思い出した

ss20170730_224952.jpg

ECOのプレイスピードと記事の執筆スピードが全く噛み合わない…w

今現在記事の内容よりもぐんと先に進んでいるんですが、自分が旅した道程を出来るだけ残していきたいので実際の進捗具合とは別に記事を書いていきたいと思います。いつもです。

ss20170729_231143.jpg

前回の記事でようやくえうりーさんと合流できたニケマーチ。

しかしえうりーさんのおしゃれで強そうな装備を見てニケマーチはがくりと膝をつくのであった…。

ss20170730_222802.jpg

このままではレベルも装備も大きく離れてしまって同じレベル帯の場所に遊びに行けない!

それを危惧したニケマーチは仕方なくチュートリアルを進めることにした。

ss20170730_223334.jpg

仕方なくと言いつつもお話しを進めるごとに可愛い幼女アルマ達が出てくるので気持ちは常にハッピー!

どの娘もほんと可愛いなぁ。

ちなみにアルマとはモンスターが「想いの力」によって人の姿と心を手に入れた存在。

スペイン語では「魂」という意味を持っている。

思いが強ければ形を成す、というのはFF14の蛮神たちと似てますね!

ss20170730_224237.jpg

アルマだから突然ブリを取り出すことも可能。

だけどそんなことが気にならないくらいブリを掲げているペペンちゃんが可愛い。

ss20170730_225336.jpg

チュートリアルの一部を終えてペペンちゃんを観察しに行ったら帽子を取っていてびっくりw

そう言えばチュートリアルを終えた時に膝に乗ってる帽子をくれたんですが、めっちゃナチュラルに帽子を脱いで差し出してくれて驚きましたw

FF14だとキャラクターが装備を脱いで渡してくれる時って(某モンククエのあの人とか…)一旦暗転が入って明転したらキャラクターが装備を脱いでる、って感じじゃないですか。

ECOはそうじゃなくてもうそのまま被ってる帽子を差し出してくれたんですよ!

モーションの自然さと言い、帽子を取ってもちゃんと作りこんであるグラフィックと言いほんとすごい。

これで出て来るアルマ達が全部かわいいって言うんだからもはや奇跡の域に達している。

ss20170730_225431.jpg

ペペンからうさぎの帽子をもらってご満悦のニケ。

ss20170730_225518.jpg

でもよく考えたらあの子はペンギンだった。

そうだよね…名前もペペンなのにね…w

こんな感じの帽子はうさぎである、という刷り込みが僕には長年行われているのでアルマの名前がペペンでもうさぎとしか認識できなくなっていたw

ss20170730_231435.jpg

チュートリアルの大先輩になったえうりーさんから資金提供とゴールドがたくさん稼げるクエストを教えてもらうニケマーチ。

獣耳天使なんていう素敵な要素を詰め込んだえうりーさんのキャラクリ大好きです。

ss20170730_235816.jpg

そしてこの日はえうりーさん宅でお互い就寝してログアウト。

SSでは脚筋で頑張ってベッドに寝てるニケですがこの後ちゃんとベッドの上で寝れましたw

ss20170731_201841.jpg

翌日。

えうりーさんからもらったお駄賃10万ゴールドで買ったバトルコートを身に纏い冒険の旅に出るニケマーチ。

この頃から僕は心のなかに何かひっかかりのような物を感じるようになった。

それは嫌なひっかかり等ではなく、あと少しで記憶の引き出しが開きそうなのに棚に物を入れた角度が悪くてそれがひっかかってしまって記憶の引き出しが開けられないようなひっかかり。

ss20170801_132347.jpg

うーん…このあと少しで引き出しが開いて中が見れそうなのにどうしても入れたものがひっかかってしまう感覚…これは一体どこから来てるんだろうか…。

そう思いながらチュートリアルをしていると冒険の相棒を務めてくれていたタイニーゼロ・アルマがこんなことを言った。



「ボクがキミの盾に、なれるかな……?」



ss20170801_155242.jpg

なんか…聞いたことあるな…。

僕が…君の盾になる……。

ss20170801_161511.jpg

あっ……。

いや、でもそんな……え、本当に…?

突如開いた記憶の引き出しの内容をちゃんと確認するために僕は少しECOのことをネットで調べてみた。

ss20170801_163942.jpg

今年でサービス12年目、当初は月額課金制、短期間の無料体験、そして自分のキャラクターが装備に乗り移って他の人を支援できる憑依…。

あぁ…あぁ…思い出した…。

ss20170801_174051.jpg

僕はこの世界を知ってる…。

ss20170801_181710.jpg

もうどれくらい前のことだろうか…。

ECOが月額課金制から基本料金無料になったのは2009年みたいだから少なくともそれよりも前のこと。

当時僕は何かオンラインゲームで面白そうなものはないかとネットサーフィンをしていてそうして見つけたのがECOだった。

可愛らしいキャラクター、装備に憑依して相手にくっつきながら旅が出来るシステムはテイルズオブデスティニーのソーディアンを彷彿とさせた。

こんなに可愛いキャラクターで着せ替えも楽しみながらみんなと一緒に冒険して遊べるのか…!

えっと、オンラインゲームの名前はエミル・クロニクル・オンラインか。

キャッチコピーが

ss20170802_165943.jpg

「僕が君の盾になる,そして君が僕の……。」

ss20170802_174547.jpg

あの頃はオンラインゲームに月額金を払って遊ぶという考えが僕には定着しておらずどうしても手を出すことができなかった。

無料体験期間もとても短く、たとえ遊んで面白かったとしても続けて遊ぶには月額が必要…。

ものすごく気にはなったし、遊んでみたかったけどそこで諦めてしまった世界、それがECOだった。

ss20170802_222617.jpg

あぁ…!僕は来れたのか、あの頃憧れた世界に。

いつの間にか思い出すことも出来なくなっていたゲームと再び巡り合うことが出来たのか。

しかも、そこで、

ss20170805_181209.jpg

あの頃まだ出会ってもいなかった友達と冒険をしてるのか。

ss20170805_152546.jpg

随分遅くなってしまったけどようやくこの世界に辿り着けたよ…。

この世界に残された時間はもう少ないけれど、僕なりにめいっぱい遊びますね。

やっと出逢えたんですから。



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する