9.jpg

今はとっつきにくさから遊ぶ人が少ないLoVM。

いつかまた実装当初の様に活気づく日を夢見て記事を書いていこう。

3度言いますがLoVMの記事に関してはゆっくりカメちゃん更新になることだけご了承ください。



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する