その名はサブリー

ffxiv_20170302_184438.jpg

ログアウトして数日開けてログインしたら椅子に布がかかっていた。

サブリガのまま座っても冷たくないように、という運営側の配慮だろう。

ありがたい。

ffxiv_20170302_184436.jpg

まずこの話を進めるにあたって、「第1話」?もう何回かやってない?と思う方もいると思うので説明いたします。

サブリガを売ってそのギルだけでアパルトメントに個室を買うというこの企画。

そもそも最初はやるかやらないかも迷ってた位なので、今まで掲載した話は準備回ということにしています。

なので本格始動は今回から、という事ですね!

ffxiv_20170224_180321.jpg

キャラクターの大まかな設定などは別記事で掲載し、今後新しいキャラクターが出ることがあればそちらに追記していこうと思うのでよろしくお願いします!

という訳で、何やらお姉さんともめてるサブローへと場面を移しましょう。



ffxiv_20170305_191349.jpg

「ですから…今現在その条件に該当する人はいないんですって」

ffxiv_20170305_191406.jpg

「いやぁぁぁあああ、お願いぃぃぃいいいい!!!!」

ffxiv_20170305_191437.jpg

「……『名前はサブリーでリテイナー登録してくれて、種族はララフェル、性別は女の子、サブリガを売ることに抵抗がない子が好ましい』」

「なんか変なことしようと思ってませんか?」

「思ってません、至って真面目です」

「……」

「まぁ、聞いて下さい」

ffxiv_20170305_191608.jpg

まず俺は、”サブリガを売ってアパルトメントの個室を買う代金を集めなくてはならない”んです。

その為に今日までレベルを上げ、サブリガの装着、サブリガの製作、リテイナーの開放という点をクリアしてきました。

そこまで行ったなら後はサブリガを作って売るだけ。

もう実行するのみ!



なんですが…そこで思ったんですよ。






誰も買わない







ffxiv2_20170305_191437.jpg

「はぁ…」

ffxiv_20170305_191622.jpg

そこでどんな人に売ってもらえば一番サブリガが売れるか考えました。

考えながら親指の爪とかかんじゃって、あぁ…これ昔からの癖だなぁ、直さないといけないなぁとかも思いましたね。

「はぁ…」

ミコッテやアウラ、ヒューランの女性も検討したんですよ。

でもなんか微妙じゃないですか、大人の女性がサブリガを売りさばいてる図。

「ララフェルでもあんまり変わらないですよ…」

そうですか…。ちなみにルガディンは候補にいれませんでした。

「どうしてですか?」

なんか…

俺とキャラ被るじゃないですか…。

「はぁ…」

ffxiv_20170305_191505.jpg

「そういうことでさっき言った条件がはじき出された訳です」

「……かなり理解には苦しみますが、こちらも仕事ですので一応そう言った条件に該当する方がいないかは…まぁ…探しておきます…」

「ありがとうございます。それじゃあ日をおいてまた来ますね」









3年









ffxiv_20170305_215949.jpg





ffxiv_20170305_191835.jpg

ffxiv_20170305_191855.jpg

ffxiv_20170305_191914.jpg

ffxiv_20170305_215951.jpg

「うおっ…あぶな、俺めっちゃアイドルになってた…」

ffxiv_20170305_220834.jpg

(とりあえず服だけでもいいやつを着ていこう。結果が変わるかもしれない)

(寝起きだから聞く事間違えないようにしないとな…練習しよ…)


「リテイナー見つかりましたか?リテイナー見つかりましたか?」

(それにしてもめっちゃアイドルになってたな……そういう売り方もありなのかな…)

「リテイナー見つかりましたか?リテイナー見つかりましたか?」

(目的地付近でめっちゃ人倒れてるけどあれ大丈夫なのか…)

「リテイナー見つかりましたか?リテイナー見つかりましたか?」


ffxiv_20170305_220851.jpg

(リテイナー見つかりましたか?)

「目的地付近で人倒れてるけど、俺めっちゃアイドルになりました」

「は?」

ffxiv_20170305_223530.jpg

「そんなことより見つかりましたよ!!探してた条件の方!!」

「え!!サブリーが!?
………なんかサブリーがって言うとサブリガみたいですねw」


「は?」

「ごめんなさい、お話の続きをお願いします」

ffxiv_20170305_223525.jpg

「種族はララフェルのプレーンフォーク、女の子、名前をサブリーとすること、サブリガを売ること全てOKだそうです」

「まじか…!!まじか!!やった、よかったぁ!!」

ffxiv_20170305_233305.jpg

「サブリガのNQの相場が1つ500ギルになってるのを見た時は悲しみのあまりもう死のうかとも思ったけど良かったぁ!!諦めなくて良かったぁ!!」

「良かったですね、見つかってw」

「はい!記念に俺が作ったサブリガどうですか!!」

「は?」

ffxiv_20170305_223530.jpg

「とりあえず今回は初回ですのでサブリガの販売はこちらの方で手配させて頂きますのでご心配なく」

「ありがとうございます!」

ffxiv_20170305_231753.jpg

さてさて、そういう訳でついに販売を開始したサブローのサブリガ。

リテイナー名はSabryにて販売しておりますがどうなるやら…。

ffxiv_20170305_233541.jpg

そしてこっそり紛れ込ませた50万のサブリガは売れるのか…!

次回をお楽しみにっ!

ffxiv_20170305_234549.jpg



つづく。
スポンサーサイト

ブログランキングに参加しました!記事良かったよーって時は良ければぽちりとしてみて下さい!


コメント

No title

サブリガ作ってるところでしれっと、すずさんが下敷きに…w

2017/03/07 (Tue) 01:52 | クロウ #- | URL | 編集
クロウさんへ

ふふふ…気づいてしまいましたか…。
そう!すずちゃんは実は改造ララフェルだったのだ!!

2017/03/08 (Wed) 13:46 | にけ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する