なんか むつかしいことを かんがえよう。これからの ぼくは。

一体この言葉が他のブログでどれ程使われたのだろうか。

もしかしたらそれ程でもないのかもしれないし、それ程なのかもしれない。

今回は僕自身の話し。


小さい頃からゲームで遊び、またゲームをする親の姿を見ていた僕。

小さいからゲームの意味なんて分からない。

ただカッコいいから、可愛いから、楽しいから。

そんな単純な気持ちでゲームを眺めていた。

そしていつか自分もゲームをやって、クリアするんだ!!

そんな気持ちが漠然とあった。

ffxiv_20150213_001223_R.png

大きくなった。

ゲームをクリア出来るし、小さい頃読めなかった字も読める。

何よりやりたかったゲームがやり放題に!

それからはいっぱいゲームをやった。

ffxiv_20150213_005314_R.png

ある日なんの番組だったか動画だったかどこか懐かしい曲を聞いた。



Eight Melodies

ファミコンゲーム マザーで聞くことのできるこの曲。

勿論クリアした事もなければ、プレイした事すらなかった。

ただマザー2は遊んだことがある。

もうかなり昔の事。

だからかな?なんだかとってもその音楽が懐かしく感じてその日からゲームに対する考え方が変わった。

ffxiv_20150213_010130_R.png

みんなとゲームで遊びたくて仕方がなかった。

でも色々な都合でそれは叶わなかった。

大人になるってそういう事。

そんな時にマイディーさんのブログと出会う。

全てがここにある訳ではないけれど、自分のゲームの考え方が更に変わって、やっぱりみんなと遊びたいと思ったのはここからだった。

ffxiv_20150213_010432_R.png

自分で言っちゃいけないけど、頑張ったよ!

もう、頑張った!!

たった2人きりでFF14を始めて人数が足りないもんだから、FCを作るには知らない人に声を掛けないといけない!

でも頑張ったからその頑張りが返ってきた!

今ではFC以外にも友達がたくさん増えて楽しく毎日遊べてる!

それは自分が目指してたところに一応行き着いてしまった事でもある。

ffxiv_20150219_000307_R.png

ブログを始めよう。

この僕の思いや考え方を書き記せばもしかしたら他の「きっかけ」になるかもしれない。

それがFF14じゃなくてもいい、何かを楽しむきっかけになれば!

書いてみた、楽しい。

元からお喋りな僕が話したい事を話せるのはとても楽しい事だった。

でも、それと同時にゲームをプレイする時間が減ってしまった。

う~む…

ffxiv_20150220_233614_R.png

単純な話、ちょっと休憩すればいいんだけど僕は負けず嫌い。

何と戦っているのかは分からないが、ブログを更新する事自体は楽しいから今日まで書いてきた。

ゲームだってそうだ。

ストーリーが気になるのもあるが、周りが進めばそれに着いて行きたいし、ILを上げる必要があるのなら頑張って上げていきたい。



でも、それって何か違う。

法典や記章を集める事、ゲームという物をクリアだけする事。

それで自分が楽しいならいいんだろう。

でもそれがしたい事を我慢しての物なら、それにはきっと大した意味はない。

僕が大迷宮バハムートをクリア出来たのも、マザー2をクリア出来たのも、やりたかったからだ。

ffxiv_20150221_000637_R.png

今一度思い出さないといけないと思った。

どうしてゲームをやっているのか、どうしてブログを書いているのか。

正直こういった内容を書こうと思ったのもこのブログのコンセプトを思い出したからだ。

「だって にけだもん」

なんともふてぶてしいタイトルである。

でもその名の通り、自分が思った事を書いてきたい。

その為には我慢して毎日同じことを繰り返すわけにはいかない。

ネタもなくなるしね。

ffxiv_20150223_231712_R.png

特に何も考えずぼーっと1日を使ってしまうのはやはり勿体ない、そう思った上でこの言葉を。



なんか むつかしいことを かんがえよう。これからの ぼくは。
マザー2 どせいさんの台詞より



捉え方は人それぞれ、この言葉が誰かの何かになるかはわからないけれど、とりあえず むつかしいことをかんがえよう。

欲を言わせてもらえば是非マザー2をプレイしてからもう一度この言葉について考えてほしい。

「難しく考える」のではなく、「難しい事を考える」。

それはきっと大変だけど、とっても大切な事でもある。

この日記を見てもし何かを思い出す事が出来て、更にそれがFF14を始めるきっかけになったとすれば

ffxiv_20150224_235205_R.png

それはとっても嬉しい事です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する