メンターシステムから1年

ffxiv_20170523_174123.jpg

はじめに。

当記事を読むにあたって注意してほしいことがあります。

1.あくまで僕個人の感想だということ。

2.ここに書かれていることだけがネット上やゲーム内の全てではないということ。

以上のことを踏まえてお読み下さい。

ffxiv_20160201_224239_201705271556157fc.jpg

メンターシステムというものが実装されてから1年以上の時間が流れた。

始まった当初はメンターもレベル1の状態でまだなにをどうすればいいのか分からない状態。

そういった関係から問題も発生しただろう。

しかしメンターシステムが稼働してすぐに全てが滞りなく稼働する!というのは無理なお話し。

そう言った意味でもある程度時間が経過した今、改めてお話するのにちょうどいい機会だと思う。

ffxiv_20160301_003306_2017052716042353f.jpg

◆メンターとは?

まずメンターとはなんぞや?という方もいると思うので一言で説明すると、「教育係」です。

FF14での立ち位置は右も左も分からない若葉さんたちを導く存在という立ち位置。

そしてそのメンターになるには以下のような条件があります。


≪メンターになるための条件≫
メンターになるためには、特定アチーブメントの達成と、各地にいるNPC“冒険者指導教官”による認定が必要です。 特定アチーブメントは「バトル用アチーブメント」と「ギャザラー/クラフター用アチーブメント」があり、どちらか片方をすべて満たしている必要があります。


バトル用アチーブメント取得条件
・タンク/ヒーラー/DPSそれぞれのロールで1ジョブ以上でレベル60のジョブクエストをコンプリートしていること
・ダンジョン/討伐・討滅戦をトータルして1000回以上クリアしていること
・MIPを計300回以上獲得していること



ギャザラー/クラフター用アチーブメント取得条件
・ギャザラー/クラフターそれぞれ1クラス以上がレベル60に到達していること
・蒐集品を100回以上製作していること
・蒐集品を300回以上採集していること



つまりバトルorギャザクラの分野どちらかに一定のプレイ実績があることが条件となっています。

誰でもほいほいなれるような物ではないのでこの点は安心ですね。

ffxiv_20150213_004137_20170527161522409.jpg

◆メンターがすべきこと

僕自身の考えだとビギナーさんにこのゲームの楽しみ方や各種ロールの基本行動を等を伝授してあげるのがまず第一歩かなと思います。

ただ楽しみ方というのは千差万別。

人によって楽しみ方はそれぞれなので「こんな遊び方もあるんだよ」「僕はこういう風に遊んでいるよ」と教えてあげるくらいがちょうどいいのかなぁと思います。

「このゲームは戦闘だけじゃなくて景色も綺麗だから戦ってばかりいないで風景のSS撮りに行くぞ!!」と押し付けになるのはお互いにとっていい結果にならないですしね。

ffxiv_20150213_010432.jpg

以上がメンターとはなんぞや?という僕なりの答えです。

メンターとはあくまでビギナーさんを導いてあげる存在であり、主役はビギナーさんである。

メンターシステムが上手く作用することでビギナーさんが誰とも関りを持てずオンラインゲームの醍醐味を味わないまま引退してしまったり、最初のIDであるサスタシャに挑めずにそこで挫折してしまったりするのを防ぐことができると思っています。

ffxiv_20170525_211646.jpg

そんなメンターシステムですが1年前から今も変わらず引っかかってる部分があります。

それはメンターを悪く言う人がいるということ。

ffxiv_20170514_004219.jpg

ネットやSNS、ゲーム内でも耳にしたことがあるんですが、「メンター=地雷」「王冠マーク=地雷」という認識がある人が少なからずいるようです。

僕はこう言った内容を見るたびにすごく悲しい気持ちになります。

実際は言うほど悪いメンターさん達ばかりではないのにどうしてこうなってしまうのか…。

たしかに今は人によってはやることが少なくなって今まで見えていなかったゲームの不満点に目が行きがちな時期ではある。

だけどそれが直接的な原因かというとそうではない。

実はこの「メンター=ダメ」みたいな感覚を持つ人には1つの共通した意識があるように思う。

ffxiv_20150219_012312_20170527164045ca3.jpg

それは「メンター=上手」という意識を持っている人がいるということ。

メンターなんだからギミック処理はばっちりだろう、メンターなんだからDPSはさぞ高いんだろう、メンターなんだからミスはしないんだろう。

そう言った意識を持った人がメンターのミスに直面すると「メンターのくせに」と言った気持ちが生まれることがある。

その結果、メンター=地雷 王冠マーク=地雷 といった認識に結びついているように思える。

人によって考え方は様々なのでいつになってもこう言った考え方の人はいるでしょうし、それはもう仕方のないことです。

僕が怖いなと思っているのは今までメンターがダメだ、と思っていなかった人たちまでもが「メンターのくせに」と言う考えを持つことなのです。

ffxiv_20170510_012704.jpg

こう言った考えを持つ人は大きく分けて2タイプあるように思います。

1つ目は今言ったように「メンター=上手」なのにミスしてるじゃん…。とメンターをPSの高いプレイヤーだと思って接した結果そう思うタイプ。

そして2つ目がそう言った人たちからの言葉や、ネット上の悪評だけを見てメンターを悪と認識するタイプです。

悲しい事に悪いイメージというのは更に他の悪いイメージや記憶を引っ張ってくる効果があるようで、1つのネガティブな気持ちがとても大きなネガティブへと発達することも多々あるようです。

僕が実際に見聞きしたものだと、

誰か一人がダメなメンターの話をするするとそれに共感した人が前にあったメンターの嫌な思い出を話始める結果メンターは良くないという話になり今までメンターに対して特別嫌な気持ちを持っていなかった人までメンターを敵視するようになる。

だいたいこのような流れのようでした。

ffxiv_20150219_003720.jpg

そんな時まず改めて思ってほしいのが「メンター=上手な人」という訳ではないことです。

僕の考え方にはなりますが最初に言った通りメンターと言うのは「ビギナーさんを導く存在」です。

ここの朝日が綺麗だよ!戦闘にはこんなルールがあるんだよ!友達と遊ぶオンラインゲームってこんな感じなんだよ!

そういうことを”ビギナーさん”に教える存在、つまり

「メンター=ビギナーさんを助けたい存在」である、ということです。

ffxiv_20150219_012610_201705271715114fe.jpg

ビギナーさんを助ける、という意味では本当に必要なのはプレイヤースキルではありません。

ビギナーさんにこの世界で楽しんでもらいたいという気持ちです。

実際この気持ちからメンターになられた方は少なくないと思います。

「自分はゲームが上手い訳ではないけれど、ビギナーさんを支援することが好きだからメンターになるよ!」

すごく素敵です。これからもその気持ちを忘れないでメンターを続けてください!

ffxiv_20150220_233702.jpg

多分こう言った「プレイヤースキルは高くないけどビギナーさんを支援するためにメンターになりたい」っていう思いと「メンターをやってる人=上手な人なんだろう」っていう認識のズレがメンター=地雷 なんていう悲しい考えを生んでるんだろうな…。

メンターの方が付けてる王冠マークだって、本来はビギナーさんが頼ったら助けてくれる存在であることを示すものですからね。

俺たちが助けてやるぜ!っていう腕章なのです。

ffxiv_20150220_234845.jpg

後ね、突き詰めればメンターに地雷と呼ばれるような人は実は一人もいないんですよ。

これはとても単純な話なんですが、

Aさんというメンターがいたとします。

Aさんはメンターにも関わらずビギナーさんを助けないし、IDでもめちゃくちゃな動きをする人だとします。

当然これを見た他のPTメンバーやビギナーさんは「メンターなのに!」と思いますね。

そしてID攻略をなんとか終えたメンター以外の3人も仲間のところに戻ります。

そこで恐らくこう言うでしょう。

「めちゃくちゃ酷いメンターにあたった」と。

ffxiv_20150222_010942_20170527173735b62.jpg

でも少し待ってほしい。

今の登場人物でダメだったのは本当にメンターだったのだろうか?

本当に注意すべきなのはビギナーさんを助けないし、IDでもめちゃくちゃな動きをする”メンターのマークをつけた”Aさんなのではないだろうか?

ffxiv_20160301_003349_20170527174627624.jpg

メンターはやめることが出来ます。

NPC“冒険者指導教官”に話しかけ、「メンターをやめる」を選択すればやめることが出来るそうです。

メンターを批判することでAさんがメンターをやめたとしましょう。

これでめちゃくちゃな動きをするメンターは1人減りました。

だけどめちゃくちゃな動きをするAさんがいなくなった訳ではありません。

「めちゃくちゃ酷いメンターにあたった」という会話が「めちゃくちゃ酷いプレイヤーにあたった」という物に代わっただけです。

根本的には何一つ解決していない。

この場合注意するべきはめちゃくちゃな動きをするAさんだったのです。

ffxiv_20150224_010413.jpg

メンターだって僕らと同じプレイヤー。

ネットやSNS、ゲーム内で嫌味を言われれば傷つきます。それがたとえ自分の事ではなく”メンター”というステータスに対しての物だとしてもです。

傷ついたメンターはメンターをやめるかもしれません。

「今までずっと頑張って初心者支援をしてきたけど…こんなことばかり言われるならもういいや…」

これが本当に僕らが求める未来なのだろうか?

ffxiv_20170514_005851.jpg

ただし、

メンターに他のプレイヤーよりも正しい行いが求められるのもまた事実。

2017-05-27_180512.jpg

それはこの内容に同意した時点で覚悟しなければいけません。

※模範的なプレイマナーの実践。

って書いてあります。

そして今書いたように王冠マークがついていたり、メンターというだけで批難されることもあるかもしれません。

いつの世も誰かの善行に難癖をつける人はいるのでその覚悟だけは必要です。

しかし忘れないでください、

ffxiv_20150224_235205_201705271811294a9.jpg

ビギナーさんから「ありがとう」って言葉がもらえることも。

嬉しい事ですよ、すごく。

あぁ、これこそオンラインの醍醐味だよねって感じると思います。

ffxiv_20170526_155325.jpg

ダメなものをダメと言うのはある種簡単です。

気に入らないものを全て排除していけばいいだけですからね。

ただしそれが根本的な解決に至るかと言えばそうとは言えません。

一体何に対して嫌な思いを抱いたのか、本当に注意すべきはそこなのか、それを見失ってしまった言葉は新たな争いの火種にしかならない。

本当に気を付けるべきなのはそう言った良くないイメージだけを定着させるプレイヤー側の発言なのかもしれません。

ffxiv_20170527_001233.jpg

僕らは同じ冒険者。

手を取り合いこの世界で生きる仲間たち。

そのことを忘れずに今日もこの世界で生きようと思います。



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

まだ始めて1か月程の若葉っこですが、悪いメンターさんを見た事ないです

野良のダンジョンで、無言だとしても最後まで待ってくれたりと初対面なのに世話を焼いてくれる方々ばかりです

基本は皆優しい心を持ってるのに、何かが邪魔をしているんでしょうね…

2017/05/27 (Sat) 19:39 | 名無しさん #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/28 (Sun) 05:01 | - # | | 編集
No title

この話題をすると、多分承認されることはないんでしょう。
極端なひとが極端な例で坊主にくけりゃ袈裟まで憎いといってきますから。

2017/05/29 (Mon) 08:26 | 名無しさん #KfTpnW2E | URL | 編集
名無しさんへ

コメントありがとうございます!

そうですね、基本はほんといい人たちばっかりで悪いイメージだけが一人歩きしている部分もあると思います。
もちろん全てがいい人ばかり!という訳ではないとは思いますが、せっかく素敵なシステムなので優しいメンターさん達には是非そのままの気持ちでビギナーさんを支えていってもらえれば、と思います。

そしてこれから先もあなたに素敵な冒険が訪れますように!
お互い楽しく遊びましょうね!!

2017/05/29 (Mon) 17:06 | にけ #- | URL | 編集
名無しさんへ(非公開コメントの方へ)

コメントありがとうございます!
お返事だけさせて頂きますね!

アチーブ報酬が欲しくてコンテンツに参加することでも最終的にビギナーさんが「良かった!助かった!」となってくれるのであれば一安心ですが、報酬の為だけにルーレットを回してメンターとしての役割を果たさずに周回プレイとなると「本来の用途と違うのでは?」と僕も思うところはあります。

運営サイドは「ビギナーさんの為に頑張ってくれてありがとう!!」という気持ちでアドバンテージにならない報酬を用意していて、メンターさんは初心者支援のおまけとしてプレゼントをもらえた!くらいで作用するのが一番ですが、考え方は人それぞれなので難しいところですね。

もし名無しさんが今後素敵なメンターさんに会われた時はその時感じたあたたかい気持ちを大切にするとまた違った見方が出来るかもしれません。

あなたの冒険にもクリスタルの導きがあらんことを!

2017/05/29 (Mon) 17:23 | にけ #- | URL | 編集
名無しさんへ

そうですねぇ…。
一度ついたその人の認識をくつがえす、というのはとても時間がかかることだと思います。

誰かの噂や情報だけで判断せずに自分で何が問題なのかを考えていきたいものですがなかなか難しいことですね。
どうか素敵なメンターさん達がたくさんいることも気持ちの片隅にとどめてもらえれば、と思います。

2017/05/29 (Mon) 17:30 | にけ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する