ディープ愛

ffxiv_20161007_045128.jpg

私はディープアイの愛。

愛ちゃんて呼んでくれていいわ。


ffxiv_20161007_045431.jpg

私達は今深刻な問題を抱えているの。

ffxiv_20161007_045449.jpg

涙狩り。

私達はそう呼んでいるわ。

私達は目を見開いたまま絶命した生物を依代に誕生したと言われているの。

本当かどうかは分からないわ。

ただそうして目を依代とした私達が流す涙はこの世界で重宝されているって聞いたの。

○○の錬金溶剤とか言うあやしい薬の材料にされているみたいね。

ffxiv_20161007_050143.jpg

私達の世界はもっと平和だった。

この世の中にパッチ3.0とかいうものが訪れるまではそれはそれはハッピーだったの。

それこそ涙がちょちょぎれる位ピースだったわ。

ffxiv_20161007_050203.jpg

だけどそんな平和な時代も もう終わり。

今はこの地に初めて足を踏み入れる冒険者がワクワクした目で私たちをボコボコに殴り、レベルがカンストした冒険者までもが私たちを殴り、あまつさえリテイナーすらも私たちを殴っては涙を回収していく。

ffxiv_20161007_050350.jpg

私はこの土地を離れる事にしたわ。

もうこれ以上涙を流して生きていく訳にはいかない。

ffxiv_20161007_050934.jpg

仲間たちは私の事をどう思うのかしら…。

宿命から逃げた臆病な瞳の持ち主だと言われるのかもしれない…。

ffxiv_20161007_050941.jpg

それでも私は立ち止まれない。

愛というこの名に負けない様にこの世のどこかにある温かい気持ちを見てみたいの。

さようなら、大好きな親友のドライとアイ…。

あなた達はよく目が乾いているから一度目を閉じた方がいいわ。

ffxiv_20161007_051515.jpg

そして奇跡的にも今日この記事を見た冒険者の皆さん、世界にはこんなディープアイもいるんだって事をどうか知っておいて下さい。

ffxiv_20161007_051719.jpg

そしてどうか、これから脇目も振らず飛び立とうとしている私をぼこらないで下さい。

そんなことされると大粒の涙がちょちょぎれてしまいます。


















ffxiv_20161007_050517.jpg

なんて思うディープアイの愛ちゃんとかいるのかなとマーケットでの予測変換を見て思ったニケマーチでしたw



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しました!記事良かったよーって時は良ければぽちりとしてみて下さい!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する