イフリート鯖へのお出かけ!

ffxiv_20150819_211232.jpg

うおおおりゃぁぁあああ!!!

ニケです!

弓術士始めました!

嘘です!

今回はイフリート鯖にお出かけしてきました。

と言うのもある方に一言、応援してます!と伝えたくてサーバーを越えたのです。

プレイヤーサーチからラベンダーベッドにいる事を確認した僕は急いで桟橋へと走りました。

ffxiv_20150819_211319.jpg

走って。

ffxiv_20150819_211718.jpg

走って。

ffxiv_20150819_211726.jpg

到着した頃には変な表情になっていました。

仕方ないのでその表情のまま桟橋にいるお姉さんに事情を話してラベンダーベッド入りを果たしました。

しかしラベンダーベッドに到着してもう一度プレイヤーサーチした時に事件は起きた。

その人の現在の居場所がリムサ・ロミンサになっていたのである。

ffxiv_20150819_211710.jpg

まんまみーあ。

【マンマミーアとは】

イタリア語で「なんてこったい!」 と驚きを表す言葉である。 あのマリオが使う事でも有名で、なんとなくの意味はみんな理解していると思われる。


それはそうだ、移動して当然だ。

それから僕はふと思ってしまった。

挨拶と応援してます!と伝えてさようならって意味分かんないんじゃ…。

僕は葛藤した。

気持ちを伝えるべきか、そっと気持ちを心に収めて帰るか…。

しかしその葛藤の最中大事な事を思い出した。

そうだ、僕はその人のブログにとても共感したんだ。

あれはまだ僕がブログを見て回るようになるかなり前の事、自分が復帰するきっかけにもなったマイディーさんの名前すら覚えていなかった頃。

何がきっかけだったか僕はその人のブログに辿り着いた。

その時の記事はその人がマイディーさんに会いに行っている時の記事で、ただただ漠然と「へ~そんな出会いもあるんだなぁ」と感心しただけだった。

それから時は流れ、いつものようにその人のブログを見ていた時だった。

一番初めの記事ってどういう風に書いてるんだろう?と気になり初めの記事から読んでいた時だった。

かなり前に見たその記事に再会したのだ。

むしろこっちの方がまんまみーあだった。

それと同時に自分自身がマイディーさんに会いに行った時の事が思い出された。

そう言えば、自分もこんな感じ…いや、もっとテンパってたかなw

…やっぱり声をかけよう。

ここまで来て帰るのはなんか色々と勿体ない!(この間緊張からキャラクターサーチを10回以上繰り返すニケ)

直接会って、と思っていたが僕はtellしてみることにした。

「こんばんは!」

「こんばんわー!」

tellはすぐに返ってきた。ちょっとテンパった。

頭は真っ白だがこれだけは伝えなくてはいけない。

「ブログ応援してます!と一言いいたくて来てしまいました!」

言った、言えた。良かった。

この時点で全てをやりきった僕は既に帰還モードに20%位移行していた。

しかしその時だった、「ラベンダーベッドいきますね!」





「ラベンダーベッドいきますね!」





Oh…

でもすごく嬉しかったので驚きつつも直接その人のおうちに行きました。

その人とは!

ffxiv_20150819_213639.jpg

ブログ『ヒマワリのタネ』『イシュさん』!

急な訪問だったにも関わらず暖かく迎えて下さりました!

そこからはブログについていくつか質問したり色々教えて頂いたり、

ffxiv_20150819_214020.jpg

冷やしララフェルっ!!になったり、

ffxiv_20150819_215113.jpg

ffxiv_20150819_215423.jpg

お部屋にまで招待して頂いたり!!

とっても幸せな時間を過ごさせて頂きました!

そしてイイ時間になった頃、最後にSSを撮りましょう!とイシュさんに言って頂いたので喜んで横に並ぶ僕。

エモートどうしましょうか?と聞いたところ「踊りましょう!」とのご提案が!

必死に「踊る」のエモートを探し始める僕。

何故かこういう時に限って「踊る」のエモだけが見つからないw

横では既にイシュさんが踊りまくっている。

まずい、まずいぞ…このままじゃ踊れないララだと思われる。

普段からエモートを多用する身としてはそれだけは避けなければいけない。

必死の思いでエモを探しだし、ようやく踊り始める僕。

が、しかし!

驚くほどエモが揃わない。

①僕が踊る→②イシュさんがそれに合わせようと踊る→③そのイシュさんに合わせようと踊る→④その僕に合わせようとイシュさんが踊る→⑤これはいけないと思い一旦止まる→⑥イシュさんが動いた瞬間を狙って僕が踊る→②に戻る。

一瞬抜け出すことのできない袋小路に入ってしまったのかと思ったw

ffxiv_20150819_224116.jpg

でも最後はちゃんと揃いました!

忙しい中お話しさせてもらえて本当に嬉しかったです!

ありがとうございました!!

ffxiv_20150819_224534.jpg

そして全てを終えて立ち尽くす僕。

あぁ、なんかすっごい温かい気持ちだ。

やっぱり来て良かったなぁ。

そう思いながらふと隣を見ました。

ffxiv_20150819_224547.jpg

冷やしララフェルっ!

以上、最後まで全く予想が付かないイフリート鯖へのお出かけでした!!w
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する