紅蓮祭2016

ffxiv_20160805_235341.jpg

いやっふううううううう!!!

今年もやってきたぜ!!この時期がなぁ!!!

ffxiv_20160806_000640.jpg

と言う訳でログインしてFCのみんなと極ビスマルクで鳥をゲットしようの会を終えたFCさまほり一同はシーズナルイベント受注場所のリムサ・ロミンサにやってきました。

え、鳥はゲット出来たのかって?

出来ましたよ!!
デバフくっついて最後の最後でぺろ~と床のテイスティングをした僕が鳥を頂きました!

ごめんね!でもありがとう!そしてやったぜ!!

みんなからは「いけにえ」を捧げたからゲットできたとか「にえまーち」とか言われましたw

ffxiv_20160806_001552.jpg

リムサでクエストを受けたら次はコスタ・デル・ソルです。

現地に赴く前にくーちゃんがすぴかさんにりんご飴をねだっておりましたw

「りんご飴ではないけどこれで…w」

と言って目の前でささっとかき氷を作って全員に手渡してくれるすぴかさんがかっこよかったw

ffxiv_20160806_002716.jpg

そして現地入り。

あいにくの雨でしたが指定された地点で少し待っていました。

すると!

ffxiv_20160806_002724.jpg

どこからともなく野太い声が響き渡りました。

ffxiv_20160806_002727.jpg

はぁ?って感じであっけに取られてるニケが可愛いw

依頼を受けた手前半分は仕事と思ってきてるんでしょうけど半分は紅蓮祭で遊びた~い!って気持ちなんでしょうねw

ffxiv_20160806_002729.jpg

だからこんな顔になっちゃうw

今までの冒険の中でもっとびっくりする事あったろうにそれらを上回る驚きに出会ったかのような表情。

ffxiv_20160806_002738.jpg

もう表情が元に戻らないw

ヒーローショーとかを見に行った小さい子たちはみんなこんな表情になってますねw

ffxiv_20160806_002807.jpg

そして爆発とともに登場する火消しの戦士。

ヒーローもので爆発の演出は様式美ですからね、しっかりバッチリ決まっておりましたw

ffxiv_20160806_002825.jpg

そんなナイスな演出で登場した火消しの戦士たちをフォローするのが今回の僕たちの役目のようです。

という事でさっそくクエストを進めていくと

ffxiv_20160806_003300.jpg

「また会えるなんて、夢みたいだ!!」というルガディンがおりました。

また…会える…?んーどこでこの人と会ったんだろう?

そう思ってると彼の方から自己紹介がありました。俺は去年あんたにあった海賊だ、と。

海賊……。

あーーーーーーっ!!!

ffxiv_20150814_002415.jpg

あんたあん時のーーーーー!!!

去年のイベントをこなした上で今年彼にあって「え、誰だこの人」と思った方も少なからずいると思います。

シーズナルイベントの1イベントシーンだしなーと。

ただ去年のイベントに実は僕胸を打たれてまして。

ffxiv_20150814_002433.jpg

彼こんなこと言うんですよ。

海賊家業の俺でも頑張れば偉大な英雄みたいになれるのか?って。

ffxiv_20150814_002438.jpg

それに対して僕らが選択できるのはこの2つの選択肢。

去年シーズナルイベントを遊んだ皆さんはどちらを選ばれたのでしょうか?

僕はすごく悩んだうえで「やってみないとわからない!」を選びました。

何事もやってみないと分からない、結果が成功で終わるか失敗で終わるのか動き出さなきゃ分からない。

だけどふとした時に気づくはず。結果を追って歩き出した道の途中、たくさんの人や物事に出会って悩んだり迷ったりしながらそれでも突き進んだ道のりこそが大切なんだと。

恐らく「やってみないとわからない!」というこの言葉は彼にかけたものでもあるし、自分にかけた言葉でもあるんだろうな。

だからこそ去年のシーズナルイベントには心打たれ、遊び終わった後に前向きな気持ちになったんだ。

ffxiv_20160806_012019.jpg

今年のイベント内容ですが実は遊ぶ前からツイッターに目を通していたので若干情報を得ておりました。

そして何やら大荒れの様子なのも聞いておりました。

ffxiv_20160806_003653.jpg

問題になっていたのはシーズナルクエストの1つ、ボムを弱らせて捕まえてこいという物です。

問題を引き起こした原因だけまとめると、


◆ボムはFATE等ではなく一定時間ごとに湧く(出現するモンスターの数は現状集まった人達より圧倒的に少ない)

◆捕獲するには体力を半分減らしてアイテム使用が必要

◆FA、つまり最初に殴った人しかボムの捕獲が出来ない



こんなところでしょうか。

シーズナルイベント実装初日なんかはみんながお祭りを楽しむために現地に集まる訳です。

そのクエストの一環にモンスターの捕獲を組み込むと当然たくさんの人が捕獲対象のモンスターに群がることになります。

更にFA(ファーストアタック)を仕掛けた人にしか捕獲の権利がなく、倒してしまうと湧くのを待たないとダメとなるとどうしてもみんなが協力して順番に敵を弱らせて捕獲するしかないのです。

少し前の記事でも書きましたがゲーム内外問わず誰かにかばんを持たせたい人、自分の目先の利益だけを優先したい人は一定数います。

そんな人達が同じ場所に集まれば我こそはとモンスターに群がり、いっぺんに攻撃を仕掛けた事でモンスターが倒れてしまい誰もモンスターを捕獲できないなんて事になるのは目に見えています。

ffxiv_20160806_003854.jpg

正直な話、すごく不安になってしまった。

ブログと言う形で気持ちを発信している以上あまりマイナスな事を言ってはいけないとは思っているんですがそれでも言いたくなってしまった。

このイベント、本当に事前にチェックしたの?って。

ffxiv_20160806_010149.jpg

ありがたい事にマンドラゴラにはモンスター発生地点で声かけをしてくださっている人たちがいました。

列を作ってそれに並び、順番が来た人がモンスターを捕獲して次の人へ。

しかも列に並んでない人はモンスターを捕獲できない、なんて事にならないようにモンスターが湧く一部のエリアだけを魔導アーマーで取り囲むという徹底ぶり。

そのお陰で円の場外で湧いた敵を取り合って遊ぶ人たちと順番を守って円の中の敵を捕獲するグループが作られてしっかりと住み訳がされていました。

ffxiv_20160806_010928.jpg

ほんとかっこ良かったです。

みんなが楽しく遊べるようにユーザー同士が協力できるマンドラゴラが故郷で良かったなって心から思いました。

ffxiv_20160806_012350.jpg

ただそれはそういった行動を起こしてくれる人たちがいたからこそ成り立ったもの。

そういう人達ありきでコンテンツを作るのがダメとは言いませんがそういう人達が現れない限りそのコンテンツがずっとカオスなままでクリアが不可だ、という作りにしてはいけないと思います。

やるならやるでコンテンツ内での住み訳が必要って事ですね。

ffxiv_20160806_013601.jpg

やってみないとわからない!

そして今回やってみて分かったことがプレイヤー、開発陣両方にあったと思います。

プレイヤーの意見を受けてのクエスト内容の修正も週明けには入るみたいですね。

ffxiv_20160806_014148.jpg

スタートはちょっとあれでしたがもちろん今年の紅蓮祭も楽しいですよ。

でも来年の紅蓮祭はもっと楽しくなるに違いないって信じてます。

去年の海賊が今年大きく変わっていたように、来年の紅蓮祭の変化が今から楽しみです!

ffxiv_20160806_023215.jpg

しんみり終了ムードにさせてしまいましたがまだ夏もイベントも始まったばかり!!

追加されたエモートがもんげーイイ出来なので今年の夏はこのエモートで盛り上がろうと思いますw

ではではまた次回!



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する