何やってても大体可愛い

ffxiv_20161101_011515.jpg

こんにちは、ニケです。

最近SS撮影の回数も枚数もめちゃくちゃ増えています。

多分いつかはララフェルに戻るからだろうなぁ。

ffxiv_20161101_010001.jpg

それで何やってても可愛いって事ですが、一番注目すべきなのはアイコンが青色の悲しい感じのエモをしてる時なんですよね。

青色のエモってそのほとんどが泣くとか怒るとか負のイメージが強い表現なんです。

ということはそこから生まれるのはだいたい正のイメージではないと思うんですよ。

だけどこの前のミコッテの土下座を見た時から僕は感じていました、この負のイメージがあるエモートにこそミコッテの可愛さはつまっていると。

ということでいきなりですが泣きます。

ffxiv_20161101_010049.jpg

まだ悲しい。

ffxiv_20161101_010054.jpg

もう既に可愛くなりかけてる。

ffxiv_20161101_010056.jpg

そして……

ffxiv_20161101_010109.jpg

可愛いいいい!!!!

伝わりますか、これ?

これ伝わりますか?

でもまだここで終わりじゃないんですよ!

ffxiv_20161101_010205.jpg

泣きに泣いて落ち着きを取り戻したミコッテのニケマーチ。

まだ耳が寝ていることから完全にいつもの元気な状態に戻ったわけではありません。

そんなニケに「もう大丈夫だよ」とか「怒ってないよ」なんて言葉をかける。

すると……

ffxiv_20161101_010211.jpg

耳がピコンてなる!

可愛い、なんだこの耳。

この耳なんだ。

ffxiv_20161101_010347.jpg

お次は「動転する」。

このエモートも例にもれず可愛い。

ただこのエモートはあざとい。ちょっとあざとすぎる。

計算された可愛さとにじみ出る可愛さが別物だという事は何故か我々人間は察知することが出来る。

あざといものは完成された可愛さだからだろうか?

可愛さには少々の不細工さが含まれている方がよりリアルなものになるのかもしれない。

そう言った意味では次のSSはあざとさが完全にないSSのような気がする。

ffxiv_20161101_010911.jpg

「すごくがっかりする」

すごくがっかりしてる。

例えるなら「今日の晩御飯焼肉ね!」って聞いてたのに、家に帰ってきたら「ごめん、忙しくて買い物いけなかったから今日は焼きそばになりました」位にがっかりしてる。

ここに可愛さを見いだせるのは整った顔が悲しい表情を取ることで生まれるギャップなんだと僕は勝手に思うことにした。

綺麗な物の中に少しの不細工さ、不格好さが混じる。

そうすることで綺麗や整ったものがより強調され可愛いに繋がる。

自分でも何言ってんだと思い始めましたが今日はまだ続けます。

ffxiv_20161101_010450.jpg

「すねる」

これはミコッテ可愛い3大エモートの一つかもしれない。

まず見て分かる通りポーズが可愛い。

ffxiv_20161101_010503.jpg

ポーズが可愛い。

こちらのポーズもかなりあざとく見えると思うんですが実はこのエモートの中にはちゃんと不格好さが混じっているんですよ!

ffxiv_20161101_010454.jpg

それがこの表情!

すねてる!!あぁもうめっちゃすねてる!!!

すねる、という事は心の中で「(別にいいもん…!)」って思っている状態だと思うんです。

この「別にいい」って言うのが重要で、「動作があざといって言われたって別にいい」「なんと言われようと別にいい、知らない」そういう心境から「わざと」このポーズをとっている訳です。

「わざと」と「あざとい」の違いは可愛いと思ってもらいたいか否かにあると思う。

「あざとい」というのは計算して相手が自分の事を可愛いと思ってくれるだろうことを実行すること。

という事はそこに失敗は許されない。誰が見ても可愛く見えるように振舞う必要がある。

一方「わざと」はそう振舞ってはいるが誰かに「それ可愛くないよ」って言われても別にいいと思って取っている行動な気がする。自分の気を引きたい人だけに気持ちが伝わればいいやって感じですかね?

その万人に受けたい訳じゃない、1つの物の注意を引きたいだけ、でも素直にそれは言えないしやれない。

そう思った時に取るポーズの不格好さと表情の崩れ方が「可愛い」を生んでいる。

ffxiv_20161101_022838.jpg

そんな考察をしながらSS撮影をしていたら気付けば撮影内容が「どうすれば下着を見せずにギリギリのSSを撮れるのか」という物に変わっていた。

この時くーちゃんが僕のアパルトメントの部屋に入ろうと扉の前まで来ていたようだが、運よくアパルトメントの部屋の方には鍵をかけていたのでなんかやばそうな空間に突入されることはなかった。あぶなかった。

ffxiv_20161101_014819.jpg

そしてそんな事をしながら撮影していたら気が付けば2時間経っていた。

後半30分~1時間はパンツとの戦いだった。

途中で我に返って何やってるんだろう……って思いかけたが、ここで現実を直視するとエーテル界に還ってしまうのは目に見えていたので現実は薄目で見るようにした。

ffxiv_20161101_022619.jpg

いやしかし楽しい2時間だった。

ララフェルからミコッテになる事でこんなにもたくさんの発見があるとは思ってもみなかったのでとても充実しています。

自キャラのエモートをよく観察し、考察してSSを撮る。

そうすることで自キャラの新たな一面を発見できるかもしれません。ただ部屋のカギはかけておいた方がいいと思いますw

そんなこんなでまた次回!



つづく。


ffxiv_20161101_011155.jpg

◆お知らせ!

FC:サマーホリデーで活動してみたい、見学してみたい等の声を最近頂くことがあります。

ただいまFCメンバー募集の日記をロドスト等では公開していないので御用の方はFCさまほりのマスター、ニケにtell等でゲーム内でご連絡いただけると助かります!

ただ僕自身ゲーム内でコンテンツに出かけていたり、リアルの都合でログインしていなくて連絡がつかない時もありますのでその点は申し訳ありませんがご了承くださいませ!
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しました!記事良かったよーって時は良ければぽちりとしてみて下さい!


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する