住みよい世界

ffxiv_20160205_230953.jpg

神々に愛されし地、エオルゼア。ここはとても住みやすい。

初めて降り立った時から僕にとってここはそういうところだった。

Nike March 2013_10_11 02_27_08

仲間がいたから。

どれだけ美しい景色を見ても、どれだけ強大なボスを倒しても…。

そこに仲間がいなければ僕にとってのFF14は輝きを失う。

仲間や家族あってこそのオンラインゲームだ。

ffxiv_20160205_230931.jpg

禁書が余ってたので竜騎士のAF2胴と交換しました。

ニケちゃんの見た目もかなりさまになってきた。

3.2になれば禁書の週制限も撤廃されるので今より簡単に禁書装備を取ることが出来るだろう。排出量が増えるかは分からないのでそことの兼ね合いにはなるけども…。

でもそう言う事が言いたいんじゃない。

この頑張って取った禁書胴だって見せる友達が居てこそだ。

Nike March 2013_10_13 22_20_33

大好きな魔導アーマーも、

Nike March 2013_10_14 19_24_22

装備の為のIDや蛮神周回も、

Nike March 2013_10_03 03_04_03

心高まるストーリーさえも!!

ffxiv_20160206_001923.jpg

それを共有する仲間がいなければ意味がない!!

僕はそう思います。

ffxiv_20150402_235936.jpg

ゲームってすごいんだよw

未だに偏見を持つ人はいるし、やってもないのに分かった様な事を言う人もいるけどそういう人は放っておいたらいいと思う。

その人はきっと他の事に関してもそうなんでしょう。多分物事を見た目だけ、そして世間の評価でしかみれないんだと思う。

ffxiv_20150403_001915.jpg

ゲームは人が作ってる。

自分が可愛いと思うキャラクターも、かっこいいと思うセリフも、装備も、ストーリーも、システムも…。

ぜ~~~んぶ人が作ってる。

言わばゲームは開発に携わってる人達全員の魂も同然です。

その魂の集結したものが面白くない訳ないじゃない。

Nike March 2013_10_04 13_17_41

勿論全部が全部面白い訳じゃないです。

商売でやってる以上お客さんの望むものと開発が作りたいものが噛み合わない事だってある。お互い人間だもんね。

でも時代は変わってきましたからね!

今までだったら1プレイヤーが開発の方達と意見交換してその意見を通してゲームを作ってもらえる、何てことはなかった訳です。

ましてやオフラインゲームは発売してしまうとそこで完成ですからね。勿論昔のゲームはパッチなんて当てれません。

そう言ったところも最近はすさまじく変化しましたね。

Nike March 2013_10_23 01_55_24

こんなにもプロデューサーが前に出てきてくれる。

しかも素材が出回ってみんなに加工されて、中にはここまでやって怒られないか?って言う画像や動画もあるんです。

それに怒ったりせず(実際は嫌だとは思いますがw)「あぁ…またフリー素材にされるなぁ…」なんて言ってのける訳です。

吉P…いや吉田プロデューサーのそういうところ大好きです。

何より本当にゲームが好きな所とかねw

ffxiv_20150405_003932.jpg

そんな素敵な魂や熱意の塊から生まれたものに今度は僕達の魂が入っていく。

そういう時は不思議と分かっちゃいます「あ、このゲーム面白い」って。

ffxiv_20150902_184946.jpg

あなたの世界は輝いているか!!

僕の世界は輝いているぞ!!

ffxiv_20160203_002804.jpg

もしも世界が輝いていないなら!!

ffxiv_20160203_004441.jpg

それはきっと仲間が足りていないんじゃないだろうか!!

ffxiv_20160202_235434.jpg

人が作った世界に人がやってきて人と人が出会う。

時に反目して、時に手を取り合って一緒に世界を作り上げていく。

オンラインゲームってそういうとこなんですね。

ffxiv_20160201_224239.jpg

住みよい世界を作るのは僕達だ。

遊びなんだから目いっぱい遊びたいですよね。

みんなで手を取り合って世界を賑やかしていきましょう!

ffxiv_20160206_004231.jpg

昨日ぱるさんが正式にFCに加入してくれました。

これも人と人の繋がり。

FC:サマーホリデーはその名の通り「夏休み」を意味します。

ここにいる間だけは年中夏休みだ!!

みんなでいっぱい楽しい思い出を作ろうね!

これからもどうぞ、よろしくお願いします!



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する