帰り道

ss20170814_032016.jpg


僕がまだ中学生になりたてだった頃、僕は楽しかった小学生の頃のことを毎日思い出していた。

優しい先生達、クラスの友達、ちょうどいい大きさのグラウンド。

6年も生活してきた場所だ、もうそこは自分にとって第2の故郷と言えるものだった。

そんな場所を離れての進学。

大好きだったあの場所とは全然違う場所。

学年全体がそんな感じで中学校に馴染んでいなかったからか、それともそれがその先生の口癖だったのかは分からない。

だけど新しい生活に馴染めていない僕達に向かって先生が言った言葉は

「あなた達はもう中学生です。小学校のことは忘れてちゃんとしなさい」

今となって思えば、「いつまでも戻れない時期にばかり目を向けているのではなく前を見据えなさい」そう言いたかったんだと理解できる。

だけどその時の僕はその言葉をそのまま受け止めた。

楽しかった思い出を忘れろと言われたように感じた。

その頃から僕は、お別れや卒業が苦手になった。

ss20170831_175212.jpg

だからECOでもそうなってしまった。

最後だからぱーっと楽しく遊びきりたい、だからお掃除衣装を作って飛空庭の改装に挑む。

ss20170831_180611.jpg

すずちゃんが是非設置して欲しいと手渡してきたタイニーとウーパールーパーも配置。

今夜ここでみんなと最後を迎えるんだ、素敵なお庭にするぞ!!

ss20170831_203122.jpg

その途中前日からDMをもらっていたじんくんともECOで合流。

ECOの最後はFC:サマーホリデーの4人で迎えられることとなった。

ss20170831_232220.jpg

目一杯遊んだ。

秘密の場所にあるECOメダルで引けるくじ。

たった1回でそのくじから4人乗りのライドパートナーをじんくんが引き当てたことはもはや後世に語り継がれるべきことだろう。

ss20170831_232836.jpg

大完成したお庭にみんなを招待。

イメージは夏とキャンプと秘密基地。

ss20170831_233515.jpg

ちゃんとご飯も用意した。

カレーとラーメンの2種類だったんだけどみんなラーメン推しだったねw

ss20170831_234521.jpg

そしてサプラーイズ!!

天候を花火に変更してECOの最後をみんなで賑やかに!

大丈夫、まだ悲しくない。

まだ寂しくない。











ss20170831_235530.jpg

ECO終了残り5分。

チャットログに運営チームからのコメントが流れた。
2017-09-01_002206.jpg


ECO運営チームです。

2005年12月9日よりサービスを開始したエミル・クロニクル・オンラインは

2017年8月31日23時59分をもちまして、サービスを終了させていただきます。

エミル・クロニクル・オンラインを支え盛り上げてくださった全てのお客様へ、心より厚く御礼申し上げます。

最後までエミル・クロニクル・オンラインをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。






あと5分でサーバーをシャットダウンします


ss20170831_235452.jpg

ねぇ、やっぱりダメだよ。

寂しいよ。

僕はあの頃からあまり成長できてないよ。

お別れは苦手だよ。






だけど、






ss20170814_032102.jpg

自分が歩みを止めない限り、そこで感じたことを忘れない限り、物語はまだまだ続いていくんだよね。

「あなた達はもう中学生です。小学校のことは忘れてちゃんとしなさい」

そう言っていた先生が中学校を卒業する時「あんたらに出会えてよかった、あんたらは最高の学年だったよ。忘れない」って言ってたのが懐かしいな…。

ss20170814_032136.jpg

たくさん思い出が詰まった場所にもういけなくなることは悲しい、寂しい。

自分のキャラクターやパートナーたちにもう会えないと思うと涙が出そうだ。

だけどそこで止まってしまったら、きっとそっちの方がもっと悲しい。

ss20170814_032252.jpg

忘れない。

まだまだここから離れがたい僕だけど、この世界で体験したこと、想ったこと、知ったこと、ちゃんとこの心に刻みつけるよ。

ss20170831_235844.jpg

最後をみんなと一緒に迎えられて本当に良かった。

こんな素敵な仲間たちに出会えたのは僕の人生の誇りです。

FF14で知り合った僕達がここに集えたのはオンラインゲームだからこそだよね。

2017-09-01_001620.jpg

ありがとう、ありがとう。

「またあした」って言えることがどれだけ幸せか教えてくれてありがとう。

僕たちが心で繋がっていることを教えてくれてありがとう。

sss20170814_032016.jpg

忘れないよ、忘れない。

何度忘れたって、必ず思い出すよ。

本当に本当にありがとう。











ssss20170814_032016.jpg

またね。

























































ffxiv_20170901_185856.jpg




ffxiv_20170901_185908.jpg




ffxiv_20170901_185943.jpg




ffxiv_20170901_202115.jpg

「頼まれてたものでけたよ!」

「おぉ、ついに!!」

ffxiv_20170901_202330.jpg

「結構楽しく出来たーw」

「それは良かったw」

ffxiv_20170901_202515.jpg

「こちらでございまーす!」

ffxiv_20170901_202704.jpg

「おぉぉぉ!!!」

「どうかな?」

「めっちゃいい!最高です!!」

「へへーw」

「さっそく部屋に飾ろう!」

ffxiv_20170901_215008.jpg




ffxiv_20170901_222536.jpg









































ffxiv_20170901_215114.jpg
















ffxiv_20170901_215420.jpg

「あ、私まだ万物集まってないや」

「あ、僕もだwエキルレいこうかー!」

「おー!」

ffxiv_20170901_215926.jpg

「明日は14時間生放送もあるねー!」

「もう飲み物買ってきた!」

「まじかーw」






















sffxiv_20170901_220156.jpg




おわり



関連記事
スポンサーサイト

コメント

はじめまして

ECOでメールをくれた
にけさんで合ってますか(^^♪?

遊びにきちゃいました!
そして
FFにいる人だったのですね!

数日中に
わたしのブログで
いただいたお手紙のこと
日記にさせてもらいます!
名前は出しませんが
よろしくお願いしますねm(__)m

2017/09/03 (Sun) 20:37 | 月那 #- | URL | 編集
お祝いと報告

こんばんわ。
まず、メインストーリーのクリアおめでとうございます。
ブログ読みながら泣きそうでした。
絆の力、みさせていただきました。

自分が12年続けたECOが終わりになると知り、
次のオンラインゲームを探していましたが、
FF14を始めることに決めました。
貴方がいる世界なら楽しくやっていけそうと
考えて決めました。
残念ながらmandragoraは混雑でキャラを作れませんでしたが、
他のワールドで、のんびりやっていきます。

素晴らしき出会いをくれたECOと貴方に感謝します。
セシル・グラッセより

2017/09/03 (Sun) 22:58 | セシル #- | URL | 編集
月那さんへ

そうです!ECOでメールを送ったにけですー!!
だってにけだもんへようこそ!
コメントありがとうございます!!

FF14で生活し始めてそろそろ3年になります。
ECOの世界にはどうしても訪れて遊びたかったので1ヶ月という短い時間でしたが、
飛び込んでたくさんの素敵な体験をさせてもらいました!!

わー!!ブログであの手紙を!嬉しいです!
名前も出して頂いて全然構わないです!
月那さんのブログにもまた遊びに行かせてもらいますね!

2017/09/04 (Mon) 11:04 | にけ #- | URL | 編集
セシルさんへ

セシルさんいらっしゃいませ!
コメントありがとうございます!

あの時セシルさんが万年筆をゴーレムショップで売っていなかったら
間に合わせるのはほぼ不可能な状態だったので本当に感謝しかありません!
ありがとうございます!

なんと!FF14の世界に!
これ程嬉しいことはありません!
嬉しくてちょっと泣きそうです…w
そうなんですよね、今マンドラゴラサーバーは人が増え過ぎたために鎖国状態に…。
近々サーバーが違ってもフレンド登録出来るようになるみたいなので良ければその時はまたよろしくお願いします!

違う世界で遊んでいた僕達がこうして出会ってつながっていける、
これこそオンラインゲームの可能性だなぁと改めて感じました。
セシルさん素敵なコメントありがとうございます!!

2017/09/04 (Mon) 11:14 | にけ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する