その日の夜

ffxiv_20170601_020149.jpg

前回の記事を書いた後、ほんとうに…ほんっとうに

ものすごい数のお祝いのメッセージを頂きました!

改めてになりますが皆様本当にありがとうございます!

ブロガーとしてたくさんの方に記事を読んで頂いて更にお祝いのメッセージまで頂けるなんて2年前は考えてもいませんでした。

さすがにちょっとうるうるっときてしまってw

嬉し泣きするのをこらえてFF14にログインしたら














ffxiv_20170601_234346.jpg

何故か画面いっぱいに広がる裸の男。

いや…まわりのカラー豚ちゃん達も気になるんですけどね…w

ffxiv_20170601_234501.jpg

今日は何して遊んでるのかなーwと思ってログインの挨拶を済ませたらみんなからは「2周年おめでとう!」のお祝いの声。

嬉し泣きしそうなの我慢してログインしてきたのにこれはずるいなーw

胸の奥がじんわり熱くなりました。

ffxiv_20170601_234835.jpg

お祝いのケーキまで用意してくれて!

じんくんがめっちゃパティシエみたいな感じで立っていて、さも「私が作りました」という感じですがどうやら違ったらしいw

結局誰がケーキを作ってくれたのか聞き忘れた気がするけどすぴかさんが作ってくれたのかな?

ケーキありがとうございます!実はめちゃめちゃ嬉しかったですw

ffxiv_20170601_234923.jpg

せっかくだから食べてーwということになり、ケーキにひざまずくニケマーチ。

侍たるものケーキに対しても礼に始まり礼に終わるのです。

ffxiv_20170601_234941.jpg

うまい。

ffxiv_20170601_235247.jpg

一人ですぐ食べ切れるような量じゃないので合間に記念撮影も!

フォークをさしてるような図でSSを撮ったつもりなんですが引きで見ると分からないな…というかまずフォークじゃなく刀だというw

ffxiv_20170601_235526.jpg

そういうような事を考えながらSSを撮っていたら背後からやたら熱い視線を感じました。

彼らの今日の目的は本当にお祝いなのだろうか…w

ffxiv_20170601_235700.jpg

だけど後ろの光景は最近のさまほりでは割りとよくあることだ、気にしないでおこう。

なによりFCさまほりのみんなにこんなにも盛大にお祝いしてもらえるとは思っていなかったのでもうニヤニヤが止まらないw

これ夢じゃないよね?起きたらまだ蒼天のイシュガルド始まったくらいとかそういうことないよね?
と一人でちょっと心配してましたw

それくらい分かりやすく浮かれてましたw

ffxiv_20170602_000054.jpg

それから少しするといつの間にかどこかに言っていたえうりーさんが戻ってくるなり僕へすかさずトレード!

最初は一体なんだろう?と思ったんですが、SSをご覧ください。そう…

フォークを買ってきてくれたんですよ!!

さっき本当はフォーク刺せたらいいのにねーwなんて言ってたら買ってきてくれたんです!

しかもこれ!

光るフォーク!!

高いやつや…これ高いやつ…。

「こういう時こそね!w」とえうりーさんは言っていましたが、お財布の中身大丈夫でしょうか…?w

これからずっと大切にしますね!ありがとう!

ffxiv_20170602_000345.jpg

せっかくフォークを買ってもらったのに刺さない手はない!という事で、4.0からはなくなってしまうと聞いているポールダンスこと竜騎士のアクション、リング・オブ・ソーンをうつことに。

うおおおお!!!

ffxiv_20170602_000300.jpg

いただきぃぃぃい

ffxiv_20170602_000327.jpg

まぁぁぁぁあち!!!





ffxiv_20170602_003302.jpg

FCのマスターになって早2年とちょっと…。

本当に色々なことがあったけど、やっぱり勇気を振り絞ってFCを作って良かった。

そしてこのFCに来てくれたのがみんなで本当に良かった。

こんな風にふざけ合うことって実はものすごく難しいことだと思うんですよ。

あまりしつこいと面倒臭がられるし、一線を超えるような事をしてしまうと関係が壊れてしまう。

そこにちゃんとした信頼関係があってこそお互いふざけて遊び合えるし、それをプラスにしていく事ができる。

ffxiv_20170602_000353.jpg

多分この何気ない1枚のSSこそ、FCサマーホリデーという団体を表している。

だってね、状況だけ言えば丹精込めてお祝いの為に作ったケーキを更にお祝いでもらった武器で突き刺してるんですよw

ちゃんとした信頼関係がなかったら笑って見てられないと思うんです。


とは言えやり過ぎは良くないのでその辺りはちゃんと見極めねばならないところでもありますけどねw

Nike March 2013_08_24 22_32_05

1人で寂しかったあの頃。

ffxiv_20170601_234611.jpg

みんながいて楽しい今。

ffxiv_20170602_015836.jpg

大切にしないといけないな。

改めてそう思った夜でした。



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する