パッチを楽しむ方法

ffxiv_20160925_011916.jpg

もうパッチ3.4が明後日ですって!

なんかちょっと前まではまだまだ先の事のように思っていたのにもうすぐこの世界がまた広がるのかぁ。

さてさて今回はパッチを楽しむ方法と言うタイトルで記事を書いていきますが、楽しむ方法を具体的に提示すると言うよりは楽しむ上でやってはいけないと僕が個人的に思っている事をご紹介します。

ffxiv_20160925_002351.jpg

さぁパッチ3.4が始まった!

メインストーリー、討滅戦、アパルトメント、etc…。

楽しみにしていたコンテンツにみんな一目散に走り出していくでしょう。見ていてとても楽しい光景です。

当日は絶対に僕も走っています。サーバーかデータセンターが落ちない限りはw

ffxiv_20160920_223846.jpg

それから数日してパッチ3.4で追加されたコンテンツにも一通り触ってみんな落ち着き始めます。

やりたいことはまだまだあるけどとりあえず一段落ついた、そんな時期ですね。

ffxiv_20160920_225225.jpg

で、一段落つくとみんな平常運転に戻ってきます。

この辺りで多くの人が新しく追加されたトークン、聖典をカンストさせることを目指すでしょう。

新しくて強い装備欲しいですもんね!

強さだけじゃなくて見た目が気に入ったから!という理由で装備を集める人もいるはずです。

ffxiv_20160918_230947.jpg

最初はとても楽しい。

パッチが当たった直後で色々遊んで遊び疲れが出るとは言え、やりたい事をやれている訳だからゲーマーにとってこれほど嬉しい日はないでしょう。

トークンを集めるのだって最初の週は新しいIDに2つ挑戦しているのなら大して大変だと思わないはず。

たしか新コンテンツのクロの空想帳でも新トークンは手に入ったはずなので、それから少しの間は特に楽しくないなんて感じないはずです。

ffxiv_20160918_230911.jpg

しかしパッチが当たって2、3週位すると急によく分からないけどゲームにインしなくてもいいか…みたいに思う日が出てくる事があります。

「とりあえず今週分のトークンは貯めたし、まぁ…」

それがいつしか、

「うわ…今日月曜日なのにまだトークンカンストしてないやん…集めなあかんのかぁ…」

そして最後に、

「トークン集めるのめんどくさいし毎回同じことやるならもういいや、やめよう…」

そんな風に思う日も来ることでしょう。

しんどかったり他にやりたい事があるのに、それを我慢してまでトークンを集めるのは最早ゲームを楽しめていません。またやりたくなる日までFF14は休止しておく、それで大いに結構だと思います。

という事で僕から言える事はこの一言、

ffxiv_20160924_234729.jpg

何のためにゲームやってますか?

パッチが当たった当日の事を思い出してください。

その日あなたはキラキラした目で、あるいは興奮した面持ちでゲームにインしてきたのではないでしょうか?

それはどうしてだったでしょうか。

そう、パッチが当たって遊んでみたいコンテンツが追加されたからです。

つまり、遊びたいから遊んでいたはず。

決してトークンを集めたくてゲームにインした訳ではないでしょう。

ffxiv_20160918_000046.jpg

もちろんこれはトークンに限ったことではありません。

討滅戦にしろ、アパルトメントにしろ「やりたい」「やらなきゃ」に変わった時点で危険信号です。

ffxiv_20151111_021740_2016092519375211a.jpg

FF14は新しく追加されたトークン装備を全部揃えないとゲームが遊べないなんてゲームデザインではありません。

エキルレでとれる装備でも十分ILは上げれますし、ギルがあるなら新式装備を買ってしまってもよいのです。

つまりゲームを最大限に遊ぶためにトークンを毎週カンストさせるという選択肢は実はないのです。

毎週上限いっぱいにトークンを集めてる人の目的は「高難度コンテンツに挑戦したい」「装備の見た目が気に入ってるから揃えたい」位じゃないかなぁと思っています。

ffxiv_20160906_023445.jpg

ただたま~にやたらとトークンは集めるもの!としつこく言ってくる人もいます。

装備のILをギルとかかけずに上げたいんだ!どうしたらいいの!!

と言った質問に対しての回答が「じゃあトークン装備かエキルレで装備集めよう」であればその通りです。

が、集めたいと特に思っていない人に対して「どうせ最終的に集めることになる」「今集めた方が後々楽」と言った言い分は通りません。

もしそういう状況になったら「自分は自分のペースでやりたいんだ」とスッパリ言った方がいいです。

多分そういう人達は言わないと分かってくれません。

少なくとも僕はスッパリという事で切り抜けてきた場面が何度かありました。

ffxiv_20160906_024100.jpg

ゲームを楽しくない物にする最大の敵は恐らく自分。

そのトークンは本当に必要だったのか、そのコンテンツで、ゲームで遊び続ける事が今楽しいと思えているのか、本当は他にやりたい事があるんじゃなかろうか?

渋々やってると何やったって楽しくありません。

ゲームは仕事ではないのでぱっとやめてぱっと再開することが出来ます。

楽しいゲームライフを送る為にも気付かぬうちに縛りプレイになっていないかどうか、疲れてきたら確かめてみましょう。

ffxiv_20160925_000846.jpg

という事で「やりたい」「やらなきゃいけない」になってないかに気を付けつつ、パッチ3.4を楽しく遊びましょう!

とりあえず当日僕は冒険者小隊とクロの空想帳を即行で開けに行くと思いますw

クロちゃんのSSいっぱい撮ってやるぜ!!へへいへい!!



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しました!記事良かったよーって時は良ければぽちりとしてみて下さい!


コメント

コメント失礼します

オンゲをしているといつの間にか日課や週課に追われて
いつの間にかゲームが仕事のようになっている。

『やりたい』が『やらなければ』になる。
なんだかとても良くわかる(´-ω-`)
皆のあるあるですね。

私はマイペースにFFを楽しんでいきたいなぁ。
今はとってもとっても楽しい初心者ライフの真っ最中(*´ω`*)

2016/09/27 (Tue) 09:31 | サンちゃ #- | URL | 編集
サンちゃさんへ

『いつの間にかゲームが仕事の様になっている』
本当に自分が気づかない内にやりたい→やらねば、に変わってしまってますよね。

とってもとっても楽しい初心者ライフの真っ最中とのことなので是非その気持ちを大切にゲームをプレイして下さい!
僕も楽しいが一番だと思うので「やらねば」にならないように今後もゲームを遊んでいこうと思います!

2016/09/27 (Tue) 14:59 | にけ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する