FC2ブログ

今度は上向いていた話

ffxiv_20171115_225858.jpg

昔、昔あるところに、戦闘ジョブのレベルカンストの為にせっせと戦うララフェルがおりました。

ララフェルは毎日のように各種ルーレットに申請してごりごりとレベルを上げていきます。

ffxiv_20171115_235810.jpg

その甲斐あって忍者のレベルはカンスト。

最後はモブハントでレベルを上げきったのでした。

だけどもララフェルの手元にはまだ消化しきれていないデイリーモブハントの受注書が残っています。

せっかく経験値がもらえるのにそれを使わないまま新しいものに替えるのは勿体無い、そう考えたララフェルはささっとナイトにジョブチェンジして目的の場所に赴きました。

そう、 とても刺さっていた話 のあの場所です。

ffxiv_20171116_001123.jpg

その場所に着いた瞬間、ララフェルはすぐに異常に気が付きました。

だけど何が異常な状態なのかすぐには分かりませんでした。

何故ならそれは、この間の前輪が埋め込んである状態とはまた違った状態だったからです。

affxiv_20171116_001123.jpg

今度は後輪が埋め込まれていました。

affxiv_20171116_001126.jpg

今度は、後輪が埋め込まれていました。

ffxiv_20171116_001130.jpg

当日の放送は見れませんでしたが風の噂で聞きましたよ。

よしP、あなた…。

ffxiv_20171116_001132.jpg

またバルスしたんですって…?

見てよこれ。

これ見て。

別にウィリーの練習をしているわけじゃないのよ?

テレポで目的地に飛んできたらもう既に傾斜30度なの。

ffxiv_20171116_001135.jpg

たしかに思った。

美味しいと思ったわ。

あ、これネタに使えるねって思った。

でもそれと同時にやはり思うこともあったわ。

ffxiv_20171116_001151.jpg

どうしてこの距離までテレポの座標を伸ばしたの?

飛ぶの?飛び立つの?

このまま私はエーテライトに向かってHere we go?

ffxiv_20171116_001139.jpg

っていうSSを1ヶ月前に撮って忘れてたんだけど、今回のバルスのお陰で没にならずに済んだお話しでしたw



つづく。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する