くりすたるたわー

ffxiv_20160518_011029.jpg

皆の者、待たせたでござるな!

前に拙者が言っていた事を覚えているでござるか?

確か前の忍者撮影会の時に少し言及したと思うのではござるが、今一度その時の事を思い出してみようと思うでござる。

ninjasatuei1.jpg
※写真届きました。

Q クリスタルタワーの進捗はどうですか?

A 一応一通りは終わったでござる。書物にどう書き記すか悩んでいる。

これでござるな。

そう、拙者はれべるが50に到達した時点で既にくりすたるたわーに潜入しているのでござる。

ただ書物にするにはちと難しい内容でござってな。

ffxiv_20160511_010009.jpg

何せ道すがら敵をなぎ倒しているだけ故他に何もおこらん。(注:石化してます)

ffxiv_20160511_010343.jpg

しかも拙者一人での潜入任務だと思っておったら

ffxiv_20160511_010531.jpg

思いの外、中は賑わっていたでござる。

全然隠密任務ではなかった訳でござるな。

ffxiv_20160511_011209.jpg

でもお陰で強そうな敵は難なく倒せたでござる。

同志たちのお陰でござるな。

あ、もちろんくりすたるたわーの上部やその先にも登っていったでござるよ!

ffxiv_20160512_001213.jpg

これはしるくすの塔での一幕でござるな。

あ、そうそうこれも見て欲しいでござるよ!

ffxiv_20160512_001223.jpg

拙者超かっこ良く撮られているでござる!

嬉しかったからこの写真はいつも装束に入れて持ち歩いているでござる。

もっとかっこいい写真が撮れたらそっちと交換するでござる。

ffxiv_20160511_231516.jpg

極めつけは闇の世界でござるな。

なんとも禍々しい気を放つ化け物共が多い世界でござった。

ま、しかしながら拙者は早魔火裏流忍術の使い手で免許皆伝でござるからな!

ffxiv_20160511_233948.jpg

無限刀舞の術で全ての敵を屠ってきてやったでござるよ!(※正しくは月遁血祭という技名です)

ただ写真がぼやけてしまったのでこの写真は装束にはしまっていないでござる。残念でござる。

ffxiv_20160512_010445.jpg

それから少しの時が流れたでござる。

その日も拙者は自身の技の練度を上げるために修行に励んでござった。

その時大事な事を思いだしたのでござる。

ffxiv_20160513_215248.jpg

そう言えばくりすたるたわーにはお宝が眠っていると聞いたのでござった!と…。

拙者な?別にがめつい訳ではござらんよ?

1日3食50品目食べられればそれでいいでござる。

しかしでござるな、くりすたるたわーに眠っているお宝、それがとんでもないものだったのでござる。

そのお宝とは……

ffxiv_20160512_011811.jpg

伝説の忍び装束。

しかもでござるよ!今時のなうでやんぐな装束ではござらん!

古来より親しまれてきたでざいんの装束なのでござるよ!!

拙者も街にお買い物に行くときは可愛い洋服を着て出かける事もある身でござる、なうでやんぐな忍び装束もいいなと思うでござる。

ただ!

やはり早魔火裏流忍術の使い手として是非ともその伝説の装束を身に纏ってみたいのでござるよ!

あれと一緒でござる「ふぁんなら一度はしてみたい」のような感覚でござる。

あ、拙者はふぁんじゃなくて本物でござるけどね。

という事で!

ffxiv_20160513_215405.jpg

これからちょくちょくくりすたるたわーに登って伝説の忍び装束を探す旅が始まるのでござる!

拙者がどれ位苦労するのか?そして伝説の忍び装束とは一体どんなでざいんなのか?

その辺りを楽しんでもらえれば幸いでござるよ!

それでは今日のところはこれにてご免っ!

にんにんっ!!



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する