メンター制度の現状

ffxiv_20160301_003306.jpg

いつも当ブログに足をお運び頂き本当にありがとうございます。

今回僕、吼えます。

人によっては吼えているようにも吠えているようにも見える内容になるかと思います。

あくまで僕個人の思いで書きますが、現状が芳しくない事だけは声を大にしてお伝えしたいです。

ffxiv_20150302_164330_20160301134647776.jpg

皆さんメンターって何かご存知でしょうか?

僕はその意味を知りませんでした。なんとなく初心者を支援するシステムとかそういうもんだろう位の認識でした。

調べてみるとその通り。

『メンターとは、仕事上(または人生)の指導者、助言者の意味。』らしいです。

まぁ指導、助言と一言で言っても内容はさまざまなのでそれをこうであるべき!と決めつけたりは出来ませんよね。

そこは仕方ありません、100人いれば100通りの指導や助言がありますからね。

ffxiv_20150307_231628.jpg

今現在の仕様だとメンターはメンターに認定されたら自動的に「ビギナーチャンネル」に加入させられます。

ビギナーチャンネルの定員は「メンター100人、ビギナー412人の計512人」です。

うんうんそりゃメンターが大量のところにビギナーが少しだったら萎縮しちゃうもんね!これはいい人数バランスだ!

と言いたいのですが実は違います。なぜならば、

ビギナーはメンターに招待されないとビギナーチャンネルに参加できないから。

メンターはメンターになった瞬間にチャンネル参加、ビギナーはメンターに誘われるとチャンネル参加。

なのでビギナーさんを誰かが誘わない限りビギナーチャンネルにはメンターしかいない事になります。

その結果ビギナーチャンネルは「メンターチャンネル」になってしまいました。

ffxiv_20150303_014723_20160301141302877.jpg

そりゃそうだ。

前にも書きましたがゲームが上手な人が必ずしも教えるのが上手い訳ではないんです。

そもそも他の人に声を掛けるのが苦手な人だって大勢います。

パッチノート読まずにメンターになる人も、ちょっとだけやってみようかな~位でメンターをやる人も大勢います。

でも現状のメンター制度はそういう人には向いてないんです。

僕が知る限りでは誰かにメンターチャンネルから除名されて、その内容を運営が確認して確かにこれは除名されても仕方がないとなった場合のみメンターの権利が「剥奪」される「可能性」が出るようです。

つまりはそうでもならない限りメンターになった人は未来永劫メンターなのです。

この認識はもしかしたら間違っているかもしれませんが、これ位しかメンター制度がプレイヤーに浸透していないと言う事の現れでもあります。

そんな1度メンターになったらずっとメンターであり続けるしかない現仕様の中に上で書いたような人達が集まってしまうとそのビギナーチャンネルはメンターチャンネルに変化してしまいます。

ではメンターチャンネルとは何か?その例をご紹介します。


メンターA「こんにちはー」

メンターB「お、メンターAさんこんにちは!」

メンターC「ちわー。なかなかビギナーさん集まらないねー」

メンターA「ありゃ、まだビギナーさんいてない感じですか?」

メンターB「うむー。あんまり積極的に声掛けしてる訳でもないしねぇ…」

メンターC「かと言って無言でビギナーさん誘うのもマナー違反だしな」

メンターB「そうそう。それもあってメンターはいっぱいいるけどビギナーがいない状態ですなぁ」

メンターD「私も初心者さんに声掛けてみようかと思ったんですけど緊張してしまって(;´・ω・)」

メンターC「すごい分かるわwやっぱり声掛けるの緊張するよねw」

メンターA「あ、僕今からエキルレ行くんですけど行く方います?」

3人「いくー!」


これがメンターチャンネル。


ビギナーとメンターの交流の場だったはずのチャットチャンネルはメンターの雑談やたまり場と化し、またビギナーが新しく加入したとしてもその人数が1人だった場合「メンター100に対してビギナー1」と言うとんでもない構図が誕生する。

しかし一方で「ビギナーチャンネルのお陰でメンター同士で話せて楽しい!」「友達が出来た!」なんて事を聞いたりもする。

でもね、よ~~~~く考えて?

そのチャットチャンネルの名前、『ビギナーチャンネル』だからね?

雑談絶対するな!仲良くなるな!なんて勿論言いませんし思いません。

むしろ協力してビギナーさんを支援してあげるんだから仲が良い事に越したことはないでしょう。

だけどそこを雑談の場だけに使ってはいけない。僕はそう思います。

ffxiv_20150322_011746.jpg

初心者さんはこの世界を楽しみにしてやってくる。

これからどんな冒険があるんだろう?友達は出来るかな?早くチョコボに乗ってみたいなー!

そこにメンターさんが現れて「初心者さんですか?ビギナーチャンネルと言うのがあるんですが…」1通り説明を受けたビギナーさんが「ビギナーチャンネル」に参加します。

でもそこで交わされているのは上級者の人にしか分からない様な雑談。

「ヴォイド?」「エキルレ?」「秘伝書?」みんな何の話をしているんだろう?

「そう言えば今回のメインで○○になるとは思わなかったわ」

「え、え?もしかしてこれネタバレ?この先遊んでいくストーリーでそんな風になっちゃうの…?」

もし皆さんの初心者時代がこうだったらどんな気持ちでしょうか?

僕なら嫌です。多分引退します。そして友達にこう伝えるでしょう。

「FF14ってゲームに慣れた人が雑談しててネタバレとかもするチャットに初心者を参加させるゲームだった」

ffxiv_20160214_162119.jpg

そんなんさ…。






そんなん嫌やん。

僕らがやってるFF14ってそんなんじゃないやん。

勿論人によってはギスギスするだろうし楽しい事ばかりが詰まったゲームではないけどさ、少なくとも入ってきた初心者さんの楽しみを奪ったりメンターが自分の知識を自慢するゲームではないやん。

メンターってそうじゃないやん。

メンターってさ、

ffxiv_20160301_000744.jpg

ffxiv_20160301_000748.jpg

例えばギャザラーで素材を採ってたら昇ってきた朝日に感動したり、

ffxiv_20150303_171041.jpg

1人で寂しいなーって思ってたら

ffxiv_20150303_171118.jpg

似た様な気持ちの人と出会って仲良くなったり、

ffxiv_20150304_233202.jpg

こんな敵倒せるのか…?って相手に

ffxiv_20150304_233354.jpg

みんなで挑戦してクリアして「やったあああああ!!!!」って言ったり。

ffxiv_20160301_003303.jpg

FF14の酸いも甘いもを味わってきた上で初心者さんにこのゲーム面白いぞ!でも1人じゃ心細いから俺たちがついてるぞ!って言うそういう存在なんじゃないの?

ffxiv_20160301_003349.jpg

ゲームの上手い下手なんて放っておいてさ、右も左も分からなくて困ってる初心者さんの気持ちに寄り添う人なんじゃないの?

ffxiv_20150303_013515.jpg

僕らはもう初心者には戻れない。

ゲームを続けて現行のストーリーを終わらせている以上初心者さんの目には上級者にしか見えない。

そんな上級者が…

メンターが

困っている初心者さんを助けずにチャットチャンネルで盛り上がっている状態が良いとはどうしても思えない。

ffxiv_20150303_013646.jpg

ゲーム内のメンターシステムはまだまだ作りが甘い。

雲海探索でもそうだけどプレイヤーにルール設定を任せ過ぎなところも多々ある。

だけどそこだけに責任をなすりつけることは出来ない。

システムが整備されても結局そのシステムを扱う人が変わらなければ何も変える事なんて出来ない。

人間の手の平と同じですね。

その手をぐっと固めて人を殴り倒す事も出来るし、その手を広げて差し伸べる事も出来る。

自分に与えられたモノをどう使うかは全てその人次第。

ffxiv_20160301_003313.jpg

たかがゲーム、されどゲーム。

ゲームのイメージを悪くするのも良くするのも案外僕達かもしれませんよ?

メンターになった人、また今メンターになろうと思っている人。

どうかどうかよく考えてからメンターになって下さい。

あなた達は初心者さんの模範です。

どうかその手を差し伸べてあげて下さい。

そして初心者さんが1人立ち出来る位育ってそうなることを望んでいたら、どうかその手をそっと離してあげて下さい。

メンターはビギナーの心を支える存在でいて下さい。

ffxiv_20160301_003259.jpg

1年前右も左も分からなかった僕からのお願いです。



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

前にしていたオンゲでも初心者チャットなるものがあり、現状のメンターチャンネルのような状態でしたね。

本当の初心者はまず発言すること自体勇気がいることなのに、会話に入れない何言ってるかわからない・・・結果的に初心者がいない初心者チャットになってたね。

2016/03/01 (Tue) 23:00 | てんじん #eMkLRZRc | URL | 編集
じんくんへ

そうですなぁ、ゲームに慣れてきた人ですら知らないプレイヤーに声を掛けるのは緊張するのにそれが初心者になるともっと緊張するよね。

まだ実装されたばかりで仕方がない!って言うところもあるけどここは実装する前に分かったんじゃないの!?と言うところもあるのでそこを調整しつつ初心者さんを支援するシステムに昇華していって欲しいですなぁ。

2016/03/02 (Wed) 18:20 | にけ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する