水槽とララフェルサイズの家具

ffxiv_20160928_025936.jpg

今日でパッチ3.4が始まって8日目!

トークンやら何やらがリセットされてまたたくさんの人がコンテンツに出掛けていく事でしょう。

そんな戦闘コンテンツ日和な今日ですが、ハウジングの話をしていきたいと思います。

ffxiv_20160928_031252.jpg

パッチ3.4が始まった9月27日、そこから3時間ほどたった9月28日の夜中3時ごろに我が家にめちゃでかい水槽が設置されました。

作ってくれたのは我がFCの筆頭クラフターのすぴかさんです。

出来上がった大きな大きな水槽をすぴかさんから手渡されたときは「ぼ、僕が設置しても良いのだろうか…」とちょっと戸惑いましたw

高いんですよ!この水槽!w

ffxiv_20160928_030042.jpg

あまりの水槽の値段の高さに現実を直視できず顔を覆うじんくん。嘘です。

本当は新しいカメラ機能で遊んでたらいい感じにじんくんが顔を覆っていたので時を止めて撮影しただけです。

ffxiv_20160928_031314.jpg

設置してまず驚いたのはもちろんその大きさですが、立て続けに驚かせられたのがこのガラス部分の反射。

ゲームを開発するという知識は全くありませんが、多分ここを適当に「色が付いた透明の壁」とかで作ってしまおうと思えば少しは作るのが楽になると思うんですよ。

だけどそれじゃあガラスじゃねぇだろう!と!

そういうこだわりがあるからこその反射するガラスなんだろうなぁ。

今出来る事のそのまた先にチャレンジしながらゲームを作り上げていく姿勢は本当に素敵だしかっこいいですね!

ffxiv_20160928_031339.jpg

家具に向かって走り込んで判定をなくして水槽の中にも入ってみました。

ちゃんと水槽の中に入った色合いになるのもすごいですよねw

水槽の下部分に台とか設けてやればもっと自然に中に入れそうw

ffxiv_20160928_032005.jpg

とりあえず何も入ってないと寂しい!という事でじんくんが水槽の中に銅魚を入れてくれました。

今まではこの魚のデータがなかったので釣った魚を実際にゲーム内で見る、という事が出来なかったのですが、今回釣った魚を観賞用に入れておく水槽が実装された事でアイコンだけでなく物として泳いでいる姿を見れるようになりました。

ffxiv_20160928_032122.jpg

こちらは水槽の内側から僕たちを見たSS。

水槽の中の魚たちの視点とも言えますね!

水槽のガラス部分には壁のように視線を遮る判定はないので上手にSSを撮ると魚たちが宙を浮いているようなSSが撮れたりもします。

ffxiv_20160928_032103.jpg

タイミングさえ合えば水槽の外側から見るよりもアップで小さい魚を撮影できるので小さい魚たちをもっと近くで見たい!!という方は練習してみると幸せになるかもしれません。

それにしもここまでアップにして粗い作りがないのはすごい。

ffxiv_20160928_031444.jpg

今後はここにもっと飾り付けをしていったり、誰かが釣ってきた色々な魚が入ると思うとワクワクしますね!

水槽に入れる魚を求めてみんなで釣り大会をするなんてのも楽しそうw

でっかい魚が釣れたら観賞用にして、余った魚は調理して食べるんでしょうね。

同族を貪る飼い主を睨みつけながら大きな魚が泳ぎまわる画は食物連鎖の図を表しているようです。ちょっとこわいね。

ffxiv_20160928_042455.jpg

さて、タイトルにもあるララフェルサイズの家具の話しへとまいりましょう。

今年の8月27日に行われたFF14 3周年記念14時間生放送。

今年も『FF14で遊んでいて、なおかつ14に関わる何らかの活動をしている方々(プレイヤー)』がその記念すべき場所へと招かれました。

そしてそこへ招かれた人達に与えられる座談会の時間。

ツイッターで「座談会で聞いてきて欲しい事があれば連絡ください!」とお便りを募る方などもいらっしゃいました。そんな光景を見ながら「あぁFF14ももうすぐ3年になるのかぁ…」と僕は感慨にふけっていました。開発・運営とかじゃないんですけどねw

それだけこのゲームに思い入れがあるという事です。

ffxiv_20160826_023855.jpg

その場に招かれたプレイヤーの中には仲良くさせてもらっているブログ仲間の方もいたりしてちょっと羨ましいなと思いつつ、僕がこれ聞いてきて欲しい!とお願いするときっと聞いてきてくれてしまうだろうから(それだけ僕の周りの人たちは優しい方なのです)僕は静かに放送当日を待とう、そう思っていました。

ffxiv_20160907_233252.jpg

そんな時にとろんちゃんからツイッターでDMを頂きまして!

もし何か聞いてきて欲しい事があったら教えてください。と!

他の方の質問数を減らすまいと静観していた僕でしたが、会場に行くとろんちゃんから直接DMを頂けたとあっちゃあ話しは別だなとw

という事で聞いてきて頂きました。

僕がとろんちゃんに託した質問こそ…!

ffxiv_20160722_002916_20161004191255573.jpg

既存家具を含め、家具の拡大縮小機能とかつきませんか?

でした。

あるじゃないですか、ララが使うにしては大きすぎる家具とか!

逆にルガが使うには小さい家具もあるし、何より家具の拡大縮小が出来るようになれば同じ家具でも色々な表現が出来ると思いまして。

ちょっと無理そうな質問ながらもとろんちゃんに託してみました。

そしてそのお返事を随分前に頂いたのでそろそろここで公開しようと思います。

とろんちゃんからは吉田Pからはオフレコとは言われてないからブログで書いても大丈夫のはず、とのお言葉は頂いていますが、もしも!もしも書いてはいけない内容だった場合は

吉田P「だって にけだもんさんは喋り過ぎたようだ。これは吉々(よしよし)するしかない」

とこの世界の神から究極履行を放たれてなんか想像もつかないような事になるかもしれません。

大丈夫だとは思いますけどね!w


で!


僕がとろんちゃんから教えてもらった質問への返答を書いていきますとですね。

ffxiv_20160907_232344.jpg

ハウジングの家具は2種類の設定から出来ていて、1つは家具そのもの。
これはポリゴンと言うか、キャラクターと同じように作られているので大きさの変更は可能。


そしてもう1つが座ったり寝たりする時に我々が干渉する部分。

吉田Pは透明な箱をイメージしてくださいと言ったそうです。

この2つが合わさって家具を作っているらしいのですが、箱の方のサイズを任意で変更するのは極めて難しいとのこと。


なのでプレイヤーによる家具のサイズ変更はちょっと大変です…。

と言った回答を頂きました。

ffxiv_20160928_042555.jpg

難しい技術だから実装されていないんだろうなとは思っていましたがやはりこのお願いを叶えてもらうのは厳しそう。

作るのも大変であればバグとかもすごいんでしょうね…。詳しい事は分かりませんが、大変そうな事だけは想像できました。

ただこの話しにはまだ続きがありまして!

ffxiv_20160907_232946.jpg

なので、ララフェルサイズの家具が欲しいという事であれば初めからララフェルサイズの家具を作った方が開発的にはイイので、フォーラム、ブログなどで意見がたくさん出れば実装されるかもしれません。

との事でした。

実際にフォーラムで「こうして欲しい!」という声が上がって実装されたものがたくさんあるのでとても頷けますね!

たしか水槽の実装もフォーラムで上がった声を元に進行していったものだったと思います。

本当に欲しいものならどこかしらでその意思を発信して下さいね!という事ですね。

その一番の近道がフォーラムでの意見の発信だと思います。

ffxiv_20160928_040241.jpg

それにしてもララフェルサイズの家具かぁ。

実際に実装されたらどうなるのかなぁ。

ララフェルの足が床につくような椅子とかが出来上がるのかな?

ララサイズのベッドとかめっちゃ可愛いんでしょうねw

でもそのサイズで他の種族が寝るとベッドを突き抜けてしまう事に……。

想像しただけでも作るのが困難な気がしますが、小さいサイズの家具が並ぶハウジングも見てみたい気がしますw

ffxiv_20160928_032112.jpg

パッチが当たる度にどんどんと増えていく新しいもの達。

そう言ったものの今後に自分たちの要望が取り入れられるかもしれない。

FF14チームの素晴らしいところでもあり、オンラインゲームの可能性でもありますね!

とりあえず欲しいものはフォーラムで!

一番近道で、だけど忘れがちな方法を改めて教えてもらったニケでした!



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しました!記事良かったよーって時は良ければぽちりとしてみて下さい!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する