バルダム遠足

ffxiv_20170722_192647.jpg

まだ紅蓮のリベレーターのメインをクリアしてないからIDの情報は見ないでおきたい!と言う方は是非クリア後にご覧ください。

今日も元気にバルダムバルダム!という方、わかります。お進み下さい。


ffxiv_20170722_191416.jpg

紅蓮のリベレーターで多数追加されたID、そのひとつにバルダム覇道という物がありますね!

アジムステップにあるこのIDが大好きだ!!という方は多いのではないでしょうか?

特にアウラが大好きだ!!という方にはアジムステップ、バルダム覇道はもはや住みたいレベルでお気に入りの場所かと思います。

ffxiv_20170722_180159.jpg

この日はそんなアジムステップ or アウラ or バルダム覇道 or ID探索が大好きなメンバーが集りました。

IDのコンテンツ時間90分を使ってめいっぱいバルダム覇道を楽しみ尽くすのです。

まぁでもね、さすがに90分は長いですからねw予定としては60分ほどになりました。

ffxiv_20170722_180454.jpg

IDに突入してすぐにわちゃわちゃしだす4人。

「ハルガイ・シュートのシュートってどういう意味なんだろうね」

「ハルガイを!相手のゴールにシュゥゥゥゥゥット!!」

「超」

「エキサイティンッ!!」

「ありがとう」

「バトルドーォォォォム!!」

という開幕からテンションが高すぎる一向。

ffxiv_20170722_180537.jpg

今回は身内4人でIDをゆっくり見る会で来ているのでグループポーズでSSだって撮れちゃう。

これは入ってすぐのSSなんですがもう雰囲気がすごい。

バルダム覇道って他のIDと違って広々として見晴らしがいいのも特徴ですよね!

ffxiv_20170722_181002.jpg

とても大きいフン・チョロー。

アジムステップやバルダム覇道に詳しいさーしゃさんから教えてもらいましたがフンには人という意味が、チョローには石と言う意味があるそうな。

フン・チョロー=石人 という訳ですね。

なのでアジムステップで「ふんふん!ふんふん!ふんふん!ふぉーん!!」ってララフェルで怒り狂うと、

「人人!人人!人人!ふぉーん!!」 と、自分が人間であることを声高に言っているように聞こえるのかもしれません。

ffxiv_20170722_181142.jpg

この旗はなんじゃろねー?という話しもしました。

僕は「お寺とかでお金払ったら名前書いた木の板とか飾ってくれるあれと似たようなものかもしれない」と推測したんですが果たして…。

いや!でもあるかもしれませんよ!お金払ってバルダム覇道を管理してる部族の旗説!

ffxiv_20170722_182016.jpg

色んなエフェクト、色んなフィルターでSSを撮る楽しさ!

バルダム遠足で行っているからこそですねー。

そう言えばみんなに聞きそびれたけど結局この至る所から飛び出してるトゲトゲの岩達は何なのだろうか…?

ffxiv_20170722_182106.jpg

教えてもらって気がついたんですがやたらと色んなものに角がついてたりもw

ffxiv_20170722_182401.jpg

すごく悲しそうな顔をしてる扉。

だけどひっくり返せばこの通り!

ffxiv_20170722_182423.jpg

怒った覆面レスラーのような表情になる!

後で分かることですが、この先にももう1体大きな扉があって、その扉の顔がちょうど最初の扉を上下逆さにしたような表情なんですよね!

細かいところは微妙に違いますが上下逆さが単なるデザインとして組み込まれているだけなのか、それとも何か意味があるのかはとても気になるところ。

意外とひねったものではなく太陽と月っていう意味なのかもしれません。

ffxiv_20170722_182910.jpg

そうこうしている内に朝日が昇ってきました!

めっちゃ綺麗…。

このSSが撮れただけでもう大満足でみんなできゃーきゃー言ってたんですが、なんとこの時点でもうIDに入ってから30分が経過しておりましてw

まだ1ボスにもたどり着いてないのにこれ大丈夫か!?w ってなってここからは少しスピードを上げて探索することに。

ffxiv_20170722_184521.jpg

そして最初のボスのガルラちゃんは実はぐっすり寝ていることが判明。

僕達が近づいてもエモートでつついてもスヤスヤ寝ておりましたw

ID内のボスって基本的に紫のライン前で「行くよー!」みたいな合図の後全員で総攻撃!ってことがほとんどなので、攻撃しなければ眠ったままって言うのはなかなか気づかないですよねーw

ffxiv_20170722_184723.jpg

ちなみに戦闘が始まる直前まで僕は羊の毛に手を突っ込んでました。

もふもふゴワゴワでした。

ffxiv_20170722_185127.jpg

IDも半分くらい来たかと言うところでさーしゃさんが「あ!旗がある!!」と。

どこかで見たことがある旗だとこの時は言っていて、後からアジムステップで確認するとケスティル族の旗であることが判明。

ということはここを管理しているのはケスティル族なのかな?

ID最奥の名称も物言わぬ語り部だしなぁ。

ffxiv_20170722_185254.jpg

やはりIDを見るために突入できると色んなSSが撮れます。

普段はグループポーズを起動して大きく引いた視点でIDのSSを撮るなんて出来ないのでほんとSSが捗るなぁ。

このSSを撮りながら「アンチャーテッドみたい!」と僕は言ったんですが、実際にアンチャーテッドをプレイしたことはないという…w

ffxiv_20170722_190035.jpg

メ、メテオだー!!!

ボス戦が始まっているのに3人ほど外にいるのは決して締め出されたわけではなく…。

一緒に探索していたちせさんにボス戦を全て任せたのです!(SSを撮りたいから)

お陰でちせさんは忙しそうにギミックの処理を行っていましたが無事に1人で2ボス目を突破しておりましたw

お上手でした!

ffxiv_20170722_190852.jpg

更に奥に進んでいったところでさーしゃさんが「ここの門を見てごらん」と言ってくれたので改めて立ち止まってみてみると門のデザインがヨルだったことが判明!

ここもコンテンツファインダーでくるとささっと駆け抜けちゃうので気が付きにくいですよねー。

門のデザインにするくらいだから本当にヨルが好きなんだなぁ。

もしアウラ族の生活に密接していたのがヨルではなくでぶチョコボだったらこの門のデザインもそうなっていのか、と思うと少しおもしろいですがw

ffxiv_20170722_190901.jpg

ちなみにここまで入り込むと一気に空模様が変わります。

神様でも下りてきそうな空だ…!

ffxiv_20170722_191407.jpg

そして最奥で記念撮影…の前に肉を食べるニケ。

実はこのID内でいろいろ食べてるSSも撮ろうと思って事前にご飯を大量購入してたんですよねw

だけどID内でSSを撮るのが楽しすぎてここにくるまでご飯食べるのを忘れてましたw

ffxiv_20170722_192115.jpg

そして改めて最奥で記念撮影!

前々から紅蓮のIDもゆっくり見て回りたいなぁと思ってたので本当に楽しかった!

突入前はかかっても60分位かなぁ?なんて言ってたんですが結局90分めいっぱい使い切りましたw

ちなみにこの4人は2年以上前からの付き合いなんですがなかなか4人揃ってどこかに行く、ということがないのでそういった意味でもすごく嬉しかったw

ffxiv_20170722_192848.jpg

ID終了後にはおみやげのようにカバンの中に胴装備が突っ込まれていましたw

前々から欲しかったのでこれも嬉しかったなぁw

ffxiv_20170722_193804.jpg

やっぱりゆっくりIDを見て回れるっていいなぁ。

FF14はほんとIDも細やかに作ってくれているのでSSの撮り甲斐も、探索のし甲斐もある!

僕は結構な考察好きなのでそういったところが掻き立てられるのもいいところですね!

ものすごく楽しかったから他のIDにも遠足に行ってみたいと思ったニケなのでした!



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する