タイタンを倒す

結構前に挑戦した弱蛮神を1人で倒すこの企画。

前回はタイタンのジェイルの詠唱完了までに心核を壊すことが出来ずに持越しになったんですが、今回改めて召喚のスキルを取ってきて再挑戦しました!

ちなみにその時の記事はこちら!

蛮神に挑む


ffxiv_20150811_024724.jpg

久し振りだな、タイタンよ。

この前はお前のジェイルにぼっこぼこにされたけど修行して新たな力を手に入れた僕に負ける要素はない!

ffxiv_20150811_024714.jpg

いくぞ!!

ffxiv_20150811_024849.jpg

ででーん!!

いつも通りです。

が!しかし!

前回の記事でこの画像は何度も見たと思うので今回はもういいでしょう。

ffxiv_20150811_025208.jpg

今回は僕がとった行動をお教えしよう。

まず召喚するエギはイフリート。

イフリート・エギは攻撃力ならトップだ!

と僕はどこで植えつけられたかも分からない知識を元にイフリートを選んだ。

ここは恐らく何でもいいと思うんですが、火力的にガルかイフがおすすめです。

ちなみにガルーダの技の中に召喚者がかけたDOTの時間を引き延ばす物があるんですが、これはかけるタイミングが大事だと思います。

ジェイルの詠唱があるとは言え弱蛮神、あまり最初の攻撃を強めてしまうと予想以上にジェイルのタイミングが早くなったりするので注意が必要です。

そんなジェイルのタイミングを計りながら攻撃してもことごとく土の塊にされる僕。

あー、後ちょっとなのになぁ…!今自分が持ち合わせてるスキルではフルバフで戦ってるのになぁ!

そう思った時に僕はあることに気が付いた。

フルバフで戦ってないわ。

僕が何を忘れていたか?

それは焦り過ぎてエーテルフローのリキャストを待っていなかったことだ。

巴術士、学者、召喚士にはエーテルフローと言う技があり、それを使う事でMPを回復させつつ、専用の魔法を使うのに必要なバフを最大で3スタックさせることが出来るのだ。

そしてそのエーテルフローを3スタックさせたままリキャストを待てば、疑似的に6スタックさせることが出来るのだ!

それに気が付いてからは事が進むのは早かった。

スキル回しが少しだけややこしかったが、簡単に説明すると

ffxiv_20150811_025515.jpg

バハムートエーテルをスタック出来る技をタイミング良く使用してバハムートエーテルを維持しつつ!

ffxiv_20150811_025535.jpg

心核が出現する前のジャンプ中に自分にかけれるバフを全てかけて!!

ffxiv_20150811_025538.jpg

バハムートをその身に宿して全力攻撃!!

ちなみにトランスバハムートを使う頃にはエーテルフローのスタックがなくなっているので攻撃を始める前にリキャストが終ったエーテルフローを使用しておくこと!

全てが上手くかみ合うと…!

ffxiv_20150811_025749.jpg

ffxiv_20150811_025751.jpg

ジェイルの詠唱をキャンセルして大地の怒りが発動し、最終フェーズへ!

ここまでくればこっちの物。

その後も倒すのが遅いとジェイルが飛んできますが、スタックしているエーテルフローを駆使することが出来れば!

ffxiv_20150811_030437.jpg

タイタンを倒すことが出来ます!!

ここに行き着くまで思っていたよりも時間がかかってしまいましたが、ようやく弱蛮神を全て倒すことが出来ました。

イシュガルドに入ってからレベルもILも大きく上昇した僕達。

さらに人数制限が解除された2.XのID、討滅戦。

みんなもギリギリの縛りを設けてドキドキを味わいながらIDや討滅戦に挑んでみてはどうでしょうか?

ffxiv_20150811_030527.jpg

予想以上に燃えます!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する