幸せみっけ

ffxiv_20160703_234410.jpg

PSO2をやってからFF14の世界に戻ってくると思う事がある。

この世界が好きだ。

それはPSO2がキライだと言う訳ではない。全くない。

はっきり言ってPSO2の世界は僕は好きだ。FF14とは全く違うスペースファンタジーな世界、極端に言ってしまえばスターウォーズな世界だろうか。あの感じや雰囲気はPSO2というタイトルにしか絶対出せない。

そんな世界からFF14の世界に戻ってきたときになぜ改めてここが好きだと思うのか。

それは仲間がいるから。

この広大な世界を一緒に飛び回る仲間。

装備や家具を一緒に作ってくれる仲間。

わいわい遊べるようなコンテンツからトライ&エラーを繰り返してようやくクリアになる難しいコンテンツにも一緒に挑んでくれる仲間。

FF14の世界にはそういう仲間が数多くいる。

何度も言いますがPSO2じゃそんな仲間が出来ないって事じゃありません。

FF14にそんな素敵な仲間が数多くいるのは僕がこの世界で長く生きて、そしてそんな仲間を増やすために駆け回った時期があったからこそです。

自分から何もせず、踏み込まずに生きていたんだとしたらFF14でもこんなに素敵な仲間と出会うことはなかったでしょう。

ffxiv_20160703_234417.jpg

最近そんな感じの事を何度も思い、そしてその度に現状を強く噛みしめています。

自分がオンラインゲームで遊んでいく上での「幸せを見つけたなぁ」と。

「幸せ」なんていう影も形もなくとても虚ろなものを求めるのは人によっては滑稽に映るかもしれませんが正直人にどう思われるかなんてどうでもいい。

自分がどう思って何を感じているのか、人に言われた位で揺らぐものなのか?

人からの意見なんて関係ない、自分の中でこうなんだ、だからこうするんだ、その先に成功や失敗が待っているかは関係ない。

こうしたいからこうしてるんだ。

そういうものを実は最近心に持てるようになってきました。

いや、以前から持ってはいたもののいつのまにか小さくなっていたそれを再び見つけ出して灯をともしたような感じでしょうか。

ffxiv_20160701_235251.jpg

苦しみや恐怖、怠惰、怒り、嘆き。

笑顔、明るさ、温かさ、絆。

改めてこれらは何かを考えました。恐らくそれら全てを感じるという事が「生きる」という事なんでしょう。

これらを感じられなくなる事が「死ぬ」という事になるかは分かりませんが…。



何を持ってマイナスというのかにもよりますが恐らく苦しみなどの気持ちや出来事を「負」

明るさ温かさ等の心が晴れ渡るような気持ちを「正」と世の中では呼んでいると思います。

未だにハッキリした答えは見つかっていませんがこの「負」と呼ばれるものは何故か蓄積しやすいですね。

「正」はたまったと思った瞬間から吹いては抜ける風のようにどこかに流れていきますが、「負」はその性質自体がまるで違うのでしょう。

「正」が風なら「負」は沼かもしれません。

初めは足元にちょっと汚い泥があるだけですがそれが積み重なり量が増えると次第に沼が広がりそれに足を取られ転んでしまう。

積み重なって出来た沼は広く、深く、もがこうがもがかまいがそこに倒れた体はゆっくりと確実に自分を飲み込んでいく。

僕らにその沼から抜け出す知識はほとんどありませんし、沼の種類によっても脱出方法が全然違うので一概にこうすれば抜け出られる、助かるといった方法がないのです。

やっかいですね。

ffxiv_20160604_173432.jpg

幸いなことに僕はその沼から少し這い出てくることが出来ました。

しかもかなり強引な方法でw

なんて言ったらいいんでしょう。

沼の大きさも広さも何一つ変わってないのに。いや変わっていないからこそ「なんでいつまでたっても深くて広いままなんだよ!!ふざけんな!!」と言わば怒りにも似たものを燃料にして起き上がった気がします。

そして立ち上がりつつある僕は沼に向かって大きく叫びます。

「人を絡み取るのが上手いからっていい気になるなよ?それだけで一生人を絡み取り続けられると思うなよ?何度沈めても僕はいつか抜け出るぞ。沈むために生きてるわけじゃないんだから」

その瞬間僕を中心に強い風が吹き抜けて一時とは言え広大で深くなった沼は乾いて固まったんだと思います。

ただし油断をすればすぐさま沼はまた絡み取りにかかります。

僕はどうにかそれらに深く沈まないようにだけど強く地面を踏んで蹴とばして歩いたり走って行きたいなと思います。

ffxiv_20160608_041242.jpg

7月は僕の誕生月なのですが何となくタイミングもいいのでその辺りでブログの事ももう少し考えてみようと思ってます。

結局「出来るだけ更新」というのは自分に頼り切りな方法なので自分が出来なくなるまで更新することとあんまり変わらないですからねw

実生活>>>自分がゲームで遊ぶ時間=みんなとも遊ぶ時間>>>ブログを書くこと。

これ位に出来ないようじゃ僕が見つけた幸せの灯は一瞬で吹き消えそうです。

毎日更新することがその灯を消すことに繋がるのであれば不定期更新にしますし、不定期でも灯が消えるのであれば消えなくなるまでは更新は凍結ですね。





まぁそんなこんなで色々考えて色々言いましたがとりあえず今日は暇で時間あるし……

ffxiv_20160627_002420.jpg

ゲームして遊ぼうw



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しました!記事良かったよーって時は良ければぽちりとしてみて下さい!


コメント

きたよー!

ここではお久しぶりなエウリーですっ

にけちゃんのおかげでエウリーも沼から抜け出せましたー!
本当にいつもありがとうです!

にけちゃんが苦しくなったら、エウリーがいつでもお話聞きに行くからねっ!
逢いに行けるのがFF14のいいところ!
だから苦しくなった時、もしも相談できる人がいなかったらいつでも言ってね!
まあ、エウリーはいつでも勝手に突撃しますけどもー!w

それじゃまた、中でお逢いしましょー♪

2016/07/06 (Wed) 20:47 | エウリー #- | URL | 編集
えうりーさんへ

ブログの方ではお久しぶりですなーw
ちょこちょこゲーム内でお会いしてるので不思議な感じですがw

おぉ!少しでも沼から抜け出せたのなら良かったー!
気づかない内にはまっていくのに沈み込んでいくのには気づけて、でもそこから抜け出す方法が分からないというのはなんとも恐ろしい事だと改めて思いました。
なんか言葉にするとなぞなぞみたいですねw

幸い自力で脱出とも言い難い方法でですが抜け出てこれたので大丈夫です!ありがとう!
またゲーム内で会いませう!!

2016/07/07 (Thu) 22:00 | にけ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する