私はウララちゃんを応援します

ffxiv_20160304_220939.jpg

シーズナルイベント「プリンセスデー」。

今回のこのイベントでは無名のアイドルを有名にする事を通して『どんなに困難だと思う事でもやり続ける事で道は開かれるんだよ』という事をプレイヤーに訴えかけている。

ffxiv_20160301_004046.jpg

そしてこのイベントにはもう1つ大きな要素が含まれている。

それは

自分の中の1番を決める事。

三歌姫と言う名のグループで活動しているララフェルのウララミコッテのマシャ・マカラッカアウラのナルミ

この3人の中からリーダーを選べと言われる訳である。

ffxiv_20160301_003703.jpg

冒険者に媚び媚びなウララ。

ffxiv_20160301_003709.jpg

優しい雰囲気で一緒にいると癒されそうなナルミ。

ffxiv_20160301_003711.jpg

しっかり者で3人の中では1番お姉さん気質なマシャ・マカラッカ。

ffxiv_20160301_003654.jpg

個人的な感想で言うとウララはないなと思った。

まず媚び媚びな態度自体僕はあまり好きじゃない。

それに気弱でおどおどしたナルミをリーダーにして挫折や失敗を繰り返しながらも徐々に周囲に認められて一人前のリーダーになっていく、そういう過程が描かれる物語の方が面白そうだなと思ったのだ。

故にウララはない、と。

ffxiv_20160308_155741.jpg

今回のイベントはビラを配ってクエストを完了するごとに三歌姫の誰かと4つの選択肢の中から会話を選ぶことが出来る。(シーズナルイベントの進行具合で話せる内容が解放されていく)

そこで三歌姫の個性やプライベートを垣間見て「この子にリーダーをしてもらおう」と思う訳だ。

僕はその会話イベントで心を撃ち抜かれた訳である。

ffxiv_20160308_155338.jpg

勿論ウララちゃんに。

話せば分かる、という言葉があるが正にその通り。話していくとこの子がどんな子なのか深く理解できた。

ウララちゃんは家事が出来る。

家事が出来る女の子が好きだとかそういう話ではない。

媚び媚びなスタイルなのに自分の事は全部できるというそのギャップが素晴らしいのだ。

ウララちゃんの普段の感じからして「私ぃ~家事とかよく分かんなくってぇ~」とか言いそうなのに全部できる。

しかも趣味が読書。読んでいる本のタイトルは「魔法使いの物語」、めちゃファンタジーな本読んでる。

ffxiv_20160301_003700(RGB)(noise)(Level2).jpg

でもウララちゃんを応援したくなった1番の理由は誰よりも友達思いだという事。

三歌姫と話す項目の中に「将来の夢は?」と言うのがあるんですが、その問いに対しての答えで唯一人メンバー全員の事を考えた答えを言ったのがウララちゃんでした。

歌って踊りはしませんが僕も演技をする事に身を置いているのでそう言った仕事でチームワークや絆と言うものは何をする上でも重要なのを知っています。

そこにプロやアマなんて関係ありません。まーったく関係ありません。

仲良く出来てるチームの方がより素晴らしい物が出来上がる。これは絶対です。仲が悪い役とかだと別かもしれませんけどねw

ffxiv_20160308_155311.jpg

媚びるのだって簡単じゃない。

しかもそれが自分の為だけじゃなくメンバーやファンの為となれば尚更だ。

だけどこの子にはそれを貫き通す覚悟も力もある。

リーダーにするならこの子しかいない。

僕はウララちゃんの為に投票券を20枚集める事にしました。

今回はその様子をムービーに収めたので投票券1枚の時と20枚の時の差をお楽しみください!

ちなみに投票券1枚の方はSSだけですw

【投票券1枚】

ffxiv_20160304_201613.jpg

ffxiv_20160304_201620.jpg

ffxiv_20160304_201626.jpg









【投票券20枚】



可愛い。

もう1回言うね、可愛い

やっぱりウララちゃんを選んで良かったなと改めて思いました。

ffxiv_20160308_155539.jpg

頑張るすべての人に幸あれ。

みんながだれに投票したのかも気になりますが個人的にはウララちゃんにリーダーやって欲しいですw

投票結果がどうなるか楽しみですね!



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する