僕たちは出会った

ffxiv_20161216_001131.jpg

ガンッ!!

大きな音を立てて床にぶつかりそのまま床に放置されるコントローラー。

少し時間が経ってコントローラーはまた握られ、ゲームオーバーの画面とともにまた強く床に打ち付けられる。

そんなやかましい音を聞きつけた母が足音だけでも怒ってるのが分かるスピードで僕の部屋へと入ってきてこう言う。

「あんたなぁ!そんなコントローラーガンガンするんやったらもうゲームはなしやからね!!」

「別にいいし!!もうこんなもんやらへんからっ!!!」

その日から僕のゲームは押し入れの奥深くへと押し込まれた…。


ffxiv_20160513_231322.jpg

ところ変わってこちらは今年の5月13日。

記事の内容で言うと ◆出逢い この記事ですね!

この日を境に僕はまた新たな出逢いを経験しました。

ffxiv_20160514_005443.jpg

それがえうりーさんとの出会い。

僕がブログのアクセス数が5000に達して感慨にふけりながら当ブログへ訪れてくれているサイト様の足跡を辿っていたのが出会いの始まり。

どうやらえうりーさんも僕がえうりーさんのブログに訪れていることに気が付いたようで、わざわざこの日さまほりのハウスにまで訪れてくれたんです。

えうりーさんのブログを見る限り5日くらい緊張しながら機を伺ってくれてたみたいですがw

ffxiv_20160603_235252.jpg

それから僕たちは交流を持つようになりました。

ユーザーイベントの会場で出会ったり、FCさまほりのハウスでお話したり、一緒に冒険したり。

ffxiv_20161206_234359.jpg

そしてこの間みんなで遊んだかくれんぼ。

この日が僕たちとえうりーさんにとってのきっかけの日になった。

ffxiv_20161207_014058.jpg

「かくれんぼするんだったらチャットとか大変になるしえうりーさんに今だけFCに入ってもらったら?」

そう言葉を発したのはすぴかさん。

「それだったらもうFCに加入してもらった方がいいんじゃないかな」

そう返した僕。

「な、なんだか話が大変な方向に…」

戸惑いを隠せないえうりーさん。

そりゃそうだよねw

みんなでかくれんぼしに来ただけなのに急にFCに加入するかもしれないなんて話の流れになったら僕もテンパると思いますw

ffxiv_20161209_003421.jpg

それから2日後、僕はウルヴズジェイルにいました。

一緒にいるじんくん、そしてえうりーさんの緊張した感じ、2日前にあった事を総合して考えると何の話かはすぐに分かりました。

えうりーさん「にけさん!わ、私を…」

ffxiv_20161209_004830.jpg

えうりーさん「私をさまほりのメンバーに加えて頂けないでしょうかっ!!」

ffxiv_20161203_012030.jpg

僕と僕らとえうりーさんが歩んだおよそ7ヶ月。

ブログに始まり、一緒に喋って、一緒に笑って、冒険して。

その間に新たにFCに加わってくれた くろうさん こうさん ともどんどんと仲良くなっていったえうりーさん。

特にこうさんとえうりーさんはこちらが見てて思わず微笑んでしまうようなナイスコンビへw

ヒーラー初心者のえうりーさんと、この世界へ初めて踏み込んだこうさんがお互い励ましあいながら成長していく姿はもはや傍から見ればFCメンバー同士のそれと何も変わらなかったでしょう。

ffxiv_20161217_013749.jpg

そしてFCさまほりの体験期間が終了した昨日、僕はえうりーさんに7ヶ月かけてたどり着いた答えの最終確認をしました。

あなたはFCサマーホリデーに正式加入したいですか?
それともまだ様子を見たいでしょうか?


その言葉に少しの迷いもなく

ffxiv_20161217_014031.jpg

彼女はこちらへと飛び込んできてくれました。

ffxiv_20161217_014223.jpg

僕は思ったんです、ゲームってこういうものだよなって。

一撃確殺SS日記のマイディーさんの記事を読んでいてもそうだなと思うんですが、世間のゲームに対する目というのは未だに厳しいです。

凶悪な犯罪が起こったとして犯罪を起こした人がゲームで遊んでいた場合何故かメディアはその部分に焦点を当てます。

ffxiv_20161201_014807_20161218192757357.jpg

FPSゲームで遊んでいたら、ゾンビゲームで遊んでいたら精神に異常をきたして人を殺すんでしょうか?

そしてそんな事をテレビで何の疑いもなく話す人たちはゲームというものを本当にやったことがあるんでしょうか?

僕の父は魚釣りが大好きです。

もしその父が何か問題を起こしたら「釣りが好きで日頃からよく釣りに行っていた」なんて報道しますか?

本当にゲームは悪者なんでしょうか?

もしそうなら…

ffxiv_20161209_005103.jpg

僕たちの出会いは悪なんでしょうか?

この7ヶ月、僕たちが笑いあった時間、こうさんとえうりーさんの微笑ましい冒険譚。

それらは悪いものなんでしょうか?

違いますよね…?

違いますよ。

ffxiv_20161210_003523.jpg

本当はいいものなんですよ。

本当は、いいものなんです。

この僕が何よりの証人です。

ffxiv_20150213_001421.jpg

僕たちは出会った。

ffxiv_20150213_004137_20161218215420820.jpg

あなたに。

Summer Holiday

みんなに。

ffxiv_20160829_010504_20161218220624f16.jpg

ゲームに。


ffxiv_20150215_033844.jpg

ごめんなさい。

そう母に謝ってゲーム機やコントローラーを押し入れから出してもらう僕。

一体どれくらいの間押し入れにしまわれていたのかは覚えていません。3日だったのか一週間だったのか…。

だけどあの時心からもう2度とゲームなんてしないと思っていたら、今日という日は訪れなかったかもしれません。

今僕の中を駆け巡る熱い気持ちは存在しなかったのかもしれません。

ffxiv_20161217_015407.jpg

ゲームってやっぱりいいものだな。

これからもこの気持ちを大切にゲームして遊んでいきたいなと強く思いました。

もうかなり長い間一緒にいたからFCメンバーじゃなかったことの方が不思議だけど、

えうりーさん、ようこそ!サマーホリデー!!
これからもよろしくお願いします!



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しました!記事良かったよーって時は良ければぽちりとしてみて下さい!


コメント

No title

あぁ…この世界にきて、にけさんや、さまほりのメンバー。
フレンドになってくれたみんなに、出会った時のことを思い出しました。

FF14をやり始めて、この世界で生きて…
大げさかもしれませんが、文字通り世界が広がったように感じました。

世間的には、何かあればゲームを悪評する傾向にありますが、
こんな素敵な出会いがある世界を、もう一つの世界を
何も知らない人達に否定されるのはとても悔しいし、悲しいです。

もっと「オンラインゲーム」ってカテゴリーが認知されればいいのにと
そう思いました。

2016/12/19 (Mon) 02:18 | クロウ #- | URL | 編集
よろしくなのですっ

あの衝撃の出逢い(主にくーちゃん)から、そんなに月日が経っていたんですね…。
あの日、微笑ましく見ていたくーちゃんの立ち位地にに自分がいることになるとは、当時は夢にも思っていませんでした。
入り浸ってる私をさまほりの皆さんが快く迎えてくれて本当に感謝です!

えうりーはまだまだがんばりますので、どうぞよろしくです。
にけさんも皆も、出逢ってくれてありがとうですよ!!w

2016/12/19 (Mon) 13:05 | えうりー #- | URL | 編集
クロウさんへ

僕もゲームって本当はもっと素敵なものなんだけどなぁと常々思っています。
その事を伝え続ける為にもこれからも僕のゲーム体験をブログの記事でお届けしていきます!!

2016/12/19 (Mon) 22:36 | にけ #- | URL | 編集
えうりーさんへ

そう、あのくーちゃん全裸事件から7ヶ月…。
くーちゃん正式加入の瞬間に立ち会ったえうりーさんが今度は正式加入してくれたのはすごい感慨深いなぁ。

これからも一緒に思い出作っていきましょうね!
僕らの好きなゲームってこんなに素晴らしいんだぜって思い出を!!

2016/12/19 (Mon) 22:40 | にけ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する