髪が伸びた日

ffxiv_20170103_024842.jpg

「博士!大変です!!」

「3が日から一体どうした!」

「実は我々が拠点としているハウスで一騒動起きているようなのです!」

「なんだって!これはポケモンでアローラ地方のオーキドを眺めている場合ではないな!」

「とりあえずハウスへ行きましょう!」

ffxiv_20170103_034251.jpg

「あれが新種のシーマンか…」

「また懐かしいものをwでも違いますよ!w」

「あれは

ffxiv_20170103_034118.jpg

突然変異したくろうさんです!」

「マジかよ、なんかめっちゃへこんでるやん」

「髪が伸びてコートを貫通してるからですかね…」

「これをロン毛ウィルスと名付けましょう」

「博士……どうしますか?」

「とりあえず顔見よう、顔」

ffxiv_20170103_034238.jpg

「この世に生まれ落ちてすぐの様な表情をしているな」

「え、そんなことわかるんですか!?」

「ごめん、ちょっと言ってみただけ」

「博士っ!w」

ffxiv2_20170103_034251.jpg

「しかしあれだね、何と言うか関わってはいけない生物な気がするよ」

「そうですね…深く関わるとこちらまで感染してしまいそうな気がします…」

「だよね、うち帰ろう、うち」

「博士…ここが家です…」

「Oh…」

ffxiv_20170103_033823.jpg

ウィーン。

「うわ、起動した」

ffxiv_20170103_033832.jpg

「は…ハロー…」

「・わゔぇ」

「な、ナイストゥーミートゥー」

「・わゔぇ」

「ダメだ!!この子に日本語通じない!!」

「それ英語ですよ!博士っ!」

ffxiv_20170103_033923.jpg

「うわ、なんか踊りだした」

「ロン毛ウィルスを振りまいているんじゃ…」

ffxiv_20170103_034002.jpg

「そうだね、この顔はそうだと思う。それにしても最高にヘアスタイル似合ってないな」

ffxiv_20170103_035104.jpg

「あ!美容師の呼び鈴に向かい出しましたよ!!」

「これでロン毛ウィルスは収束に向かいそうだね、良かった」

「どんな髪型になるんでしょうねー」

ffxiv_20170103_035220.jpg

「え、おめでとさん拒否られてるやん」

「wwwwww」

ffxiv_20170103_061003.jpg

SSを見返してたらこういう展開にしか見えなくなって書いた本日の記事でしたw

キャラ付けは勝手に僕が行っているので今日インして怒られたら謝ろう…。

ffxiv_20170103_035056.jpg

ちなみに全員感染しましたw



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

にけさん仕事が早いね…ん?^^
まさか、あの時こんなことを考えていたとはw

2017/01/03 (Tue) 18:48 | クロウ #- | URL | 編集
クロウさんへ

昨日あったことを次の日に改変する系ララフェル、ニケ・マーチです^^

くろうさんのロングヘアーを活かさない手はなかった!w

2017/01/04 (Wed) 01:17 | にけ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する