かっこ良くなれば売れるのか

ffxiv_20170412_203239.jpg

こんにちは、サブローです。

え?

変態的なかっこで街をうろつくなって?

やだなぁ勘弁して下さいよ。

ffxiv_20170412_203247_20170510134950ea1.jpg

最強装備です。

「さいきょう」ってボタン押したらこうなるの。

アーマリーチェストにこれを超える至高のアイテムはないよって表示される。

ffxiv_20170412_203322.jpg

今日も俺は一人寂しくサブリガ作り。

売りさばくのはサブリーがやってくれているからさすがに製作までは頼めない。

ffxiv_20170412_203415.jpg

みんな、聞いてくれ。

俺は行き詰まっているんだ、サブリガを売ってギルを稼ぐということに。

何度マーケットを見ても売れ行きはよくならず、かばんの中にHQのサブリガが増えていくだけ。

一体どうすればサブリガが売れるのかよく分からないんだ。

ffxiv_20170412_203858.jpg

だけどピンチはチャンス。

こういう行き詰った時こそそれをバネにすることで何かとてつもない打開策が見つかったりするもんだ。

そしてこういう時こそ自分ひとりで抱え込まずに誰かに相談することが大切。

サブローね、そういうところはちゃんと分かってるの。

ffxiv_20170412_204044.jpg

サブローはさ、大人だからさ、まぁ何ていうか焦らないんだよね。

今まで生きてきた経験に裏打ちされた自信みたいなものがあるわけ。

多分こういう時他の人だったら取り乱しちゃうと思うね。

え、なんでって?

今の俺が置かれてる状況を考えてごらんよ、「サブリガを売ってアパルトメント代を稼ぎたいけど、全然売れなくて困ってるせいでサンクレッドでもいいから抱きしめて欲しい」だよ?

常人だったら手土産にナッツイーターを買ってるところだね。

ffxiv_20170412_204108.jpg

サブロー「サブリィィィィィィねぇきいてサブリィィィッィだうwでゃkwjrsdふほあgdbs(´;ω;`)」

サブリー「お、落ち着いてください!」












ffxiv_20170412_213039.jpg

あ、みんなこんにちは、落ち着いたサブローだよ。

あれからね、サブリーにいっぱいお話し聞いてもらったの。

それでね出たの、答え。答えが出たの。導かれた。

でね、とりあえずたどり着いた結果をお見せするね。










ffxiv_20170412_220224.jpg



ffxiv_20170412_220228.jpg



ffxiv_20170412_220251.jpg





















ffxiv_20170412_223655.jpg
髪切ったよ














ffxiv_20170412_220337.jpg

まぁ、そう恐れずに聞いてください。

サブリーが言うにはね、サブリガみたいなわりと誰でもすぐに作れて、なおかつクエストでもらえるような装備っていうのはそもそも需要が低いって訳なんですよ。

だから売れないし、作れる人は作っちゃう。

で、そういう物を売るにはただただ出品してるだけではダメだと。

ffxiv_20170509_162606.jpg

「サブローさん、希少価値です」

どうやらそういう事らしい。

同じサブリガを売るにしても「誰が作っていて」「誰が販売しているのか」

たとえばタタルさんが作ってナナモ様が売ってるサブリガだったらみんな喜んで買って即完売するでしょう?そういうことです。と教わった。

ffxiv_20170412_205744.jpg

つまりこのサブリガ戦争を勝ち抜くには俺自信のイメージアップ、つまり「イケおじ化」が急務だとされたのだ。

その事を聞いた俺は早速船に乗って腕利きの美容師がいると言われる場所まで旅をしてヘアースタイルをチェンジしたのである。

ffxiv_20170412_224219.jpg

イケおじになれば「あのかっこいいおじさんが作ったサブリガなの!?」となり、まず一定層が俺のサブリガに目を向けてくれる。

もしそこがスルーされたとしても売っているのはあのサブリー。

ララフェル好きにはたまらないだろう。

こうして2人の知名度を上げていけば「サブローが作ったサブリガ」「売っているのはあの素朴可愛いサブリーちゃん」

『だったら俺は(私は)こっちのサブリガを買うぜ(わ)!!』

という風になっていくはずだ。

ffxiv_20170412_225107.jpg

かっこ良くなれば売れるのか?

それはまだ分からない。

だが、やってみる価値は大いにあるだろう。

そういう訳で宣伝です。

ffxiv_20170315_005724_20170510143848ca8.jpg

サブリガ製作者はご存知私、サブロー(SS左)です。

そして命を込めて作ったサブリガを売るのはリテイナーのサブリー(SS右)。

マンドラゴラサーバーにて割りと安くでHQサブリガを販売しています。(たまにNQも)

なおサブローのキャラクター名はNika Marchとなっておりますので買った後に製作者の名前を見て「偽物を掴まされた!!」と焦らぬようご注意ください。

リテイナーのサブリーは「Sabry」という名前でマーケットボードにて販売しております。

今のところ似た名前の出品者の方は見かけておりませんがお間違いのないようにだけご注意ください。

製作者:Nika March

リテイナー:Sabry

です。

ffxiv_20170412_225449.jpg

この行動が吉と出るか凶と出るか…。

それはまだ分からないがなぜだか心は弾んでいる。

5月の売上が楽しみだぜ…!


以上、サブリガ売りのサブローでした!

ffxiv_20170412_225554.jpg



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する