FC2ブログ

お姉さん

ffxiv_20171020_234745.jpg

アウラに幻想してから数日が経った。

数日出かけていたので長い間この姿で過ごした訳ではないけどそれでも何日かはこの姿で行動している。

だが、慣れない。

住めば都と言うことわざがある。

どんなところでも長く住んでいると居心地が良くなってくるということわざだ。

それは住んでいる家や地域に限らず、他の事柄にもある程度あてはまるものだと僕は思っている。

故に数日アウラで過ごせばある程度の慣れは出てくるはずなのだ。

だが、慣れない。

ffxiv_20171020_231328.jpg

何故なんだ…。

こんなにも美しく、足も長く、今まで穿いてもどんなデザインかよく分からなかった靴まで楽しめるというのに。

何故この姿に徐々に慣れていき、楽しいぞぉぉお!!と思うようになかなかならないのか…。

この現象を調査するため僕は去年ミコッテに幻想した時のSSを引っ張り出してきた。

ffxiv_20161030_033748.jpg

あっ、かっわいい。

なんなら今からこっちに幻想してもいいくらい可愛い。

なるほど、こっちの見た目だと可愛いと思って、アウラだとそんな気持ちが湧いてないのか。

それじゃあ更に可愛さにステータスを全て振り切ったようないつものニケのSSを見てみよう。

ffxiv_20171020_183719.jpg

うわああああああ、かわいいいいい!!!

自キャラな上に自分でクリエイトした見た目だけど飛び跳ねたくなるほど可愛いいいい!

ffxiv_20171020_232643.jpg

なるほど、そういうことか。

実は僕は昔からお姉さんやお姉さん系のキャラクターが全般的にあまり得意ではないのです。

ゲーム、アニメ、ドラマに映画、どんなジャンルにもいるじゃないですか、お姉さん系のキャラクター。

セクシー系のお姉さんからキャリアウーマン系のお姉さんまでいろいろありますがそれらが全般的に苦手。

唯一大丈夫なのが村娘っぽいというか、純朴っぽいというか…年は上だけど、それだけです。って感じのお姉さん。

ffxiv_20171021_235212.jpg

で、それを踏まえてこのアウラニケを見てみると純朴さは一切感じられない。

どちらかと言うとクールビューティな方にステータスが全振りしてある。

だからなかなか好きになっていかないのだろう。

しかし最初に言ったように住めば都。

長い時間この姿でいれば少しずつとは言え自分もこの姿になれてきてもおかしくはないはず。

なのに一向に慣れない…。

お姉さん属性というのがそこまで自分にとっての弱点属性なのだろうか…?

幼い>>>>>純朴>>>>>>お姉さん

こんな図式が成り立つほど僕はお姉さんがダメなのか?

しかしそこまで考えてそれはないと思った。

何故なら

ffxiv_20161030_021737.jpg

お友達のふぃあなさんを見た時は「うっは、かんわいいい!!」と思うから。

たしかに僕のアウラとフェイスタイプは違うけれどそれでもお姉さん感が全くない訳ではない。

にも関わらず可愛い!美人!あんな感じに幻想してみたい!と思うということは、僕が完全にお姉さんぽい見た目のキャラクターが駄目なわけではないということだ。

というかむしろ自キャラでなければ憧れくるくらいには好きということだ。

そしてそこまで考えて更に気がついたことがあった。

ffxiv_20171022_020833.jpg

僕は自キャラと自分をリンクさせて感情移入する方ではない。

昔はそうだったけど、大人になるにつれて自分とキャラクターは別の存在というか、相棒というか、そういう風に考えることの方が多くなっていった。

そしてこのFF14においては相棒であると同時に、自分の子供のような感覚でゲームをプレイしてきた気がする。
まぁ、ララフェルで始めたからだけどw

ffxiv_20161019_020019.jpg

ということはニケ=娘のような存在。

好きなキャラクターの容姿=幼い、可愛い。

苦手な属性=お姉さん。

こういう図式がここまでの考察で明らかになったことになる。

そしてそれらを踏まえて改めてアウラニケを見てみると、

ffxiv_20171022_023052.jpg

ララフェルの様な娘要素…なし。

幼さ、純朴さ、可愛さ…どちらかと言うとクールビューティ系。

お姉さん要素…あります。

こういう結論が僕の中ではじきだされた。

つまり自分の中で求めている要素がこのキャラクリにはほとんどなく、逆に自分が苦手としている要素のほうが濃く出てしまっているのだ。

故に慣れない。

ffxiv_20171026_234643.jpg

そしてこの状況を打破する方法は2つ。

1.自分好みの可愛いキャラクリに近づける。

2.クールビューティ系のキャラとして完成させきる。

このどちらかだ。

アウラニケに幻想する期間は一応シーズナルイベント終了頃まで…。

多分10月31日位には元の姿に戻るだろう。

それまでに僕はこのアウラニケに慣れなければならない。

今年の守護天節期間中のミッションはこれにしよう。

ffxiv_20171021_000428.jpg

幻想終了まで残り数日。

一体どこまでアウラニケを好きになれるのか。

これはこれでちょっと面白い遊びを見つけたかもしれないw



つづく。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おっかえりなさ~い!
いあ~、なんと言いますか・・・

「うわああああああ、かわいいいいい!!!」

に激しくうなづいてしまいました><
てか、その見た目、むしろズルイと思います!

2017/10/27 (Fri) 22:45 | パミミ #SFo5/nok | URL | 編集
パミミさんへ

ただいまです!

いつもララフェルなので可愛さに気づかず過ごしてることが多いんですが、
いざ違う種族になってララフェルを改めて見てみるともう!可愛さが!!w

そして遅くなりましたがリンク貼らせていただきました!
改めてよろしくお願いします!

2017/10/28 (Sat) 13:23 | にけ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する