「ひとりぼっち惑星」にいけない

ffxiv_20160701_001559.jpg

ツイッターのTL上でも最近よく見かける「ひとりぼっち惑星」というアプリ。

人がいなくなった惑星でひとりぼっちの生き物が空からの声を探すために壊れた機械の部品を集めアンテナを大きくしていく、アンテナを大きくすればするほど物語が進んでいき、最終的にはこのアプリで遊んでいる不特定のユーザーが発信した言葉を受信できるようになる。いわゆるボトルメールがくるのを楽しみに待つようなゲーム、そんな印象を受けました。

僕こういう感じの物大好きでしてw

さっそく始めてみましたー!っていう記事とか書いてみたいんですがそれはままなりません。

なぜなら僕は未だガラケーだからです。

「ファイナルファンタジー レコードキーパー」
「ファイナルファンタジーグランドマスターズ」
「ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス」
「星のドラゴンクエスト」
「Miitomo」
「サムライ ライジング」


こういったアプリがやってみたいけど未だ出来ず……と言った感じです。

もしかしたらガラケーでも遊べたりPCがあるならプレイできるよ!と言ったものもあるかもしれませんが僕はスマホでこれらを遊んでみたいのです。

FF14やってる時のシャキ待ちに少し、電車に揺られている時に少し、待ち合わせ場所で待っているときに少し。

そんな生活に憧れますがスマホをゲットしてネットにつながるまでは「ひとりぼっちの惑星にすら到達できないのです」。

ffxiv_20160629_012550.jpg

どうしてそんなに「ひとりぼっち惑星」で遊びたいかですが、一番はボトルメールのような事が手軽に出来るところですね。

自分の愚痴でも、考えたストーリーでも、美味しかったご飯の話、好きなゲームの宣伝でもいい。

それを決まった相手が読むのではなく全く知りもしない誰かに向かって送る。

その言葉を受け取った人と交流することはほぼ不可能に近いし、その人とボトルの交換を後々し合える訳でもない。

なんだかこのアプリの世界観と相まって非常に哀愁が漂い、物悲しくも癒されるような不思議な感じ。

その世界に浸かりつつ自分の作ったオリジナルストーリーを発信してみたいんです。

ffxiv_20160629_012404.jpg

ご存知の通り僕はブログを書いています。

それは書くことが好きだからです。

自分で文章を考えてそれを完成させて誰かに見てもらう。それら一連の流れがとても好きです。

学生の時なんかは友達と一緒に1つの物語をリレー形式で書いていって完結させたりしましたねw
完結までに多分2年くらいかかったと思うんですがすっごい楽しかったw

「ひとりぼっち惑星」ではそういう『物語を作って完結させる』という事が好きな時、短い時間で出来そうなのでプレイしてみたかったんですが、最初に言った通り僕の携帯はガラケーなのです。

またアプリだよ……みんな楽しそうにしてて羨ましいぜ…!

そう思った時に1つ案が浮かびました。

ffxiv_20160629_011412.jpg

ブログ上でやればいいじゃないか。



そう、僕はどちらかと言うと「ひとりぼっち惑星」がやりたいのではなくそれと似たようなことがやりたい訳です。(それに加えてアプリで遊べれば最高なわけですがw)

実は常々何か物語を書いてそれらを不定期にここにアップするのもいいなとは思っていたんですが、僕結構さぼる癖があるのでほぼ完成した状態からじゃないと自作のストーリーをアップしていく自信がなかったんですw

だけど「ひとりぼっち惑星」感覚で短編のストーリーを上げていくのであれば出来そうだなと。

もちろん「ひとりぼっち惑星」でも結構長編のお話を書かれている方もいますので全て短編と言う訳ではないんですけどねw

後は忙しいけど短めの記事とか書いてアップしたい!ってなった時も相性が良さそうだとも思いました。

ffxiv_20160629_011051.jpg

という事でそんな感じの記事カテゴリーを設けたいと思います。

いきなり完全創作のお話をここにアップしていくと日々当ブログに訪れてくれている方たちもそうですが、何より僕自身どうしていけばいいか困惑しちゃいそうなのでまずはFF14絡みでやっていければいいなと思ってます。

あ、これはここに書いていっても大丈夫な感じかな?と思ったら何かしらここで書き始めるかもしれませんし、別のサイトとかで書いてこっちにリンクを貼ったりするかもしれません。

ffxiv_20160629_005722.jpg

「FF14秘話」なんて感じでカテゴリー分けしようと思ってるんですがイシュさんの「新生秘話」(リンクから飛べますので是非どうぞ) とすごい被ってしまいそうなのでどうしたものかと考え中ですw

とりあえず有言実行した方が企画の進みは早くなるので早速明日新カテゴリーで記事をアップしてみますね。

ffxiv_20160628_031529.jpg

恐らく1話ごとの進みは非常に短くたくさんの回数アップしていくことで物語が完結するような物になると思うので「お、今日は読み物系の記事だから腰を据えて読むぞ!」と言うよりは「あ、今日はぷち記事だな!1、2分でさらっと読めるやつだから寝る前だけど読んじゃおう!」というスタンスが基本になるかと思います。

まだ始めてもいないので今後どうなっていくかは分かりませんが生暖かい目で見守ってもらえれば幸いですw

とりあえずは明日書いてみてですねーw自分でも納得がいくお話作りを頑張ってみたいと思います!

それではまた明日ー!



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する