名前

ffxiv_20161024_045954.jpg

ララフェルからミコッテになってほぼ一週間、たくさんの発見や面白さがある中で最近になって気づいたことがある。

今日は名前のお話です。

ffxiv_20161025_214114.jpg

最近至る所で「見慣れない」という言葉を頂きます。

そうです、この姿の事です。

僕自身はもう見慣れたかな、と思っていたのですがその言葉を何度かもらううちに僕もちょっと自分が見慣れなくなってきましたw

それでどうして自分でさえも自分の事がこんなに見慣れないと思うことがあるんだろうかと考えていました。

単純に考えればララフェルからミコッテになったので「ニケさんと言えばララフェル!」と思っていたものが姿を変えたことからくるいつものイメージとの違いなんだと思います。

僕もつい最近まではそうなんだろうとしか思っていませんでした。

しかしそう思った時にひとつひっかかりがありました。

ffxiv_20161022_185426.jpg

テトラ・マーチ。

僕のサブキャラでFCの倉庫番のテトラさん。

なぜかこのキャラクターでインすると 「わーいwテトラマーチさんだーw」とたるさんがはしゃぎ出すテトラさん。

見て分かるようにこのキャラクターもミコッテです。

だけどこのキャラクターでインした時に「見慣れない」という言葉をFCメンバーからもらったことはない。

中身は同じ、外身は別。

そう言った意味ではこのテトラさんも同じ条件です。だけどみんなそこに違和感などはあまり持たない。

ffxiv_20161025_040640.jpg

ミコッテになった僕を見てすぴかさんがこんなことを言ってました。

すぴかさん「なんかすごい見慣れない感じがあるなと思ったけど、多分髪と目の色がニケさんだからだw」

すごくなるほど、と思った。

ララフェルの時の記号を持ってきてるから外見は違うのになんとなく「ニケさん」が残っている。

それが見慣れないに繋がる。

納得です。

ffxiv_20161027_014934.jpg

それじゃあ記号が消えれば消えるほどその人ではなくなっていくのだろうか?

それは大いにあり得ることだろうけど、それでも様変わりした僕を見て「この人はニケさんじゃない」と心の底から思う人はきっといないと思う。

そう思った時に何がここまで見慣れない感じを出しているのかとすごく考えた。

前にもここに書いたことがありますが僕は元来考え込む性格です。

それが悩みではなくこういう自分の興味に向いて深く考えている時ってすごく気持ちいいんですよね。

そんな楽しい考察を得て到達したのが名前。

ffxiv_20161025_214118.jpg

名前とはそれがそのものだと僕たちが認識するために与えたり与えられたりするもの。

だからこそエオルゼアのバナナのグラフィックがりんごだった時に「りんごやん!!」ってなる。

その相違が面白さを生む。

ffxiv_20161030_014712.jpg

みんなが、そして僕自身がこの姿に見慣れないのは、もちろん種族が変わったりそれなのにニケの記号が残っていたりと言った事が大半をしめている。

だけど決定的なものは名前なんじゃないだろうか?だからテトラマーチでインした時は誰も何も思わないんじゃないんだろうか?

だからおじいちゃんでログインして撮影してても僕も違和感を感じないんじゃなかろうか?

名前=そのもの

ニケマーチ(という名前)=ララフェル

この関係がニケマーチ(という名前)=ミコッテになった時に、「違う違う、ニケさんはララフェル!……でも目の前の同じ名前の人はミコッテなんだよな…。あれぇ見慣れないw」となる。

こういう風に考えると見慣れないという事や違和感みたいなものにすっきり説明がついた気が自分の中でした。

そうしてすっきりした後に改めて「名前」についてネットで調べてみた。

そこで僕は面白い説を発見した。

ffxiv_20161027_055239.jpg

字源。

言葉の意味的には個々の文字の起源、どうしてこの文字はこういう形なのか、どういう意味を持っているのか。

そういうことを指す言葉らしい。

これは僕が「そうだったら面白いなぁ」と思ったあくまで1つの説なんですが、

名前とは夕(夕暮れ)+口(呼ぶ)から来ているという説。

ffxiv_20161025_214123.jpg

夕暮れ時は辺りが暗く相手が誰なのかよく分からない、なので口で名を告げることから名前。

ちなみに名前の「前」についてなんですが、

「前」は、もともと「舟」と「止」を組み合わせた「歬」という字があり「進む前方」を意味し、これに「刀」を添えて「先を切り揃える」「整える」の意味もあったが、後に「歬」の字が失われてしまったため「前」は前方の意味だけが残り、「整える」の意の字はさらに「刀」を添えた「剪」に代わった。しかし「一人前」「腕前」などの語に「整った」「完成した」の意味が残っている。
「名前」は「整えられた名」「完全な名」「正式な名」という意味になる


Wikipediaより引用


夕暮れ時とは「誰そ彼?(あなたは誰ですか?)」と聞いていた時間。

物の輪郭がぼやけてこの世の物とも違う物が現れたり、起こるはずがない事が起こる時間。

そんな時間の中で自分をハッキリと認識してもらうために口から放つ自分そのものを表す言葉。

それが名前。

ffxiv_20161029_023941.jpg

そう考えるのって面白いなぁってw

世界がぼやけた時に自分そのものを明確にするものが名前。

名前にはそれだけの力がある。

だからこそ、その名前と見た目が一致しないときに「見慣れない」「違和感」が生まれる。

ffxiv_20161028_003121.jpg

こういう事を考えて、調べて、発見して、記事にするのは本当に楽しいw

小さいころから作文や自作小説なんかを書くこともすごい好きだったので根っからのブロガーなのかもしれません。

そんな事も発見できた今日この頃でした!



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しました!記事良かったよーって時は良ければぽちりとしてみて下さい!


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/11/01 (Tue) 00:43 | - # | | 編集
No title

テトラさんはサブキャラで、こげてる樽さんも元々はサブキャラ。

つまり、

わーいテトラマーチさん(も下克上したん)だーw

が正解なのです(^ω^)

2016/11/07 (Mon) 00:37 | 下克上した樽利社 #3jjRDpQI | URL | 編集
たるさんへ

一文に込められてる意味が深すぎるw
と言うかこげてるたるさんは下剋上を果たしてたんだねw

2016/11/07 (Mon) 18:03 | にけ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する