いつも何度でも

ffxiv_20160505_192154.jpg

最近忍者のレベル上げを頑張っている。

目標としてはミダース頭装備を装備するところまでだが、やはり2.X時代のカンストレベルである50に辿り着くのが一番身近な目標だろう。

その目標まであと少し…。

50になったらクリスタルタワーに忍者で挑んでみてどれくらい経験値もらえるようになったのか確認しよう。

カンストがレベル50だった頃はクリスタルタワーどころか50レベルのIDでも経験値が入らなかったからなんか変な感じw

レベル上げやすくなってるので嬉しいですけどね!

ffxiv_20160505_032326.jpg

レベル上げも一段落した頃、くーちゃんから声がかかった。

どうやらイフリート討伐戦のメンバーが集まらないらしいのだ。

確かに真イフリート討滅戦ならともかく一番初めのイフリート討伐戦となるとメインストーリーをおっていなければ行く人はほとんどいないだろう。

しかもくーちゃんのクラスはDPSの呪術士。余計にシャキりにくいんだろうな…。

そういう訳で僕らで人を集めてくーちゃん初の蛮神戦に挑む事になった。

ちなみに今回のお話しとはあまり関係ない小ネタですが、真より前の蛮神や敵と戦うコンテンツの呼び名は「~~討伐戦」。
それ以降の同じコンテンツの呼び名は「~~討滅戦」になっています。

ちょっとした小ネタですが友達にフフン!とどや顔をして話してみてもいいかもしれません。その後「で?」って返されたら何も言えないのでそちらのギミックにだけ気を付けましょう。

ffxiv_20160505_231400.jpg

そうして集まった勇敢なるメンバー達。

白髪(はくはつ)?銀髪?のララフェルはてんさんです。

どうやら今年の夏にFF14とコラボする妖怪ウォッチイベントの為に一応サブキャラクターであるこっちのてんさんのレベルも上げているようでした。

お陰でマンドラに滞在していたので一緒にイフリートいこう!とお誘いできたわけです。

ffxiv_20160505_231411.jpg

初めて会うてんさんを珍しそうに見るくーちゃん。

てんさん「この子が噂の新人かーw」

くーちゃん「わわわ…!」

ニケ「この人はてんさん。優しいおじいちゃんってイメージでいいと思うよwちなみにこのキャラクターはサブキャラクターだそうです」

くーちゃん「サブのおじいちゃんですね」

くーちゃんの発想と言葉のチョイスに毎度笑かしてもらってますw

ffxiv_20160505_232307.jpg

僕はこの戦いであるルールをくーちゃんに授けた。

それは戦い方を模索するというルール。

CFなんかで来た場合は他の人はイフリートの倒し方は熟知している事がほとんどで、まず負ける事はない。

でも今回は身内PT。

初の蛮神戦がどんな物であるか、何をどうすれば勝てるのか?

そのあたりを少しでもいいから自分で感じて考えてもらえればと思っての事だ。

ffxiv_20160505_232325.jpg

懐かしいな…イフリート。

僕が始めてきた時の事はもう覚えてないけど初めての大ボス!って感じでドキドキしてたような気もする。

くーちゃんは今きっとカットシーンを見て気持ちを高めているに違いない。

ffxiv_20160505_232601.jpg

シュパーン!

くーちゃんがカットシーンを見終わったタイミングで僕達を囲んでいた鎖が解ける。

1回目はヒント無しでいってみよう。

くーちゃんが狙っている敵だけを叩くんだ。

ffxiv_20160505_232804.jpg

蛮神イフリートは簡単には倒せない。

後々こう言ったギミックとは何度も付き合っていくわけだが恐らくここが初めての場所になるのではないだろうか?

そう、それがDPSチェック。

分かりやすく言い直すと目標の体力を制限時間内に一定量削りきる、または完全に削る。

そう言うギミックだ。

SSでイフリートも言っているがこの戦闘では楔というものが出現する。

それを制限時間内に壊すことが出来なければ…

ffxiv_20160505_232848.jpg

全滅する。

え、こわっ……。今でもそう思う事は度々あります。

1回目はノーヒントでいったのでやはり地獄の火炎に焼かれて全滅してしまいました。

ffxiv_20160505_232455.jpg

くーちゃん、これが蛮神だよ。

これが大ボスなんだ。一筋縄ではいかないこの敵との戦い、くーちゃんはどう考える?

でもさすがにノーヒントでは答えに辿り着き辛いだろうと思ってヒントを出そうとした時でした。

くーちゃん「あの光ってるやつを壊すです?」

……。









すごいw

なかなか楔を攻撃し始めないのを見かねててんさんが一瞬楔にマーカーを振ってはくれていたけどそれをくーちゃんは見逃してなかったのか!

僕達はFF14で敵と戦う事になれているし、戦っている相手も一度倒した相手。更に身内で来ているのだから緊張は皆無。

なのでもちろんマーカーが振られたら何の迷いもなくその敵を狙うだろう。

だけどくーちゃんはまだ若葉のついた初心者プレイヤー。

身内で来てるとは言え初めての敵だし何より大きくてめちゃ強そう。

どうしても緊張からターゲットマーカーと言った情報は見逃しがちだ。

だけどそれを見逃さずに捉えていたのか!

ffxiv_20160505_233042.jpg

それが分かっているなら後は楔が出現した時に全力で叩くのみ。

ただしただただ叩くだけでは駄目だ。

あの楔を時間内に壊さなければならない。

そうしないと超火力の攻撃が放たれてまた全滅してしまう。

ffxiv_20160505_233128.jpg

楔が来るぞ!!

ffxiv_20160505_233217.jpg

てんさんが瞬時にターゲットマーカーを楔に振る。

僕はすぐさまターゲットをイフリートから楔に移し、それと同時にくーちゃんも楔に攻撃を仕掛ける。

すずちゃんも回復が足りている時は積極的に攻撃を撃ちこんでくれていた。

楔が壊れるのが先か、壊れずにこのまま技を放たれてしまうのが先か…。

蛮神戦におけるもっとも熱く盛り上がる場面だ。

ffxiv_20160505_233242.jpg

再度放たれる地獄の火炎。

くーちゃんはどこかに逃げ場所はないかと辺りを走り回っていた。かわいかったw

さぁ…ここでもう一度全滅か!

それともこの火炎を乗り越えるのか…!




















ffxiv_20160505_233311.jpg

乗り越えたっ!!

そうだ!いつだって何度だって僕達はこんな局面に出会ってきた。

そして最後にはそれに打ち勝ってきたんだ!!後はこのままイフリートを押し切るのみ!

くーちゃんLBだ!!


















くーちゃん「あれー?」

あぁっ!そうだw魔法職のLBって発動の仕方がややこしいんだったw

最初にグラウンドターゲットっていう地面を指定するわっかが出てそれを撃ちたい地点に持って行ってもう1回ボタンをさないと発動しないもんねw

これは次LB撃つ時に練習しようw

ffxiv_20160505_233831.jpg

こうしてくーちゃんの初蛮神戦は幕を閉じた。

楔にマーカーが振られたらすぐにターゲットを変えての攻撃、お見事でした。

最後にLBの練習だ!と言う事でたまってるLBのバーをくーちゃんに使ってもらったんですが何故かコメテオが僕の頭に降り注ぎました。

くーちゃん「にけさんを狙ってみました」

…ちょっと後で話し合おうか^^

ffxiv_20160506_004232.jpg

倒し終わった後はハウスに帰ってみんなでまったり過ごしました。

久々にみんなの部屋に訪問したんですが最後の最後で大きな事件がありました。

てんさん「隣で寝てみてw」

くーちゃん少し離れたところで寝る。

てんさん「そっちじゃなくてこっちでw」

ffxiv_20160506_003749.jpg

てんさん「あー少し遠いかw」

くーちゃん「……」

ffxiv_20160506_003848.jpg

くーちゃん「えろっっっじじいです!!」

てんさん「誰がえろじじいやw」

この日一番笑いましたw



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する