紅蓮祭2017

ffxiv_20170808_223405.jpg

始まりましたね、紅蓮祭!

8月8日から始まったシーズナルイベント!今年もがっつり遊んできました!

ffxiv_20170808_223400.jpg

今年の僕の紅蓮祭は水上から始まった。

実は前日にここでえうりーさん、くろうさん、くーちゃん、僕で泳いで遊んでたんですよね。

で、普段水の上でログアウトするってそうないのでここでログアウトしたらどうなるんだろう?っていうことで水上でログアウトしたんですよ。

ffxiv_20170808_223523.jpg

そしたら水上から始まったよってだけなんですけどねw

ログインして「わー水上だー」と思ってたら目の前に突如現れるえうりーさん。

どうやらログイン時間がほぼ同じだったようでこの流れに乗ってまだシーズナルイベントをしていなかったメンバーと一緒にいざイベントへ!

ffxiv_20170808_223538.jpg

その前に世にも奇妙な状態になっているくろうさんのSS貼っとこ…。

ffxiv_20170808_224032.jpg

「イベント会場はどこですかああああ」

「リムサー」

「リムサぁぁぁロミンサぁぁあああ!!!」

ffxiv_20170808_224043.jpg

到着したらさっそくクエストを受注!

クエストはいつも通りコスタでこなしていくようだ!

ffxiv_20170808_224358.jpg

コスタについてさぁイベント!と駆け出すララフェル達。

かわいい。

ffxiv_20170808_224418.jpg

そしてクエスト進行のために離れ小島へ!

ここってシーズナルイベント中だけ増えてる島なのかな…?

普段はこの辺りは海だったような気も…。

ffxiv_20170808_224649.jpg

いつも通り言われるがままクエストを進めていく光の戦士達。

どうやら紅蓮祭の手形を7枚集めないと報酬の水着はゲットできない模様。

今年も手形を手に入れる方法は複数あるのでそちらをご紹介しましょう。

ffxiv_20170808_225020.jpg

まずは「常夏の花火と紅蓮祭」。

ffxiv_20170808_225603.jpg

このクエストを受けるとマップ上に点火できる水上花火が設置されるので、そこにいってアイテムを使って水上花火を上げる!

合計3箇所に点火すればクエスト完了で手形が1つもらえます。

水上ではマウントに乗れずスプリントを使って移動することになるのと、水上花火が設置されてる3箇所がどこも離れているのでこれだけで手形を稼ごうと思うと少し大変かも。

ffxiv_20170808_225055.jpg

「常夏の調理と紅蓮祭」

こちらは調理師でバタードフィッシュという料理を作って納品するタイプのクエスト。

料理さえ持っていれば納品するだけでその場から動かずに手形を稼げるのでそこだけ考えれば一番楽!

ただ料理に使う魚以外は自力で集めるかマーケットで購入するかしかないので自力で素材を全部集められないと少しギルはかかるかもしれません。

完成品のバタードフィッシュ自体もマーケットで取引可能だったりトレードできたりするので、完成品を作って売って少しおこづかいを稼いだり、友達の為に手形集めを手伝って上げたい!と思った時などにも良いかもでっす!

ffxiv_20170808_225850.jpg

「常夏の釣果と紅蓮祭」

こちらは漁師で釣り上げる魚を納品することでクエスト達成ができるタイプ。

調理のクエ同様イベント会場に釣り餌を売ってくれるNPC(調理クエで使う魚を売ってくれてる人と同じ人)がいるのでそこで餌を購入。

エサのレベルが1~30までありますが多分どの餌で釣っても変わりはないです。

気をつけないといけないのが釣りをする場所!

クエスト受注後マップ上で赤丸がついてる場所で釣らないと恐らくお目当てのお魚は釣れないようになってます。

また、このクエストだけ漁師レベル5から受注できますが一番初めのクエスト同様水着をもらったりするクエストではレベルが30じゃないとクエスト自体が受注できないのでご注意を。

ちなみに戦闘ジョブではなくてもレベルが30になっていればいいようなのでギャザクラのレベルを30にすることでもイベント自体は最後まで完了できます。

ffxiv_20170809_000356.jpg

各々イベントを終わらせて水着をゲットした後はちょっと休憩。

ffxiv_20170809_000401.jpg

みんなで打ち上がる花火を眺めます。

紅蓮祭の花火を見るのもこれで3回目かぁ。

もう随分長く遊んでるなぁ。

ffxiv_20170809_000704.jpg

改めてこの3年の紅蓮祭のSSを見返してみるとどんな時でも僕は誰かと一緒に花火を見ている。

誰かと遊びたくて始めたオンラインゲーム。

それが叶ってるんだな、幸せだ。

ffxiv_20170809_001412.jpg

来年も再来年もそのまた先も、こうやってみんなで花火を見てゆっくりできるFCでいよう。

ffxiv_20170809_003444.jpg

FC:サマーホリデー その名の通り夏休みという意味。

子供の頃待ち望んだあの夢のような休暇。

あの時体験した以上の、素敵なこといっぱいの夏にしたいと思います。

夏はまだ始まったばかり!!



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する