掟破りは吊るします

ffxiv_20160408_023034.jpg
※レベル10で受けられる内容の物です。

最近もまじめにコツコツとレベルを上げているニケ・マーチ。

低レベル帯のうちはもりもりレベルが上がるのですぐに次のクラスクエが受けられていいですね!

という訳で双剣士クラスクエのお話しです。

ffxiv_20160408_023037.jpg

この前出てきた口元がセクシーな双剣士ヴァ・ケビちゃん。

今回の仕事の相棒は彼女みたいです。これは気合入る!

ffxiv_20160408_023041.jpg

と思ったらヴァ・ケビちゃんの方はなにやら元気がありません。

一体どうしたのでしょうか?

ffxiv_20160408_023044.jpg

ffxiv_20160408_023046.jpg

これは相当ショッキングな出来事だ。

今日も頑張って一仕事を終え意気揚々とギルドへ帰還。

これの為に午前の仕事は頑張ったんだよな~!と思って食料を保存していた所へ向かうとそこに「ビスマルク風エッグサンド」の姿はなかった…。

食べられたのか?それとも置き場所を間違えたのか?はたまた足がニュッと生えて近場の港から船に乗って冒険に繰り出してしまったのか…。

理由は色々あれど、楽しみにしていた「ビスマルク風エッグサンド」は自分の口に入らなかった訳ですね。

ffxiv_20160408_023054.jpg

ffxiv_20160408_023058.jpg

お前が食べたんだな。

このクエストを受けた冒険者のほとんどがそう思ったに違いないでしょう。

しかし純粋なヴァ・ケビちゃんはそんな事は思いません。

ジャックはギルドマスターでとても大切な仲間の1人です。

僕とヴァ・ケビちゃんは少し疑問を残しながらも今回の仕事を進める事にしました。

ffxiv_20160408_023141.jpg

ヴァ・ケビちゃんめっちゃ悲しそうやったけどな…。

ffxiv_20160408_023807.jpg

現地に着くとヴァ・ケビちゃんの姿は見当たりませんでした。

「ビスマルク風エッグサンド」が食べられなかったことがやはりショックだったのかもしれません。

仕方がない、ここは一人でもしっかり話を聞いておいてどういう内容だったか後でヴァ・ケビちゃんに話そう。そう思っていた時でした。

ffxiv_20160408_024108.jpg

ffxiv_20160408_024112.jpg

ヴァ・ケビちゃんいた!!

気配を消す事に関してはギルドいちとは聞いていたけどまさかプレイヤーすらも気付かないところに潜んでいるとは!

ちゃんと設定が活きていてとても面白いですね!

僕が単純に気付かなかっただけかもしれませんがw

ffxiv_20160408_024133.jpg

ヴァ・ケビちゃんに話しかけると今度はさっきもらった情報を元に「かくれ」ながら情報を集めようということに。

ニケも双剣士の端くれ、ここに至るまでに気配を殺す術を会得しています。

ffxiv_20160408_024406.jpg

存在感までも消え去っている気がしますがこれだけ気配を消せるのならどんなところでも極秘なお話しが盗み聞きできそうです。

テンポよく情報を集めていったニケは掟を破ってイエロージャケットの銃を買い取った商人の居場所を突き止めました。

ffxiv_20160408_024957.jpg

どうやら今回は「かくれる」という物をニケの身に叩き込む内容みたいですね。

かくれて敵を討つと言うのが双剣士ギルドのやり方の1つなので、基礎中の基礎を教えてもらっている感じでしょうか。

このまま言われた通り「かくれ」て進んでいっても良かったんですが、ヴァ・ケビちゃんともう少し話してみたかった僕は彼女に声を掛けてみました。

ffxiv_20160408_025009.jpg

怒られました。

それにしても2つ名が「野良猫」とか可愛すぎる。こんな野良猫がいたらすぐに家で引き取ります。

ffxiv_20160408_025048.jpg

クエスト自体は「かくれ」ながら目的地まで歩くだけなのでとても簡単でした。

スネークやオタコンもびっくりのステルス迷彩でしたからねーw

ニケちゃんならなんなくシャドー・モセス島にも潜入出来そうですねw

ffxiv_20160408_025102.jpg

お、いたいた!

あれが今回銃を買い取った掟破りの商人だなー!

ffxiv_20160408_025117.jpg

隣に並んでSSとか撮ってやるー!!

ffxiv_20160408_025145.jpg

あ、ちゃんと仕事もしてますよ!

ffxiv_20160408_025149.jpg

めっちゃ良い笑顔でw

ffxiv_20160408_025304.jpg

ちなみにこの後戦闘になったんですが、お母さんのおなかの中にいる赤ちゃんのポーズを使って全てを切り抜けました。

ffxiv_20160408_025543.jpg

イエロージャケットに銃も返せたのでこれで仕事は完了です。

ffxiv_20160408_025547.jpg

ヴァ・ケビちゃんにも褒めてもらえました。

うんうん、ちゃんと「かくれる」を活かしてたもんね!

ffxiv_20160408_0244a06.jpg

ちゃんと

ffxiv_20160408_02a5009.jpg

「かくれる」を

ffxiv_20160408_025a117.jpg

活かしてたもんね!!

ffxiv_20160408_025604.jpg

しかしここでジャックから悲しいお報せがあるようです。

仕事は首尾よく完了させたと言うのに一体どんな悪い報せが…。

ffxiv_20160408_025610.jpg

ffxiv_20160408_025619.jpg

ffxiv_20160408_025625.jpg

ffxiv_20160408_025631.jpg

ffxiv_20160408_025638.jpg

ffxiv_20160408_025644.jpg

こいつ何言ってんだ。

そう思いながらもニコニコしながらお話しを追っていましたw

常にこれだと疲れてしまういますが、たまに出てくるこういうノリは大好きですw

ffxiv_20160408_025656.jpg

そうこうする内にどうやらぺリム・ハウリムができたてのエッグサンドを買って帰ってきたようです。

しかしぺリム・ハウリムからはジャックに隠れてヴァ・ケビちゃんが見えなかったのでしょうか?

本人の目の前で言わなくても良い事をぽろっと言いながら歩み寄ってきました。

ffxiv_20160408_025702.jpg

ffxiv_20160408_025708.jpg

ffxiv_20160408_025712.jpg

ffxiv_20160408_025719.jpg

ジャック……もう言い逃れできないよ…。

一体あなたはこの問いにどんな顔して答えるんですか……?















ffxiv_20160408_025725.jpg

なんて顔してるんだ。

その視線は虚ろでなんとかヴァ・ケビに弁解しようとしている、そんな表情。

まさか双剣士のクエストがこんなにコメディ推しで来るとは思わなかったw

ffxiv_20160408_025734.jpg

掟破りは許されない。

ffxiv_20160408_025739.jpg

ケビちゃんは ジャックを シメる 構え。

ffxiv_20160408_025747.jpg





















ffxiv_20160408_025752.jpg

ffxiv_20160408_025804.jpg

ffxiv_20160408_025811.jpg

ffxiv_20160408_025814.jpg

ffxiv_20160408_025822.jpg

ffxiv_20160408_025830.jpg

ビスマルク風エッグサンドが食べたくなるお話しでした。



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する