マハの棺

ffxiv_20160702_000516.jpg

ある日の事だった。

モーグリ族の蛮族クエストをせっせかといつものようにこなし僕はおうちに帰ることにした。

おうちに帰ったらだいたい誰かがいる。

特に何を話すわけでもなくても誰かがいると安心する。

そんな安らぎを求めて僕は家に帰ったのだ。

ffxiv_20160702_001338.jpg

驚愕した。

なぜなら安らぎを求めて帰った家にあったのは

ffxiv_20160702_001351.jpg

棺だったのだから。

しかも極モーグリソファの真後ろに完備されている。おうちの中のカオス成分は120%だ。

ffxiv_20160702_001414.jpg

入ってみた。



ちょっと飛び出た。





寝転んでみた。






ffxiv_20160702_001613.jpg

あ…。







ffxiv_20160702_001619.jpg

可愛い。




カメラをくるくる回してるとなんと寝ている背中側からもニケちゃんを撮影する事が出来ることが判明。

ffxiv_20160702_001953.jpg

やっぱ可愛い。

我が家に愛ララフェルが来てくれたら何事もすごく頑張れそうなくらい可愛い。

ffxiv_20160702_002106.jpg

ちなみに起きても可愛いです。

ダメだ、棺の話になってから可愛いしか言ってない。

何か…何か別の事を言おう…。

ffxiv_20160702_011812.jpg

そうだえうりーさんだ。

えうりーさんが来た時も確か棺に入っていたはずだ…。

その時のSSを探し出してあの時の記憶を呼び覚ますんだ。

ffxiv_20160702_012114.jpg

世界一美しいポージングを決めて棺に入るえうりーさん。

ffxiv_20160702_012117.jpg

そして共に倒れるパイッサ…。

思い出した。そんな2人に僕が送った可愛い以外の言葉、それは…

ffxiv_20160702_012129.jpg

アーメン。(使用用途は間違ってると思いますw)

ffxiv_20160702_012656.jpg

落ちが弱かったなぁと思いながら今日の記事はここまでにしますw

ちょっとお仕事関係でばたばたしてしっかりと記事を書く時間が取れなかったー!w

ではではまた次回!



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する