お部屋訪問!

ffxiv_20160620_015738.jpg

最近になってようやく閃くの極意の片鱗に触れたニケです。

見てください上にいる相手に対してのララフェルの閃く。







めっちゃ可愛いよね。


ffxiv_20160621_001819.jpg

この日はモーグリの蛮族クエストの友好度が上がる日だったのでいつも以上にクエスト受注場所が混んでおりました。

がやが入るくらいだったのできっと人数表示制限もかかっていたことと思います。

そんな中すずちゃんから連絡が入りました。

「部屋出来たよ」

そう、今我がFCではお部屋の改造が少しずつ流行ってきているのです。

パッチ3.3が当たってから早2週間。

追加されたコンテンツ等も一通り遊んできてその中でも自分が特にやりたかったことにさける時間が増えたのだと思います。

そう言えば少し話がそれますがある日くーちゃんがFCチャットで大きな悲鳴を上げました。

「ひいいいいいい!!」

どうしたのかと思って聞いてみると二言目には

「ぶたやろうがいるです!!」

と……。

一瞬何のことか分からなかったんですが、くーちゃんがいる場所、そしてその直後の会話からなんとなく状況が見えてきました。

お話が少し寄り道になりますが状況を説明いたしましょう。

ffxiv_20160616_223153.jpg

最近くーちゃんはお部屋を改装しているであろう人の部屋に遊びに行ってはそのレイアウトに感心したり部屋の雰囲気を楽しんだりとハウジンガーとしての力や想像力を蓄えていっています。

恐らくこの日もそんな気持ちで最近自室を手に入れたじんくんの部屋に入っていったのだと思います。














ffxiv_20160610_231829_20160621172743de7.jpg

しかし部屋の中にいたのはこの状態のじんくんでした。

しかも照明を最低まで落とした真っ暗な部屋の中にこんな状態のじんくんがいたのです。

さらにそんなじんくんがジロッとこっちを向くわけですからホラー要素満載過ぎます。

これは恐らくくーちゃんじゃなくても叫んでしまう事でしょう。

そんな衝撃から「ぶたやろう」に繋がる訳ですね。

さぁ話したかった出来事も伝えられたのですずちゃんのお部屋にいってみましょう!

ffxiv_20160621_010956.jpg

「こんばんはー!」

「ようこそ~」

入ってすぐに大きなテーブル。

そこにはパッチ3.3で育てられるようになったバラが活けてありました。その横には可愛らしいケーキスタンドがあり、後ろの棚には大きな瓶にジャムまで詰まっています。

ここに遊びに来たお客さんがほっと一息つけそうな空間がすぐ広がっているわけですね

ffxiv_20160621_011045.jpg

そして中央には大きなソファ。

ゆっくりくつろぎながらみんなで談笑するスペースなんだと思います。

しかしこのソファはただここにポンと置いてあるだけではありません。

このソファの向かいには……

ffxiv_20160621_011058.jpg

なんと専用ステージが!

後ろのスクリーンをテレビ代わりにしてここでみんなでPLLを見るのもありですし、すずちゃんがやっている様に舞台として踊ったりポーズを取るのもあり!

ステージサイドでふわふわとしたピンクの光を放っているのは今回新しく追加されたモーグリソファのぽんぽんですね。

普通のステージで留めずにかわいさも演出しているところに女子力とやらを感じます。

ffxiv_20160621_011211.jpg

こちらは自分が寝る用のベッドらしいです。

画像では少ししか写っていませんがトンベリのソファを2つ使ってベッドを挟むことでオリジナルのベッドに仕上げていました。

面白そうなベッドだったのでちょっとこの場をお借りして寝かせてもらったんですが、

ffxiv_20160621_011232.jpg

眠る僕をものすごく悪そうな顔で見守っていました。

その後何やら閃いたような表情をしたすずちゃんでしたが、











ffxiv_20160621_011302.jpg

その表情は狂気に憑りつかれていました。

ffxiv_20160621_011308.jpg

でもよく考えたらすずちゃんは実際でもこんな感じの顔で笑うこともあるので平常運転でした。

ffxiv_20160621_011028.jpg

ちなみにさっきのスクリーンですがすずちゃん曰く「画像加工にも使えそう」とのことだったので僕が使っている画像ソフトで透過してみたんですが、バックスクリーンの色が白色に近い色だった為、あらゆる色が抜けてしまいました。

画像加工に使う場合は鉄板の緑色などを使う方がいいかもしれませんね。後は後ろのスクリーンと似た色の髪色や装備は身に着けないことでしょうか。

逆に顔だけ切り抜いてどこかに合成したい場合は髪の色を揃えると楽に切り抜けそうな気もします。

ただこのまま何もなしで終わるのもつまらないなと思ったのでこのスクリーンは関係なしに画像を加工してきました。











ffxiv_20160621_011302 kakou

カプチーノに描くとかなり狂気感はなくなりました。

いい感じです。

ffxiv_20160621_014708.jpg

そんなこんなで今回のお部屋訪問はおしまいです。

僕も自分の部屋改装したいなぁー!

ただ案が全然浮かんでないのでまずはそこからになりそうですw

ではではまた次回!



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する