ミコッテの土下座

ffxiv_20161025_012305.jpg

こんばんは。

ララからミコッテになった訳ですが徐々にこの姿も見慣れてきました。

そして同じ装備を着ても全く違う印象を受けるのを楽しんでおります。

気分的にはゲーム中盤で装備などは引き継いだまま主人公が入れ替わった感じでしょうか。

そしてゲーム終盤辺りでまた元の主人公と切り替わり、最後に2人で協力して何かを成し遂げる。

クリア後の画面はララのニケをミコッテのニケが肩車してる一枚絵でお願いします。

ffxiv_20161025_012318.jpg

姿は見慣れてきたわけですが、そのしぐさや表情はまだまだ見慣れておらず、「あ、これはこんな動きするんだ!これはこんな顔なんだ!?」と発見だらけの毎日を送っております。

そんな生活の中で発見した幸せを今日は皆さんと共有したいと思います。

ffxiv_20161025_012332.jpg

土下座。

「お前何やったのか分かってんのか!?土下座しろっ!!!」というあれですね。

通常はもうどうにもこうにも謝るしかなかったり、自分のプライドや誇り等全てを捨てでも要望を通したい時などに使われることが多い気がします。

ちなみにララフェル♀で土下座のエモを連打した場合はうさぎ飛びすることが可能です、ご確認ください。

ffxiv_20161025_011944.jpg

エオルゼアのエモートはよく考えられています。

動作から動作の移り変わりも自然だし、ミコッテなら感情に合わせて尻尾や耳が動く。

ララで連打するとうさぎ飛びになる土下座をミコッテですると一体どういった変化が見られるのか、今回はそれが見たくてミコッテのニケを謝らせてみました。

ffxiv_20161025_012345.jpg

ffxiv_20161025_012346.jpg



















ffxiv_20160929_233941_20161025190213794.jpg

衝撃が走りました。

ffxiv_20161025_012702.jpg

まず怒られた事を謝るので体が緊張しています。

それが耳にも反映されぺたん耳へと変化していきます。

ffxiv_20161025_012639.jpg

ぺたん耳になった時点で既に可愛いのですが、土下座の態勢に入る途中の動作も可愛い。

表情をエモートで変えようかとも思ったのですが意外に素顔で謝るのが魅力的だったので表情は変えませんでした。

ffxiv_20161025_012539.jpg

そして世界が救われました。

ffxiv_20161025_012911.jpg

ほんと可愛くて仕方がないですw

ララとはまた違った可愛さでハートを鷲掴みにされています。

ミコッテのエモはまだまだお試し期間中なので新しい発見があったらまた記事にしたいと思いますw

とりあえず幻想して2日目にしてミコッテの土下座は可愛いという事が判明しました。

ffxiv_20161025_012427.jpg

現場からは以上です。



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する