ようこそ!サマーホリデー!

ffxiv_20160428_235930.jpg

ただいまそらちゃんが絶賛サーバー旅行中。

なんでもリアルのお友達が他鯖で遊んでいる事が分かったとか。

そんな素敵な巡り合わせっていいですね!思いっきりサーバー旅行を楽しんでおいで!

ブログでサマホリの近況も確認してくれてるみたいなのでみんなの相変わらず元気な姿をお届けできたらと思います。

さてさてその頃からさかのぼる事数日……。

ffxiv_20160430_020257.jpg

僕は極セフィロトに挑んでいた。

FCさまほりとフレンドで行ってきた極セフィロトとはまた別の戦いです。

まだどちらでも極セフィロトは倒せていませんがいつか装備と鳥をむしり取りたいです。

なんて事を考えてたらぱるさんから連絡が入った。

なんでも別のオンラインゲームからの知り合いをFCに加入させてあげたいとの事。

FCメンバーが増えるのは個人的に大賛成だし、FCさまほりに来てくれる新しい人も元々の知り合いと遊べるのであれば遊びやすいだろうと思っていつも通り『FCに体験期間があること、ブログに登場しても大丈夫』という条件でいいなら是非体験加入しにおいでー!と言ったのだ。

この時夜中の2時過ぎだったろうか……。

ともかく時間も遅かったし極セフィロトにもアタックしていたので来るとしても早くて次の日だろうと思っていたのだ。

ffxiv_20160430_011506.jpg
ぱるさん「今家に来てる」

な………

ffxiv_20160430_024038.jpg

なにぃ!!

今か!!さっきのはたった今からの話だったのか!!

というかもう2時半位だけどお時間大丈夫なの!?

なんやかんやで極セフィロトチャレンジは終了したので僕は急いでハウスに戻った。

ffxiv_20160430_025940.jpg

ハウスに着くと可愛らしいララフェルがこたつでくつろいでいた。

「お待たせしました!」と言うのを皮切りにFCへの体験加入説明を僕の口からももう一度説明した上で了承してもらえたのでFCさまほりに体験加入してもらうことになった。

ffxiv_20160430_033606.jpg

それがくーちゃん。

まだFCに入って1週間も経ってないというのに既にFCに馴染むほどの適応力の高さがある。

ffxiv_20160430_034537.jpg

そしてさすが別のオンラインゲームをやっているだけはある。エモートも既に使いこなしているではないか。

僕が怪しいチョコボマスクを被れば平手打ちをし、FCさまほりの儀式と化している『体験加入してくれたメンバーにモルボルのミニオンをあげる』が行われた時は余っていたから追加であげたバクのミニオンだけを使用すると言うユーモアも見せつけてくれた。

くーちゃん曰く「緑のうねうねはくーの目には映らなかったのです」とのこと。

ね、ユーモア溢れてるでしょ?

ffxiv_20160505_023323.jpg

くーちゃんがFCに入ってくれたことでサマーホリデーに新しい風が吹き抜けた。

それと同時に改めて僕達が気を付けなければいけないことを思い出した。

ffxiv_20160505_023425.jpg

くーちゃんはFF14は初めての若葉さんだ。なので見る物触れるもの全てが目新しい物なのだ。

全てが新鮮と言うことは全てにおいて分からない事だらけであるという事でもある。

Nike March 2013_08_25 12_04_58

ミニオンの取得方法はもちろん。チョコボポーターの存在やクラフター職で装備が作れるなんてこともピンときていないはず。

そんな時僕達がやってはいけないこと、それが―

Nike March 2013_08_29 01_52_43

詰め込んで教える事。

ミニオンの事を教えて上げる時は取得方法と出し方だけ。

CFにルーレットがある事を教えて上げる時はルーレットを使っていくとボーナスがつくという事だけ。

ミニオンはLoVMがあってかなり奥が深いとか、FATEでしか取れないミニオンがある。
ルーレットでいくIDだけどこのIDはこうした方が良い、予習は~、ギスギスは~、立ち回りは~。


後々必要になっていく情報だとは思う。

だけどそれをいっぺんに詰め込まれても覚えきれないし、その時点で「FF14って…覚えること多すぎて大変そう…」と思わせてしまっては元も子もない。

なので聞いてくれた事を教えるだけ。疑問に思っている所を補完してあげるだけ。

僕はそういう教え方を出来るだけとるようにしている。

……まぁ戦闘とかには関係のない小技とかは教え込んだりしてるんですけどねw

ffxiv_20160505_023419.jpg

そして何より大切なのが「本人が楽しめる環境を作って上げる事」。

本人ががっつり教えてもらう事を望んでいるのなら自分に分かる事はとことん教えるし、知っていた方が得になる情報でも本人がそれを知る事を望まないなら何も言わない。

それってどうすれば分かるの?察せられるの?と思う方もいると思います。

ぶっちゃけてしまうと…



分かんないですw

もうこればっかりは察したりしてるよりも本人と直接話して聞いた方が早い!

「○○のやり方教えようか?」「これはネタバレになるから言わない方が良いかな?」相手の気持ちを考えて出来るだけ配慮した聞き方で答えを導いてあげて下さい。

ffxiv_20160505_025715.jpg

そういう環境でゲームを遊べるとぐんぐん伸びて成長していきます。

あ、ゲームプレイが上手くなるとかそういうことじゃないですよ?

みんなとゲームを楽しむのが上手になっていくのです。

ffxiv_20160505_025454.jpg

それに新しく遊び始めた人には何かを与えるだけではなく、僕達自身何かを与えてもらえる事も多いです。

それはあまりにもこの世界に慣れ過ぎていつも僕達が通り過ぎてる景色の美しさだったり、モンスターの生態だったり、音楽だったり…。

新しくこの世界に降り立った人達に感動を与えてあげて、僕達は以前感動した物に再びめぐり合わせてもらう感じですかねー。

オンラインゲームならではのいい関係性だと思います。

ffxiv_20160505_032257.jpg

行く道、来た道、違う道。

どちらも同じ道だけど振り返って歩くと景色が変わる。

これからもこの関係性は大切にしていこう。

ffxiv_20160505_030240.jpg

まずはここのFCいいな!ここで遊んでいきたいな!って思ってもらえるように一緒に楽しく遊ばないとですね!

ユーモアたっぷりのくーちゃんと遊んでいけるのが楽しみだー! 



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

間違えて拍手コメでコメ送っちゃってましたw
しっかり見てまーす!!(・ω・)b

2016/05/06 (Fri) 03:22 | そら #q7XswXQk | URL | 編集
そらちゃんへ

拍手コメも読んだ!!
ただ通知とかされないから気付かなかったらずっと見れてない事があるのが拍手コメの弱点ですな(;´・ω・)

ホームシックになったらいつでもちょこちょこ顔出してくださいな!

2016/05/06 (Fri) 15:29 | にけ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する