ダイヤモンドダスト

ffxiv_20161019_010452.jpg

見せたい場所があるのです。

くーちゃんにそう告げられた僕とすぴかさんはクルザス西部高地の上空を飛んでいた。

ffxiv_20161019_010516.jpg

クルザスで見せたい場所かぁ。

たしかにここにはランドマークとなる場所がいくつかある。

こう言った景色は僕が知っているだけでも新生時代からしっかりと作り込まれていて、なんとなくの場所さえ分かっていれば「○○が見えるところで待ち合わせね!」と伝言を残せば落ち合えるくらい目立つ景観や建造物があったりするのだ。

それにしてもクルザスかぁ。

ヴィシャップ級の遺骸でも発見したんだろうか…?

そう思いながら地図に立った旗を目指して僕は飛んで行った。

ffxiv_20161019_010612.jpg

着いたのは深い青色が綺麗な池だった。

イシュガルドに到達して至る所を歩き回り、また飛び回った冒険者なら見かけたこともあるかもしれない。

くーちゃん「すっごく綺麗なのです」

もちろん僕もイシュガルドに到達してから1年以上が経っているのでこういう色の池がある事は知っていた。

それはギャザラーでバケツを釣り上げているすぴかさんも同じだろう。

ffxiv_20161019_011022.jpg

見慣れた景色、見慣れた場所、聴き慣れた音楽。

人は同じ状態が続くとそこに新鮮味を持てなくなる。

それがあって当然で、なくなった時のことは想像は出来るけど実感は出来ないからかもしれない。

ffxiv_20161019_011046.jpg

僕はこの池を見た時に改めて青いなと思った。

多分見慣れてしまって気にも留めていなかったのだろう。

それがくーちゃんの目線や気持ちを通してこの場所を見る事で改めて初めてこの池を見た時の気持ちを思い出したのかもしれない。

ffxiv_20161019_010633.jpg

そう言えばこの池にクリオネがいるのを知った時は大発見をしたと思ったなぁw

当時は僕も「聞いて聞いて!!」って感じでチャットでクリオネの事を誰かに伝えた気がする。

ちなみにこの生物の名前はクリオネではなく「ハルオネ」。

イシュガルドの守護神 戦神ハルオーネに似た名前な訳ですが、そもそも現実世界のクリオネ自体がギリシア神話の女神「クレイオー」が語源になっているのでそれをエオルゼア風にアレンジしたとのこと。

だいぶ前に買った「電撃の旅団が巡るイシュガルドの世界」という本にそう書いてありました。

ffxiv_20161019_010713.jpg

あ、ちょうどいいのでここで僕がくーちゃんとすぴかさんに出した問題を皆さんにもお出ししましょうかね!

この青くて綺麗な池ですが、実はどうしてこんな色をしているのか理由があるのです!

それを皆さんにも考えてもらいましょう!

ffxiv_20161019_011343.jpg

◆ヒント1

エーテルが濃い等ではない。

ffxiv_20161019_011347.jpg

◆ヒント2

何かが池に交じっている。

ffxiv_20161019_011350.jpg

◆ヒント3

クルザス西部高地のある場所の成分が交じっている。
ギャザラーで未知の採取場所を巡ったことがある人なら分かるかも。





ということで!正解は~…







ffxiv_20161019_011607.jpg

でこ。

ではなく!w

ffxiv_20161019_012129.jpg

温泉でしたーw

温泉の成分が交じる事で池の色があんなにも色鮮やかな青になっていた訳ですね!

この情報も「電撃の旅団が巡るイシュガルドの世界」からです。

こういう小さいけれど知っているとへぇ~ってなる知識を頭に詰め込んでいくの好きですw

そこから色々なことに思いをはせれますしねーw

ffxiv_20161019_012825.jpg

温泉に浸かって温まった後は再びさっきの池に戻ってきました。

ここで撮影会が開かれたので僕もグループポーズを使って撮ったSSを何枚か掲載したいと思います!

ffxiv_20161019_013012.jpg

夜間に強い照明を当てて撮ったら撮影現場みたいだねーw

と言いながら撮った一枚。

ffxiv_20161019_013043.jpg

で反対側からも撮ってみたら、

ffxiv_20161019_013052.jpg

実はこの寒い中くーちゃんがサンダルで出撃していた衝撃の一枚。

ffxiv_20161019_013448.jpg

ffxiv_20161019_013453.jpg

後はお気に入りの色鉛筆フィルターで何枚か撮ってみたり、

ffxiv_20161019_014448.jpg

色合いを鮮やかにして改めて池の青さを感じていたり。

ほんと機能が追加されたグループポーズには常にお世話になっていますw

SSを使ってブログを書く身からするといつもより2倍くらいSS撮る量が増えたかと思いますw

ffxiv_20161019_014459.jpg

そうしてSSを撮影していると徐々に辺りが白んできました。

3人で遊んでるうちに朝が迫っていたようです。

実はクルザスでは明け方の天気が晴れだとダイヤモンドダストなる気象現象を見ることが出来るのです。

雪の結晶が太陽光に反射してキラキラ~ってなるあれです。

この時辺りは吹雪いていましたがとりあえず待ってみようか!という事に。

ffxiv_20161019_015035.jpg

運良く晴れた時の為に撮影場所を探し出す3人。

近くに大きな木があったのでここがいいかな?とか。

いや、後ろに池を入れてみる?なんて相談してる時間も楽しかったw

ffxiv_20161019_015136.jpg

実は温泉に入ってる間にすぴかさんがぱぱっと作ってくれていた防寒具に身を包んでその時を待つくーちゃん。

ffxiv_20161019_015140.jpg

だけど足はやっぱり出ているくーちゃん。

寒くないのかな?w

ffxiv_20161019_015143.jpg

時刻は間もなくエオルゼアタイムで8時。

エオルゼアは一定時間ごとに天候が切り替わるのでそのタイミングで天気が変わらなければ次の時刻までずっと同じ天気が続く。

晴れるかなぁ…晴れるかなぁ…。

あ!8時になったぞ!!














ffxiv_20161019_015148.jpg

ダメかーw

エオルゼアタイムが8時を過ぎても辺りは見通しの悪い猛吹雪のまま。

ダイアモンドダストはまた次の機会だねーw

なんて思っていたらふっ…と吹雪が収まって、

ffxiv_20161019_015438.jpg

晴れたー!!!

それと同時に辺りでキラキラとした小さな白い光が踊り出しました。

ダイヤモンドダストです!

ffxiv_20161019_015642.jpg

ただダイヤモンドダストってゲーム画面で見るとすっごく綺麗なんですけど画像になると分かりにくいんですよねw

ffxiv_20161019_015811.jpg

これとかまだ分かりやすいかな?

木の陰になっている部分に白い点々があるんですけどこれ全部ダイヤモンドダストです。

実際に見てもらった方が分かりやすいと思うのでクルザス西部高地の晴れた朝にフィールドにいた時は画面を改めて見てもらえればすぐに気が付くと思います。

ちなみにダイヤモンドダスト自体はエオルゼアタイム6:00~10:00で出たはずなので、夜中から晴れている時は8:00に天候が変わらなければエオルゼアタイム4時間分のダイヤモンドダストが見れたりします!

ffxiv_20161019_015854.jpg

今回も小さな冒険に繰り出せたなぁ。

きっと自分一人じゃ見つけられなかった冒険だと思います。

でもこれからはあの深い青に染まった池を見れば温泉に行ったことやくーちゃんがサンダルだったこと思い出して笑ったり、

ffxiv_20161019_020104.jpg

この大きな木を見ればどこでダイヤモンドダストの記念撮影をするか走り回った時の事や、やっぱりくーちゃんがサンダルだった時の事とかを思い出して笑うんだろうなーw



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

ほぉ~ハルオネなんていたのか!

青い池ってのは何度か上空を飛んでてみたことはあったけど実際にじっくりとはないんだよね・・・正直そういう場所が多すぎる。

リムサですらきっとまだ歩いたことがない場所とかもありそうでw

2016/10/20 (Thu) 22:00 | てんじん #eMkLRZRc | URL | 編集
じんくんへ

そうだねーw
エオルゼアには見たことがあるのに見たことがない景色が多いですなw

僕らが生きてるこの世界と同じなんだなとふと思いました。

2016/10/21 (Fri) 17:11 | にけ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する