FC2ブログ

ティナ・アタイア

ffxiv_20180206_010544.jpg

パッチ4.2のトレーラーが公開され、動画が始まった瞬間に流れた魔列車のBGM。

FF6ファンなら誰もが気づき、そして直感したであろう。

「今回のオメガはFF6か!」 と。

僕はファイナルファンタジーというゲームは14を除くと6でしか遊んだことがない。(ナンバリングでは)

それ故にFF6は僕にとって特別で、そして記憶に刻み込まれたゲーム。

ffxiv_20180201_181208.jpg

その僕が今回の次元の狭間オメガ:シグマ編を前にしてFF6キャラのコスプレアタイアを作らずにいられると思うだろうか…?

SS見たらもう分かりますね。作られずにいられませんでしたw

ffxiv_新旧ティナ

実はティナのコスプレ自体はかなり昔にも1度作っていて、その時はその出来に非常に満足してたんです。

ちょっと実際の衣装より露出が多くなってしまうのが気にはなっていたんですが、当時の装備だとこの衣装以上にクオリティある装備を作ることは僕には無理でした。

種族が違えば種族専用服が着れるのでまた話は別なんですが、それは出来ませんしねw

あ、ちなみに旧の方の衣装ですが、ララフェル以外が着ても同じ様な見た目にはなりません。

他種族の女性だと胸の水着の布地が繋がっていなくて分かれてるんですよね。

え、どうしてララフェルは布地が繋がってるのって…?

その部分に関してはそれ以上深入りしないほうが良いよ^^

ffxiv_20180201_181350.jpg

新ティナ衣装を作った僕はさっそくノリノリでシグマ編へ。

戦闘BGMもさることながら、敵が使う技、そしてギミック。

どれもがFF6愛に溢れていて本当に良かった。

特にね…クリアした最後ね…。

ffxiv_20180201_181353.jpg

ffxiv_20180201_181409.jpg

ffxiv_20180201_181414.jpg

もう「うわあああああああああ;;」 ってなったよね。

このイベントの確信的な場面のSSはここで伏せますが、FF6の魔列車という名シーンを見事にFF14に落とし込んでくれてたなぁ。

こっちもティナの衣装で参加してただけあってより一層気持ちが熱くなりました。

まぁ本来はティナは魔列車には乗らないのと、このシーンに相応しいキャラクターは別にいるんですけどねw

そしてティナと言えば、FF6と言えばこれだろう!というシーンのSSも撮ってきました。

ffxiv_20180206_011535.jpg

ゲームをスタートしてこの世界がどういう世界なのかの説明がされ、これからこの世界はどうなっていくのかということが微かに案じられる。

その後機械に乗り込んだ3人組が雪が吹き荒ぶ中あのテーマと共に炭鉱都市ナルシェへと侵攻していく…。

この頃の僕はゲームの最初に出て来るメンバーって全員味方だと思っていて、主人公たちがやることって全てが良い行いなんだって思ってたんですよねw

なので襲い掛かってくる村人たちはなんか悪い事してる人達なんだろうなとw

ffxiv_20180206_011616.jpg

でも話はそういう単純なものではなく、様々な人の意思が複雑に入り組んだ人間ドラマ。

この頃まだ子供だった僕にはそんなことは全く分からなかった。

吹雪の中3人が魔導アーマーで進み、FF6の開幕を知らせるあのシーンでさえ、子供の僕には「どうして早くゲームが始まらないのか」という謎の時間だった。

しかしそれでも

ffxiv_20180206_012002.jpg

記憶に刻み込まれた、あのオープニング。

今思い返してもあの頃のゲームにリアルタイムで触れられたのは自分の人生の誇りだなぁ。

そして今また改めてそのゲームで遊ぶことが出来るっていうのも嬉しいし、そんな思い出深いゲームのシーンが今遊んでるFF14で再現できたり、戦闘コンテンツとなって実装されることも本当に嬉しい。

これをきっかけにFF6を遊び始める人もいるかと思うと自然と笑顔になってしまう。

ffxiv_20180206_012101.jpg

僕がFF14で遊び始めた頃はまだグループポーズという高性能SSカメラはなかったから今度は帝国兵役も誰かにやってもらってSSを撮りたいw

既に何キャラかFF6キャラのコスプレは考えてるので他の人にその衣装を着てもらって全員でSS撮るのとかも楽しそうだw

さてさて、僕の思い出話はこの当たりにしてティナ・アタイアのレシピですよね!w

ffxiv_20180206_010610.jpg


ティナ・アタイア

武器:今回はヒーラー装備です

頭:なし (サークレット系の装備を装備すると操りの輪を付けられている状態を再現できる)

胴:リパブリックメディクス・キトン (ダラガブレッド)

腕:ボア・ギャザラーフィンガレスグローブ (ダラガブレッド)

脚:ミリシアタイツ (スノウホワイト)

足:スプルースパッテン (ダラガブレッド)

胴装備が4.2で追加されたヒーラーのPvP装備なのでヒーラーでしか再現出来ないのがちょっと悔しいw

FF6のキャラクターって意外と剣を使うキャラクターが多いので、本当は赤魔導士とかでもやってみたいんですけどねー。

ここに関しては5.0に期待するしかないw

ffxiv_20180201_192202.jpg

パッチ4.2はFF6祭り!

FF6好きな方はお気に入りキャラクターのコスプレでシグマ編に挑戦してみるといつもと違った気分で遊べるかもしれませんよ!



つづく。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

これはお見事ですね><
再現度もさることながら・・・すっごく似合ってると思います!
こーゆー遊び方も凄く面白そう♪

でも、やると元の姿に戻せなくなりそうな気が・・・。
今の外見、セーブしてたかしらw

2018/02/12 (Mon) 16:23 | パミミ #SFo5/nok | URL | 編集
パミミさんへ

パミミさんありがとうございます!
今回のPvP装備は素敵なデザインが多かった…!
タイツ部分は他にいいのを発見したんですが、アイテム課金しないと買えなかったので今回はゲーム内で手に入って無地の中で質感がいいタイツにしました。

外見とか細かい部分はたしかに忘れちゃいそうですよね。
僕は髪色はなんとなくで戻してますw

2018/02/13 (Tue) 19:42 | にけ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する